更にその後のさ〜ば −予告編−


新装開店記念として、「大サービス」の予告編公開です。(笑)

Dual用 MBベース  2本立

こんなん作りましたので、アレを2本立てて見たら、こんな風になりまして、

アルファ連装  120mmファン

更にこうなって、そんでもって最終的には、こういう感じですか(笑)
いかんいかん、さっさと寸法を取って、図面を引かなくては。
(これで、サイドパネルをぶち抜くと喜ぶ人たちがいるんだがなぁ(笑))

では、本編の公開まで、暫くお待ち下さい。(笑)


line.gif


更にその後のさ〜ば −本編−


お待たせ致しました、いよいよ本編の公開です。今回の目標は、ずばり静音化です。
小さなFANは、効率も悪く五月蝿いので、2台分を一つに致します。

穴開きリテンション
 リテンションの柱の部分です。
 穴を開けて、タップを切ってあります。

 ここに取り付ける物ですが、...


銅製プレート
 こんな奴です。 上が、裏かな?
 2mm厚の銅板です。
 Dualですので、2枚必要です。

 更に小細工したものもありますが、
 そちらはまた後日と言う事で。(笑)


ヒートシンク取付1  ヒートシンク取付2

このような感じになります。ヒートシンクは、本来はお手製のものをつければ良いのですが、
残念ながら作製が間に合いませんでしたので、アルファ製です。
下部の切りかきは、ソケット370のレバーをよけるためです。

カバーです
 更にこの様なものを取り付けます。
 こちらは、アルミニュウム製です。

 少し歪んでいるように見えますが、
 実際にも歪んでおります。(笑)

 少々寸法を間違えました。
 お恥ずかしい。


MBに組上げました。
 とりあえず、組上げてみました。
 本当に恥ずかしいのは、
 こちらの方だったりします。

 良く見ると解かるのですが、
 右側の方のカバーには、
 スペーサーが噛んでいます。

 板厚分の計算を間違えました。
 で、画像は小さくしております。(笑)


完成です
 FANを取り付けて、
 ケースに組み込みました。

 う〜ん!?これはパソコンなのでしょうか?
 非常に怪しげです。


日本サーボの120mmFAN
 今回使用致しましたFANです。
 千石電商さんで、買い求めました。

 あるお方のご紹介なのですが。
 このFANは非常に静かです。


siv
 この時のさ〜ばの
 前面吸気部の温度は、
 20度でした。

 CPU温度が逆転しているのは、
 何故でしょうか?
 やはり、カバーの失敗か?

 FANの取付け位置の問題とか?
 サイドパネルに穴を開ける
 べし! と言う、「天声」とか。
 (笑)


で、結果としてCPUのFANに関しましては、非常に静かになりました。
しかし、フロントとリアのFANがまだ五月蝿いので、全体としてはちっとも静かになりません。(泣)

どなたか静かで強力な90mmFANを、ご存知ではありませんでしょうか?


line.gif

ホームへ  戻る