The march of the Black King LW-6400H-B2


実際のところ、このタイトルの元ネタは、『King』じゃなくって『Queen』なんでございますけれども
ね。(殴)

箱・表 箱・裏

SILENT KING-2」のPFC無しのシリーズでは、PFC付きのシリーズではでございました
が、こちらの箱は微妙な色合いでございますね。 箱が1部潰れておりますが、ご愛嬌ということ
で。(笑)

こちらも株式会社 エバーグリーンさんからのご提供の品でございまして、「SILENT KING-2
シリーズのSerial-ATA対応モデルということでございますので、「SILENT KING-2S-ATA」とされ
ております。

PFC無しモデルには300W・350W・400Wの3種が、PFC付きのモデルには350W・400Wの2種が
ございますが、Serial-ATA対応モデルは、何故か400W1種だけでございます。

能書

こちらに『能書』が書いてございますので、一応目を通しておいて下さい。

全体像
 こちらが、LW-6400H-B2の全体像でござい
 ます。

 Serial-ATA対応モデルということでございます
 ので、HK350-13BP-2と同様に+3.3Vも給電
 されておりますS-ATAコネクタが、2系統付いて
 おります。

 筐体が黒光りしておりますが、安物の塗装では
 無くめっきでございますので、ボロボロと剥げる
 ようなことはございません。(笑)

折角ビスまで黒くなさるのでしたら、FANガードも黒くして頂ければ完璧でございましたのに。(爆)

ラベル

こちらが、ラベルでございます。

PFC無しモデルのLW-6400H-2では、+3.3V/+5V/+12Vは、旧モデルが26A/35A/15Aでござい
ましたのが、26A/35A/20Aへと+12Vが強化されておりますのですが、Serial-ATA対応モデルは
以前のものでも、26A/35A/20Aでございましたので、Serial-ATA対応モデルは後発ということで
既に強化済みだったのでございましょうか?

そういえば、LW-6300H-2HK350-13BP-2では記載のございませんでした、+3.3Vと+5Vの
合計出力制限が、240Wとされておりますですね。

後部 前部

後部の配置は、PFC無しモデルと同じでございます。


開腹
 ということで、早速『腑分け』開始でございます
 が...。

 LW-6400H-B2という型番から、PFC無しモデル
 に単にS-ATAコネクタを追加しただけかと思い
 ましたが、基板から異なるのでございますね。
 (汗)

 しかし、左下の空きパターンの塊は、一体如何
 いうことなのでございましょうか?


空きパターン
 こちらがその「空きパターン」の部分でござい
 ますが、何でしょねコレは?

 4つ並んだDiodeのパターンは、「ブリッジ整流
 回路
」のように組合わされておりますようでござ
 いますし。


 手前には、『HK328-51AP REV:D』とござい
 ます。


FAN
 FANは、LW-6300H-2HK350-13BP-2
 使用されておりましたRUILIAN SCIENCE &
 TECHNOLOGY
のRDL1225Sでは無く、以前
 のモデルで採用されておりましたYate Loon
 のD12SM-12でございます。

 このモデルだけFANが異なるというのは、如何
 いった理由なのでございましょうか?


ACインレット
 LW-6300H-2HK350-13BP-2とは異なり、
 ACインレットには小基板は付いておりません。

 Xコンが1つ、ぶら下っているだけでございます。


1次側
 ご覧のようにブリッジにはRS806とございますの
 で、800V・8Aのものでございます

 その後のケミコンは、松下でございますねぇ。
 こちらは、680µF・200Vの85℃品でございまして、
 LW-6400Hで使用されていたものと同じもので
 ございます。


中央部 その反対側

1次側ヒートシンクには、Fairchild SemiconductorのKSE13009Lが2つとKSC5027-Rが並んで
おります。

2次側ヒートシンクには、STMicroelectronicsのSTPS2045CT、Mospec Semiconductor
S30D40CとF16C20Cが、夫々シンクの表裏に1つずつございまして、F16C20Cだけがアノードに
フェライト・ビーズを履いております。

その手前
 こちらではキャップを被ったヒューズに、更に
 チューブが被せられております。

 ヒュ-ズの両端の白と黒の線が、AC入力でござ
 います。


2次側
 手前はTexas InstrumentsのLM339N、奥は
 Fairchild SemiconductorのKA7500Bでござ
 います。

 LW-6300H-2とは配置が異なりますが、同じ
 組合せでございます。

 今回は、なかなかイイ感じで、ちゃんとスタンプ
 まで写ってますねぇ。(笑)


LM339Nの右の黒いケミコンは、Bor Hurng Electronics Enterpriseのもので、水色の奴は
Dongguan Win Shine Electronicのものでございます。

2次側・2 2次側・3

トロイダルの大きさが、随分と違いますですね。 緑色のケミコンは、TEAPOの2200µF・16Vの
105℃品、SCシリーズでございます。 その右手に4本ございます黒いケミコンは、2200µF・10V
の105℃品で、『UNITED』とございます。

FANコントロール用の小基板には、パターンは沢山ございますが実際に載っているのは、トラン
ジスタ1個と抵抗が2本だけでございます。 大きなトロイダルの後のF16C20Cの隣に、緑色の
サーミスタと思しきものがございますので、これで温度管理をしているということでございましょう。

FANへのラインは直付けでございまして、途中にもコネクタは入っておりません。

出力部
 こちらは、コネクタへの出力部でございます。

 1本1本基板に植わっておりますが、詰めがイマ
 イチでございますねぇ。


裏画像
 こちらが、『裏画像』でございます。

 表の空きパターンは、こちらの画像では右上
 部分になります。


裏UP・1 裏UP・2

こちらにも、『HK328-51AP REV:D』とございます。 ご覧頂けますように、多くの抵抗やダイ
オードが実装されております。


さて、それでは組戻して点火してみることに致しましょうか。

+3.3V +5V +12V

ざっと、このような感じでございます。


腑分け』させて頂くまでは、PFC無しモデルの400W版に単純にS-ATAコネクタを追加し、見て
くれ的には外装を黒くしただけのものと侮っておりましたが、実際にはご覧頂きました通り、基板
自体が全く異なるものでございました。

しかしながら、PFC無しモデルの400Wと出力的には全く同じでございますのに、Serial-ATA対応
モデルということで、態々基板を変更しているというのは、如何なる理由によるものなのでござい
ましょうか?


line.gif

ホームへ  戻る