SP401-RA Strikes Back!!


うぅ、いきなりタイトルで躓いてしまいました。ボキャブラリの足りなさを痛感致します。(泣)
ということで、ABLECOMSP401-RAが、Pen4対応となって再登場でございます。
しかし、あくまでベースとなっているのはATX2.01規格対応のものでございます。

ラベル
 こちらがラベル部分の画像で
 ございますが、当然ながら、
 Pen4対応でないものと全く
 変りません。
 ATX2.01ベースですので、
 +5Vsbは1Aとなっております。


コネクタ
 このようなコネクタが追加されております。

 左は、+12V Power Connectorですが、
 右は、「EPS12V Power Supply Specification」
 に規定のあるProcessor Power Connector
 のようでございますが。

 あの「妙なコネクタ」は無くなっております。


裏その1
 こちらは、上側基板の裏画像でございます。

 今回は、絶縁用のカバーを外してから撮影
 したのですが、やはり反射してしまいました。


今回 前回

こちらの1次側基板は、このようにパターンが全く異なるものになっております。

左のケミコンは、ルビコン電子のものから松下のものに変更になってはおりますが、
やはり、200V・1000μFの85℃品でございます。
黒いヒートシンクの、新電元工業のD10XB60、600V・10Aのブリッジと東芝の2SK2698には、
変更はございません。
小さなヒートシンクを背負った、Power IntegrationsのTOP222Yもやはりございますね。

良く見ますと今回のブツには、右手下のコネクタの隣に水色の半固定抵抗がございます。

F2?
 こちらの基板には、このようにございます。

 シールで貼られた怪しげなEPA-400Aでは無く、
 キチンと基板にEPR-405Aとシルク印刷されて
 おります。

 Rev.:F2って、何かBIOSのようですね。(笑)


サブボード中央部
 サブボードの中央部のアップでございます。
 上の8pinのものは、UC3845ANでございますが、
 ロゴがございませんようです。

 下の8pinのものは、日立のHA17393ですが、
 以前のものでは、下側の基板の方にござい
 ましたね。Dualなコンパレータでございます。

 代りに2つのKP1010、フォトカプラが無くなって
 おります。


貫通
 こちらは、過電流検出用のカレント・トランスと
 思われますが、このように大胆なものは初めて
 拝見したように思います。


さて、それでは下側の基板の方に参ると致しましょうか。

おっとその前に、細かな点を。EMIフィルタは、Deltaの10GEEG3E-Rで変更はございませんし、
FANコントロ−ル用と思われるボードにも、大きな変更はございませんようでございます。

ヒートシンク
 こちらのヒートシンクには、怪しげな白い物は
 付いておりません。
 サーミスタと思しきものの取付位置と方向が、
 変更になっております。

 やはり、Rev.Dでは「セメント抵抗」は無くなって
 いるという情報は、正しかったのでしょうか?


2次側
 中央左の14pinのものは、日立のHA17339で
 ございますが、当然その隣にはHA17393は
 おりませんです。

 三菱電機のM51957Bは、取付け方向が
 以前のものとは異なっておりますね。

 怪しげな2つのジャンパも無くなっております。


セメント抵抗
 あぁ! 何とこのようなところにございました。

 不確実な情報を流してしまいまして、
 皆様には誠に申し訳ございません。

 10W5Ωから、5W15Ωに変更になったという
 ことで、ヒートシンクには取付けなくても良く
 なった、ということでしょうか。

 やはり、+5Vの負荷用のようでございます。


D1?
 ふぅむ? こちらの基板には、以前と同じく
 EPA-406Bとございますねぇ?
 しかも、Rev.:D1ともございますし。


裏その2
 こちらは、下側基板の裏画像でございます。

 いやぁ〜、コイツは流石にキレイですね。
 ETASiSの面目躍如といったところでしょうか。


リアFAN
 吸気FANは、ADDAのAD0812HS-A70GLで、
 変更ございませんが、排気の方はNidec
 ものからこちらに変更になりました。

 型番は、3110KL-04W-B59とございます。
 ミネベア製なのですね。


それでは組戻して点火してみましょう。今回は前回のような失態を晒さないようにしなければ
なりません。(汗)

+3.3V +5V +12V

今回は無事に起動致しまして、このような感じでございます。それではグリグリをば。

+3.3VUp +3.3VDown

こちらは、3.3Vでございます。Pen4対応でないものでは、3.40V〜3.19Vでございましたので、
少々高めの方にシフトしているようでございますね。

+12VUp +12VDown

続きまして12Vでございますが、やはり今回も13.00V付近でシステムがダウン致しました。
Pen4対応でないものでは下限は10.74Vでございましたので、1V以上も可変範囲が広がって
おりますね。

+5VUp +5VDown

そして5Vでございますが、Pen4対応でないものでは、5.42V〜4.80Vでございましたので、
こちらもやはり、0.16V程高めの方にシフトしているようでございます。

お値段が15,000円程度で、ケースの奥行に問題が無ければ、お勧めなのですが。


line.gif

ホームへ  戻る