えいぶるこむ2 SP401-RA


それでは引続きましてABLECOMの第2弾、SP401-RAの登場でございます。
こちらは、アキバのとあるショップのお陰とでも申しましょうか、巷では非常に評判の高い
400W電源でございますが、SP301-RAとは一体どのように異なっているのでしょうか。
実に楽しみですねぇ。

ラベル
 こちらがラベル部分の画像で
 ございますが、ラベルの構成
 自体がSP301-RAとは大分
 異なりますね。

 +3.3Vは30A、+5Vは50Aですか。


電源後部
 こちらは、電源後部でございます。
 SP301-RAと同様になっております。
 警告シールが異なりますが。

 やはりこちらにも入力電圧切替スイッチが
 ございますね。


電源の全体像は、SP301-RAと変りませんのでこちらでは省略させて頂きます。
何しろケースに反射して光ってしまいますもので。(泣)

ATX電源コネクタのケーブル長は、同じく47cm程になっております。サーバ用と致しましては、
少々短いかもしれません。Auxiliary PowerConnector もございます。
Peripheral Power Connector は8個で、Floppy Drive Power Connector は2個となって
おります。

コネクタ
 こちらにもSP301-RAと同様に、妙なコネクタが
 ございました。
 しかもこちらには、何も書かれておりません。
 やはり、LEDに接続するのでしょうか?


開腹
 とりあえず蓋を開けてみましたが、電源内部は
 このようになっておりました。

 絶縁用のカバーが取り付けられておりますので、
 目一杯反射致しております。(笑)

 確か同じ400Wでも、ETASiSEPA-400は、
 1枚基板の筈なのですが。


横からその1
 こちらは、横から覗いてみたところでございます。
 柱が立っておりますね。

 こちらのトランスは、SP301-RAのものよりも
 かなり大きいですね。



横からその2
 下部中央に半固定抵抗が3つ並んでおります
 が、右の奴は少々傾いでおりますね。

 右側にはコネクタが沢山並んでおりますが、
 こちらには、FANコントロ−ル関係の小さい
 ボードがケースに取り付けられております。
 やはり、ブザーが載っております。


サブボード
 とりあえず、上側のサブボードを外してみました。

 Xコンは、松下です。右は0.47μF、左は1.0μF。
 左のケミコンはルビコン電子の200V・1000μF、
 85℃品でございます。
 DeltaのDPS-338ABに載っていたものは、
 確か同じものでも105℃品でしたが。


黒いヒートシンクには、新電元工業のD10XB60、600V・10Aのブリッジと、東芝の2SK2698が
2つ並んでおります。

下部左よりのヒートシンクを背負ったものは、Power IntegrationsのTOP222Yでございます。
その隣の水色のケミコンは、TEAPOの105℃品でございます。

えたしす
 こちらはちゃんと、「ETASIS」とございますが、
 EPA-400Aとも。

 何故だ...。


サブボード中央部
 サブボードの中央部のアップでございます。
 上の8pinのものは、STMicroelectronics
 UC3844B、PWM CONTROLLERです。

 フォトカプラは、COSMO ELECTRONICS
 KP1010です。


開腹2
 サブボードを外した状態で、撮影致しました。

 やたらと配線が行き交っておりまして、
 ややこしいですねぇ。

 おやっ、ヒートシンクに怪しげな白い物が。
 って、これは「セメント抵抗」ではないですか?

 何故だ...。(再)


フィルタ
 EMIフィルタは、Deltaの10GEEG3E-Rでございます。

 「MADE IN THAILAND」とございます。


FANコントロ−ル1 FANコントロ−ル2

こちらが、FANコントロ−ル用と思われるボードです。

ご覧のように、先程の怪しげなコネクタは、この基板の裏側に配線されております。
左の画像では、National SemiconductorのLM339MとSTMicroelectronicsのNE555が
見られます。 NE555は、タイマーICですね。

右の画像は基板上部ですが、怪しげなジャンパがございます。 「CLK H/L」とありまして、
「L」の方に設定されているようですが、一体何のクロックでしょうか?

セメント抵抗
 これが、謎の「セメント抵抗」でございます。
 10W5Ωとございます。

 しかも隣には、あのサーミスタと思しきものが
 並んで取り付けられておりますし。

 下には、ショットキと思しきものもございますし、
 左下の方には、National Semiconductor
 LM337Tがございます。


如何みてもこの「セメント抵抗」は、ただ単に負荷を掛けるためだけに取付けられております
ようですねぇ。 「う〜ん、やっちまったぜぃ!」といったところでしょうか?(笑)

2次側
 中央左の14pinのものは、日立のHA17339、
 隣の8pinのものは、同じく日立のHA17393。

 少々見辛いですがその右上の5pinのものは、
 三菱電機のM51957B、リセットICですね。

 更に、中央下部左寄りには、「JP3」「JP4」と
 いう2つのジャンパがございます。
 こりゃまた一体何者じゃぁ?


やはりEPA?
 こちらの基板には、このようにございます。
 Revisionは、Cなのですね。

 前述の通り、EPA-400は1枚基板の筈ですので、
 EPR-400と共通の基板という事は考えられない
 のですが?


出力部
 こちらが、コネクタへの出力部となります。
 SP301-RAの方が処理がキレイですね。

 右のケミコンは、OS-CONなのですが、
 悲しいかな、傾いでおりますねぇ。


吸気FAN 排気FAN

吸気FANは、SP301-RAではSUNONでしたが、ADDAのAD0812HS-A70GLになっております。
排気FANは、SP301-RAと同様にNidecですが、D08T-12PHに変更となっておりますね。
D08T-12PGは0.21Aでしたが、D08T-12PHには0.13Aとございます。

裏画像
 もう1枚の方の、裏画像でございます。

 あれぇ、何か沢山行き交っておりますし、
 左下の方には、抵抗器が幾つか見えます。


それでは組戻して点火してみましょうか...と、実はこちらでも問題が発生致しました。
SP301-RAと同様に、+5VsbPS_ONは無事なのに、何故か起動致しません。
あぁ、またやってしまったのかぁ!と思いましたが、こちらは単なる配線ミスでした。
壊さなくって、良かったぁ!(汗)

+3.3V +5V +12V

ざっと、このような感じになりました。この電源には、半固定抵抗が3つ並んでおりましたので、
それでは向かって右側の奴から、順番に弄んでみることに致しませう。

+3.3VUp +3.3VDown

こちらは、3.3Vでございました。 結構、可変幅が小さいのですね。

+12VUp +12VDown

真中は、12Vでございました。上の方はもっと行くのですが、12.80V付近でシステムがダウン
致します。 過電圧保護回路が働いているのでしょうか?

+5VUp +5VDown

一番左は、5Vでございます。 そう、こちらの電源は5Vと12Vを独立して変化させることが
出来ます。

SP401-RAは、SP301-RAとの比較で考えますと、やはり大分出来が良いようですね。
出力もかなり安定しているようですし。あの「セメント抵抗」で負荷を掛けているのが
効いているのでしょうかねぇ?(笑)
でも、Rev.Dでは「セメント抵抗」は無くなっているのですよねぇ。その辺は如何なのでしょうか?
あたたたっ! 新しいPen4対応のものにも、やはり「セメント抵抗」はございました。(汗)
不確実な情報を載せてしまいまして、誠に申し訳ございませんでした。(2001.08.28 訂正)

それにあのお値段は、やはりちょっとお高いですね。

そうそう、こちらの電源もSP301-RAと同様にうみのさんからお借りしたものでございます。
誠にありがとうございました。


line.gif

ホームへ  戻る