お久し振りね! D-PSU-X350/12V


さて、今回ご紹介させて頂きますのは、FREEWAYの350W、ATX12V対応のものでございます。
FREEWAYの電源といえば、そもそも私がこのような「電源ネタ」のコーナーを作るきっかけの
1つとなったものでしたねぇ。 いやはや、お懐かしい限りでございます。

しかし、最近のものも酷いですが、昔の記事なんて恥ずかしくて読めたものではありませんね。
書き直そうかしらん。(笑)

ラベル
 こちらが、ラベル部分でございます。
 相変らず「QUIET & COOL」などと
 ございますが、良く見ますとその下
 には「MODEL NO:ENP-0735」とも
 ございます。
 やはりあそこのものでしょうね。(笑)

 各出力等は、左のラベルをご参照
 願います。


全体像
 こちらは、電源の全体像でございます。

 ATX電源コネクタのケーブル長は、47cm程で
 ございます。 Auxiliary Power Connector
 も +12V Power Connector もございます。

 Peripheral Power Connector は6個で、
 Floppy Drive Power Connector は2個
 となっております。


リア フロント

「リア」と「フロント」の様子でございます。 この様子はやはり、「あれ」ですね。(笑)

開腹
 それでは早速、「腑分け」開始と参りましょう。

 う〜ん! やはり「dejavu」ではございません
 ようですね。

 上側のシンクの2つの穴といい、先日の奴と
 全く持ってそっくりでございます。


瓜二つ
 それは、こちらのものでございます。

 先に「格安ケース付電源 EPN-0733」として
 ご紹介させて頂きましたテクノバードジャパンの
 ケースに付属の電源でございます。
 見れば見るほど、そっくりでございます。(笑)

 ということですので、何処が同じで何処が違う
 のかを中心に見ていきたいと存じます。

 では先ずは、「EMI Filter」でございますが、
 EPN-0733では、YunpenのYB10A1でござい
 ましたが、こちらは、High & Low Corp.
 10SS1-Bとなっております。


1次側
 引続いて、こちらは1次側でございます。

 左のケミコンはTEAPOの200V・820μF、85℃品
 でございますので、全く同じものでございます。

 また、ブリッジは「KBU805」でございます。
 EPN-0733の時には、「805」しか読めません
 でしたが、恐らくはあちらも同じものだったの
 ではないでしょうか。


基板中央部
 こちらは、基板中央部でございます。

 右手のシンクの東芝のK2611と、左手シンクの
 PhilipsのBYV32Eは共通でございます。

 中央のトランスの手前にはやはり、ENHANCE
 ELECTRONICS CO., LTD.
とございますが、
 こちらの画像では解りませんね。


中央部反対側
 基板中央部を反対側から見た画像でござい
 ます。

 EPN-0733では、右手にはSTMicroelectronics
 のSTPS30L40CNが、また、左手にはPower
 IntegrationsのTOP200YAIがございましたが、
 こちらでは、STPS3045CWTOP222Y
 変更となっております。


STPS30L40CNは30A(2*15A)・40Vのものですが、STPS3045CWは30A(2*15A)・45Vで
ございます。 あとは、Tjが+150℃と+175℃との違い位かな?
また、TOP200YAITOP222Yとでは、ワイドレンジ入力ではTOP222Yの方が出力が大きい
ですが、今回は関係ございませんね。

トロイダルの向う側にございましたSTMicroelectronicsのUC3843Bは、Texas Instrumentsの
TL3843Pにリプレースされております。 こちらはコンパチ品ですので、関係ないでしょう。
3つ並んだフォトカプラは、SHARPのPC817でございます。 EPN-0733ではメーカーが不詳で
ございましたが、同じくPC817でございましたね。

ヒューズ」が直付けで突っ立っておりますのは、残念ながら共通でございます。(笑)

2次側
 左手の8pinのものは、Texas Instrumentsの
 TPS5510Pでしたが、Weltrend Semiconductor
 のWT7510に変更されております。

 Weltrend Semiconductorのドキュメントは、
 簡素?ですね。(笑)

 STMicroelectronicsのLM393Nには、変更は
 ございません。


出力部
 こちらはコネクタへの出力部でございます。
 こちらの様子は、特に変りませんようです。

 右手に見えます小さなヒートシンクには、やはり
 3端子レギュレータが取付けられております。

 1番右の、下部に黒いチューブを被せられた
 やや細めの赤い線ですが、基板付近を良く
 見ますと、チューブの下に抵抗があるのが
 お解りになるかと...。


乱雑に扱うと「抵抗」がもげてしまいそうで恐いのですが、この赤い線と手前の青い線は、
排気FANへと繋がっております。

FAN
 その排気FANは、こちらでございます。

 PanafloのFBK-08A12M、0.13Aとございます。




裏画像
 それでは、お約束の「裏画像」でございます。
 やはりこちらも、そっくりでございますね。


Enhance
 こちらには、RD-P048Cとございます。
 EPN-0733ではRD-P048Aでございましたので、
 少々リビジョンが上がっているのでしょうね。


それでは、組み戻して通電してみることに致しましょう。 ええぃ!「ポチッとな!」

+3.3V +5V +12V

と、このような感じでございました。 PanafloのFANは、静かとはいえませんが風量が結構あり、
なかなか良いですね。

うん? ちょっと待てよ! EPN-0733とこの電源って、各出力の最大値も全て全く同じで、
+3.3Vと+5Vの合計最大出力も220Wで全く同じなのに、何でEPN-0733はMax.300Wなのに、
こちらはMax.350Wなのだぁ?

こちらの電源は、何時もながらうみのさんから 押付けられた 拝借致したものでございます。
誠にありがとうございました。


line.gif

ホームへ  戻る