金ピカ、しかも600W? WIN-600


それは再びの『「Next Wave」商品レビューに関しまして』というメールが、発端でございました。

曰く、通常のPS2サイズでありながら600W出力で、しかも販売予定価格は15,000円以下という
恐るべき代物のサンプル品をご提供頂けるという、まるで馬の鼻先に人参をぶら下げるような
ありがたいお申出でございまして。(爆)

全体像
 こちらが、そのご依頼のブツでございます。

 ケースは金ピカに光っておりまして、吸気FANが
 飛び出して取り付けられております。

 メインコネクタのケーブルは網タイツを履いており
 ますが、そのようなことにお金を掛けるよりも先に
 デバイス用のケーブルが2系統しかない、という
 のを如何にかして頂きたいと...。


ラベル

こちらがラベルでございますが、明らかに社名等が入っていると思われる上側部分がスッパリと
カットされておりますですね? もしかしてこれは、私に対する『挑戦状』でございましょうか。(笑)

UL File Number』も記載されてはおりませんですし、このラベルで取り敢えずヒントになりそうな
点といえば、『WIN-600』という型番位でございましょうか?

しかし、ラベルの表記を信頼致しますと、+12Vは『23A』フルに出せるということでございますね。

後部 前部

後部にはサービスコンセントは無く、入力電圧切替スイッチとOn-Offスイッチだけというシンプル
な構成でございまして、前部も吸気FANの存在感だけでございます。

開腹
 それでは、取り敢えず蓋を開けてみることに致し
 ましょうか...。

 上側にも大きめな基板がございまして、これでは
 様子が全く解りませんですね。(汗)

 仕方がございませんので、横からでも覗いてみる
 ことに致しましょうか。(笑)


側面・1 側面・2

  はぁ?!   こっ、これは一体、何事でございますかぁ?(汗)

上側基板にも、下側の基板にも同じように2つのケミコンがございまして、そのお隣にはブリッジ
もございます。 というよりも、上下の基板に全く同じ1次側回路が載っております。

水色薄茶色のケーブルはACインレットからの入力でございまして、一旦下側基板を経由して
そのまま上側基板へと繋がっております。 上下2本ずつ、計4本ございます赤色のケーブルは、
入力電圧切替スイッチへと繋がっております。

2次側の方は、スペース的には余裕がございますが、上下の基板の間をケーブルが行き交って
おりまして、見通しは悪いですね。

上側基板
 ということで、上側基板を取り外してみました。

 う〜ん、明らかにこちらの基板だけで『電源』を
 構成しておりますですねぇ。

 それでは、詳細に眺めてみることに致しましょう。


1次側
 ケミコンは、『JEE』とございますので、Well Jieh
 Electronic
でございますね。
 コイツは、470µF・200Vな85℃品でございます。

 ブリッジにはKBL406とございますので、800V・4A
 のものでございます。

 手前にございます緑色のものは、突入電流抑制
 用のサーミスタでございますね。


入力部
 こちらの白いコネクタに、AC入力が入ります。

 その後には、直付けではないヒューズがござい
 ます。(笑)


基板中央部
 ヒートシンクには、富士電機 の2SC2625が2つ
 並んでおります。

 中央の『L字型』の小ヒートシンクを背負ったもの
 は、Fairchild Semiconductor のKSC5027-R
 でございます。

 何か、見覚えのある配置でございますねぇ...。
 (笑)


反対側
 こちらのヒートシンクに取り付けられております
 のは、MOSPEC Semiconductor のS30D60C
 でございまして、コイツは30A・60VのSchottkyで
 ございます。

 そのお隣には、サーミスタがございますね。


出力部
 右手前の2pinの白いコネクタは、後部排気FAN
 用でございまして、そのお隣の赤・黒の線が前部
 吸気FANに繋がっております。

 上の画像でご覧頂けますように、この画像では
 1番奥に見えますトロイダルの裏にサーミスタが
 ございましたので、恐らくは何らかのコントロ−ル
 機能があるのではないかと思われます。


2次側
 こちらにございます16pinのものは、ご覧頂けます
 通り、Fairchild Semiconductor のKA7500B、
 SMPSコントローラでございます。

 2次側で目立つものといえば、コイツだけでござい
 ます。


下側基板
 こちらは、上側基板を取り除いたところの様子で
 ございます。

 1次側は、上側基板と基本的に同じでございます
 ので、詳細は省略させて頂くことに致しましょう。
 


Schottky
 こちらに3つ並んでおりますのは、SBL6040PT、
 60A・40VのSchottkyでございます。

 ここで再び、4つ上の画像をご覧頂きたいと存じ
 ます。

 S30D60Cの隣に、使われていない取り付け穴が
 開けられているのが見てとれるかと思いますが、
 上下の基板上の金色のヒートシンクは共通品と
 なっております。


共通品であることには何も不思議は無いのですが、使いもしないのに穴を開けて螺子きりまで
するというのは如何考えても無駄な行為だと思うのですがねぇ。(笑)

下側・2次側
 こちらにも、Fairchild Semiconductor
 KA7500Bが載っておりました。

 その右隣の4pinのコネクタと、右端の2つの5pin
 のコネクタには上側基板からのケーブルが挿し
 込まれます。


下側・出力部
 こちらは下側基板からの出力部でございますが、
 イマイチまでも届かずに『イマサン』といった感じ
 でございましょうか。(笑)

 ということは、鹿沼あたりか...?(殴)


裏画像・1

裏画像・2
 上は下側基板の、下は上側基板の『裏画像』で
 ございます。 ちっ、ややこしいな。(笑)

 1次側のパターンは、やはり殆ど同じになっており
 ます。

 基板中央には、下側には『WIN-400PA』とござい
 まして、上側には同じく『PB』とございます。


リアFAN フロントFAN

左はリアFANで、ADDA のAD0812HS-A70GLでございまして、0.25Aで3,010RPM、38.6CFM、
34.4dBAなSleeve Bearingの奴でございます。

右のフロントFANは、Yate Loon のD80SH-12C、0.19Aで2,900RPM、33CFM、35dBAでやはり
Sleeve Bearingな奴でございます。


それでは、組戻して点火してみることに致しましょう。

+3.3V +5V +12V

+3.3Vはやや高め、+12Vは逆にやや低めとなっております。


折角このような興味深いものでございますので、先日の宴会に持参致しまして、諸氏のご感想を
伺ってみました。 結論と致しましては、やはり気になるのは『』ということでございました。

発熱源が2倍になっておりますのに、肝心のヒートシンクはスペースの問題もあるためか貧弱
ございますし、隙間は非常に少なく風通しは極めて悪そうでございます。

何しろ、ケーブルをベストなポジションに押し込めませんと、上側基板がちゃんと筐体内に収まり
ませんのでねぇ。(笑)

ということで、取り敢えず虎MPでの連続稼動テストを72時間実行致しましたが、電源自体が異常
に発熱するというようなことはございませんし、排気はやや暖かい程度でして、筐体も熱を持って
はおりませんでした。

それと1つ気になりましたのがテスト実行中の電圧でございますが、+3.3Vが3.51Vとかなり高めに
なっておりました。

まぁ、コイツには、+3.3VのSense線がございませんのでねぇ。(笑)


挑戦状』に関しましては、Wintech Electronics 製ということで、ファイナルアンサー?
(殴)


line.gif

ホームへ  戻る