IDE-HDDの解体


パーツや工具、資料や材料に埋もれ、文字通り ゴミ箱 と化した部屋を片づけていますと、
今年の初めにお亡くなりになった、IDEのHDDが転げ出て参りました。

あれは確か、今年の2月頃のとある寒い日曜日の朝のことでございました。
前日の晩に、「ファイルがありません」エラーがでまくりましたものですので、
頭にきて消して寝た所、翌朝起動時に異音とともにお亡くなりになりました。

これは当時、あの空冷Dual Celeron さ〜ばのシステムドライブでした。
折悪しくちょうど適当なストックが無かったので、サブのWin98マシンから
システムドライブを引っこ抜いて、対処致しました。(泣)

因みに、私はSCSIのインターフェースカードは何枚か使用しておりますが、
SCSIのHDDは、未だかつて使用したことがありません。(SASIはあります。)

さて、このまま捨ててしまうのもどうかと思いまして、解体してみることに致しました。
もしかしたら、故障の原因が解るかもしれないと言うのが表向きの理由でして、
実際は、ただ単に中を見てみたいと言う興味本位です。(笑)


AC21200  これがお亡くなりになったHDDです。
 Western Digital AC21200です。

 Formatted Capacity 1281.9MB
 5200rpm、Buffer Size 128KB、
 Transfer Rateは、16.6MB/s、
 と言う代物です。

 メーカーの保証期間は3年ということに
 なっているようですので、予定よりは
 少し早めにお亡くなりになったようです。


上の画像でもお解りかと思いますが、HDDには特殊な形をしたビスが使われています。
トルクス(TORX)規格のものでございます。
六角と言いますか、ダビデの星の丸っこいのと言うか、なかなか説明しがたいのです。

今回、基板やカバーの取外しには、T-8のトルクスドライバーが、モーター部の取外しには、
T-6のトルクスドライバーが必要でした。

基板を 外しました

とりあえず、基板を外してみました。
汚いスポンジが挟まっていますが、こんな物で役に立つのでしょうか?

カバーを外しました
 ひっくり返して、カバーを外しました。
 雑誌等では見たことはありますが、
 う〜! 初めて現物を見ました。

 ありがたや、ありがたや。(笑)


 ご覧の通り、ラベルの下にも
 ビスが1本隠れていますので、
 ラベルを剥がさないとなりません。


ピッカピカ!
 ディスク、プラッタ(platter)と言う方が
 正解かな、を取り出しました。
 う〜ん、凄い!ピッカピカです。

 目視したところ、傷のような物は
 2枚とも全く、見られません。

 本当に壊れているのでしょうか?
 (少し、不安)


これで全部

全て解体してみました。
右上に見える円いものがモーター部ですが、とりあえず解体出来ませんでした。
そこで手で回してみたところ、違和感も無くスムーズに回ります。


モーター部


はて?どこが壊れたのでしょう。少しも解明出来ませんでした。
結局、ばらして見ただけで収穫と言えるような物はありませんでした。残念。


皆さん!決して真似をなさりませんように。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る