特別企画? お師匠様お手製電源


それは、昨年の12月初めに趙雲子龍将軍をお迎えして、アキバのとあるお店で宴席を設けた
時のことでございました。

将軍様や私のような『非エロゲ部会』なものには、訳の解らない濃ゆい会話が一段落付いた
と思われたその時...、お師匠様が何が入っているのか解らないのに、常に異様に膨らんで
いる「背負い袋」から、何やらがさごそと...。


あぁ、そうじゃった。 電源、電源と。 ほれ!

全体像

: 何ですか、これ?
だから、電源じゃと言うとるじゃろうが。
: 妙に細長いくせに、コネクタが1つだけしかございませんが?
これは、外付けデバイス用なんじゃ。
: ふ〜〜ん? そうですか、はい。
そのまま返して、どーする。 取り敢えず、持って帰れ。
: はぁ? このようなものを、私のサイトのネタにしろとおっしゃるのでございますか?
ネタにするかしないかは、オヌシが決めい!
: はぁ、ははぁ。


側部・1
側部・2
底部

随分とビスがございますようですが、中は一体如何なっているのでございましょうか?

罫書きの痕がございますので、一応キチンと寸法は取ったのでございますね?(殴)

後部 前部

後部には丸型のOn-Offスイッチがございますが、これは単に角穴を開けるのが面倒だったと
いうことでございましょう。(殴)

前部にございますちっちゃな丸穴は、LED用でございますね。


面倒ではございますが、致し方ございませんので、一応腑分けさせて頂きましょうかねぇ。(笑)

って、側面のビスを全部外さないと開かないじゃないか!


開腹

左の緑色の基板の方は、出来合いのDC12V単出力のスイッチング電源で、右のユニバーサル
基板の部分で12Vから5Vを作っているのでございますね。

ラベル
 ケミコンに貼られたラベルには、VS50B-12という型番と
 ともに、NEMIC-LAMBDAとございます。

 ネミック・ラムダ株式会社と日本電気精器株式会社が
 合併して、デンセイ・ラムダ株式会杜になったのは確か
 平成11年10月でございますから、これって古いもの?

 こちらに仕様書がございますので、ご参照下さい。


あれ? そういえば、これって確か、以前若松通商で売っていた奴じゃねぇのか?(汗)


ユニバーサル基板
 Linear TechnologyのLT1111が、ソケット
 に載っておりますね。

 金も無いのに、何で態々ソケットになんか
 載せたのでございましょうか?(斬首)

 LT1111は、+12Vから+5Vが簡単に作れる
 DC/DCコンバータでございます。(笑)

 但し、その方法ですと200mAしか取れない
 というようなことが、ドキュメントに書かれて
 おります。(汗)

 良く見ますと、隣のコネクタと干渉致します
 ためか、LED用コネクタの上部が削られて
 おります。 ご苦労様ですな。(笑)

 更に、基板右下のビスが取り付けられて
 おりませんが、これって、やっちまいました
 のですね?(撲殺)


UP!
 Toshibaの2SC2655の後に、NECの2SJ330が
 ございます。

 薄っすらと埃が積っておりますのは、開腹後に
 これをそのまま放置していた証でございます。
 (殴)


 だってぇ、何が出て来るのか楽しみにしており
 ましたのに、開けてみましたらネタになる部分
 は、全体の5分の1程もございませんのでねぇ。
 (笑)


裏画像
 あう〜っ! コレは一体、何ですかね?(汗)

 お師匠様、本当にこの業界で飯食ってるんで
 ございますかぁ?(殴)

 あっ、本業じゃ食えないから、虫取りとかも
 なさってるんでしたっけ。(撲殺)


 右上に抵抗器がご覧頂けるかと思いますが、
 コイツは+5Vから、LEDの動作電圧に下げる
 ためのものでございますね。

 コイツは、橙・橙・茶・金となっております。(笑)


お師匠様お手製回路をUPしようと思いまして、回路図エディタなるものを幾つか試してみました
が、ドレもコレも使い辛いですねぇ。(汗)


: 何か良いものは、ございませんでしょうかね?
SwitcherCADIIIなら、単なる「回路図エディタ」としてもオススメじゃな。
: ありがとうございます。 早速、試してみます。

: 確かに、今まで試したものよりも格段に使い易いのですが、Rotateが上手く出来ん。(汗)
アホ! パーツを選択して「Ctrl+R」でRotate、「Ctrl+E」でMirrorじゃ。 嗚呼、そうそう。
  実機と多少パーツ等が異なっているかも知れんが、以前描いたヤツで良ければ、遣るぞ。

: 重ね重ね、ありがとうございます。

回路図

取り敢えず、回路図を起こす手間は省けましたが、その後にこの電源はある意味で最強電源
であることに気付きました。(汗)

あの、複雑な「ノンストップ電源」ですら組み戻した私が、このような単純な造りの電源を組み
戻せないのでございます。(大汗)

DC12V単出力のスイッチング電源には、横に長いヒートシンクがございまして、それとケースが
密着致しますように、アルミニウムのバーが入れてございますのですが、ケースの外側からその
バーに開けられたバカ穴を通して、ヒートシンクにビス留めするという構造になっております。

上の『側部・2』の画像で、3つ並んでおりますビスがそれでございますが、蓋の中にバーを添え
て、そろそろと被せて参りますと、穴の位置が合いません。(悲)

もう何回チャレンジしたのでございましょうか?(泣)

如何にもならなかったら、次の宴会の時にでもこのまま帰すしかないのかな...。(笑)


ふぅ、漸く組み戻しました。 こんなことに気付くのに時間がかかるとは、老いたな。(汗)


line.gif

ホームへ  戻る