混迷の罵詈臼? WPS-335P4


箱
 今回は、このような箱に入っております。

 ソルダムの新製品、WPS-335P4です。
 Varius WPS-335のPentium4対応版で
 ございます。

 今回の統制価格は、如何やら14,800円の
 ようでして。(笑)


ラベル
 ラベル部分と相成ります。

 初代Varius WPS-335では、
 +3.3Vは15A、+5Vは25A、
 +12Vは9.4Aでございました
 ので、大分強化されて
 おります。

 また、+3.3Vと+5Vの合計出力
 制限も、175Wから220Wへと
 変更になっております。


AC入力が初代では、100-127V となっておりましたが、こちらでは、90-264V となりました。
そうそう、-5Vsbというのは、笑わせて頂けますね。

全体像
 こちらが、全体像でございます。

 ATX電源コネクタのケーブル長は、
 約50cmとなっております。
 当然、Auxiliary Power Connector 並びに
 +12V Power Connector はございます。

 Peripheral Power Connector は8個で、
 Floppy Drive Power Connector は3個
 となっております。


後部
 こちらが、電源後部でございます。

 初代には、On-Offスイッチがございましたが、
 こちらにはございません。

 AC入力が、90-264Vとされておりますので、
 切替スイッチもございません。


この電源には、A4版1枚のぺなぺなの「User's manual」なる物が付いて参りますのですが、
そちらには、
 「電源の封印シールを開封した場合、またはそれに相当する行為が認められた場合は
  製品保証の対象とはなりません。」
とございます。

何と言われようが、私は開けるのじゃ! ということで、「腑分け」開始です。(笑)

開腹!
 基板構成は初代と変りませんが、様子は全く
 異なるようですね。
 ヒートシンクが普通だし。(笑)

 サブボード右方の止め方が嫌らしいのは、
 初代と全く同じですが。


サブ表

こちらが、サブボードの表面になります。 ボード左側からAC入力が入りまして、
右側のケーブルが、メインボードへと接続されております。
左の分割巻のコモン・モード・チョーク・コイルの上に見えます黒いXコンは、
岡谷のRE334でございます。初代では、同じものが2つ載っておりましたが。
因みにヒュ−ズは、6.3A250Vのものですね。

右のブリッジは、ってこらこら、これではスタンプが見えないではあ〜りませんか!(笑)

仕方がございませんので、無理矢理覗いてみたり致しましたら、これは新電元工業さんの
ものでございますね。 え〜っと、D10XB60Hとございますので、600V・10Aのものですね。

主板全体像
 こちらは、取り外された「主板」でございます。

 画像中の矢印は、下掲の画像の撮影方向で
 ございまして、添付されております数字が、
 画像の順番でございます。


それでは、詳細な検討を始めることに致しましょう。 「お姉さ〜ん! 生ビール3つね!」(爆)

主板その1
 : メインボードの1次側入力部でございます。
   東芝K2837が3つ並んでおります。
   こいつ等は、2000年11月ものですな。(笑)
  そんなことは、如何でも良いじゃろうが。
 : 2つはフォワード・コンバータでしょうが、
   もう1つは何でしょう?
  うむ、力率改善回路の昇圧用じゃな。
 : 一番左は、STMicroelectronics
   STTA806Dのようですね。


主板その2
 : 右のケミコンは日本ケミコンのもので、
   400V・390μFの85℃品でございます。
  如何やら、全て日本ケミコンのようじゃな。
 : それは、先代と同様でございます。

 : 大きなトランスが2つ、ヒートシンクの間に
   挟まれておりますが。
  手前の奴は昇圧用チョークで、奥の方の
   奴がメインじゃな。



: 左下隅の8pinのは、松下電子工業のMIP0223でございます。Power Integrations
  ライセンス品ですね。
コイツと左手の小トランスで、+5Vsbを作っておるのじゃが、ふぅ〜む。
: おや、何か?

主板その3
 : 反対側から覗いた様子でございます。
   8pinのものは、ASTEC Semiconductor
   のAS3844でございます。
  おや、珍しく2次側におるようじゃが、
   ふぅ〜む?

 : 先程から如何致しましたか?
  いやぁ...、無いのじゃよ。
 : あぁ、すみません。「トマトサラダ下さい!」
  すまんのう...って、そうでは無いわい!
   力率改善回路用のICが見当たらんのじゃ。

 : そういえば、ありませんね。

無い筈は無いのじゃが、何処に隠れておるのやら...。 ちと、貸してみぃ。
  トランスの陰にもおらんようだし、おかしいのぅ...、やっ!!


16pinが
  やれやれ、こんなところにあったぞ!
 : あれ、16pin分の足が並んでおりますが、ここは一体?
  昇圧用チョークの下じゃな。(笑)
 : 何と!
 R兄 チョークを外さないと、正体が解りませんね。
 チョークは反則だぁ!
 R兄 プロレスじゃないんだから。(笑)


主板その4
 : 左手には、銅製ヒートシンクを背負った
   3端子レギュレータがございますが、
   見えます方は7905ですので、反対側は
   7912ではないかと。
  そうじゃな。
 : その下の14pinのものには、Minebea
   PGC001-A
とございますが?
  恐らく、富士電機あたりのものじゃろう。
 : 右端のフォトカプラは、SharpのPC123で
   ございます。


主板その5
 : やぁ、ここにブルーのものがございます。
 R兄 グリグリできますね。(笑)
 : 組み戻したら、回せないと思いますが。
 R兄 でも、何とかするんでしょう?
 : そんなぁ。

 Philips SemiconductorsのBYV42Eが
   奥に見えますね。


主板その6
 : 左隅の方には、お馴染みのLM339N
   見えます。STMicroelectronicsのもので
   ございます。
  何ぃ! 339も載っておるのか?
 : えぇ、載っております。
  では、先程のMinebeaの奴は一体何を
   しとるんじゃろうか?


 : ケーブルの処理の仕方は、相変わらずで
   ございます。


マニュアルの1部

: こちらは付属のマニュアルの一部なのですが、ここの中央付近にございます、
  「ビルトインEMIフィルタ採用」という意味が良く解らないのですが。(汗)
どれどれ。 う〜ん、このマニュアルはNMBのデータシートに良く似ているようだが...。
: 確かにそうですねぇ。
NMBのデータシートに良くある、「Built-in EMI Filter (VDE Level B)」という表現は、
  「(VDE Level B) 適合のEMIフィルタが組み込まれているぞよ。」 とでもするのが
  適切じゃが、恐らくはこの辺を勘違いしたのじゃろう。

: そういうことですか。
それに、「90-264Vワイドレンジ電圧自動入力切替」という表現もおかしなものじゃが。
: はて?
ワイドレンジ」というのは、切替なしで90〜264Vまで使える奴をいうのじゃ。
: あ、成る程!
如何やら、星野金属には余り詳しい者がおらんようじゃが、一体何処まで設計に
  関わっているのか疑問じゃのう。



ということで、「腑分け」が一段楽した後も、更には続くのであった。(ただの呑んだくれだ!)
約1名は、例の如く「居眠りモード」に入っていきましたし。(笑)

裏画像 スキャン画像

今回は、「裏画像」を2種類用意してみましたが、どちらも一長一短のような。(汗)
表面実装部品が多用されておりますですね。

+3.3V +5V +12V

このような感じなのですが、3系統がともに0.01Vの単位でふらつくのが非常に気になります。
初代では実に安定しておりましたのが、設計変更で安定度が落ちてしまった?
そうだと致しますと誠に残念なことですし、Auxiliary Power Connector+12V Power
Connector
が必要でない場合には、初代の方が宜しいということにもなりますか?

あ、初代を搭載した限定品のケースがまだ売っていたよなぁ。(汗)

う〜ん、コイツにつきましては、もう少し検証を続けてみたいと思います。


line.gif

ホームへ  戻る