変なサイズね。 DPS-140FB


さて、今回はEG251P-VB、HPC-340-101に続きまして、 けんち さんネタの第3弾でございます。
Panaflo FAN搭載の小型ATX電源でして、 「Panaflo FANとしてお譲りします。」 ということで
売りに出されていたという、それはそれは折紙付きのいかにも怪しげな代物でございます。
如何してこのようなものを見つけてくるかなぁ。(笑)

全体像
 こちらが、その全体像でございます。
 メインコネクタのケーブル長は、20cm程です。

 Peripheral Power Connector は5個、
 Floppy Drive Power Connector は1個
 でございます。

 剥き出しになったFANが特徴的ですが、
 通常の電源では厚みが86mmなのですが、
 これは厚みが80mmしかないためです。


また、画像では解り難いかもしれませんが、この電源の奥行きは、120mmとなっております。
通常のATX電源が140mm、PS3では100mmですので、丁度その中間のサイズとなります。
サイズからして、怪しさがむんむんと漂っておりますね。

ラベル
 こちらは、ラベルでございます。
 DPS-140FB、デルタ社製の
 140W電源でございます。

 +5VSBは1.5Aとありますので、
 最近のもののようですね。

 -5Vの表記がございませんので、
 Micro-ATX規格のようです。


うん? 良く見てみますと、「FUJITSU MODEL NO:CP021120-01」 とございますね。
変なサイズといい、もしかして、富士通さんの特注品か何かでしょうか?

電源後部
 電源後部でございます。

 一見、変ったところは無いように
 見えますが、取付用のねじ穴の
 位置が通常のものとは明らかに
 異なります。

 残念ながら、このままでは普通
 のケースには取付けられません。


むぅっ、やはりこの電源は、富士通さんの特注品のようですね。
まっ、とりあえず腑分けしてみましょうか。(笑)

開腹その1
 こちらが、開腹したところですが、
 何と! たかが140Wのくせに
 大層な作りになっておりますね。


開腹その2
 こちらが、メイン基板の裏側で
 ございます。

 Deltaらしく仕上がっております。



トランスが
 あれ、このようなものがこのようなところに
 何故?



FAN
 こちらが、今回のメインとなります(笑)
 Panaflo FANでございます。
 型番は、FBM-08A12M、とあります。

 これが、1,270円 でしたっけ?(爆)


サブボード
 これはサブボードの表側です。
 右の青い12VDCのリレーには、
 OEGとありますけれども、
 Tyco Electronicsでしょうか?


 中央付近の灰色のものはXコンですが、隣の奴が邪魔で詳細は不明でございます。
 左下にもう1つ黒いXコンがあるのですが、こちらは岡谷電機のPA104のようでございます。
 左のケーブルの下に見えるブリッジは、D3SBA60、600V・4Aのものですね。

1次側
 こちらは1次側ですが、ケミコンがすっぽりと
 シールドされております。
 これでは、全く素性が解りませんね。

 透かして見ますと、200V・470μFのようです。


中央部
 基板中央部でございます。
 右のヒートシンク上側は、東芝のK2610です。
 その下はST Microelectronicsのものですが、
 P2NA60とあります。恐らくMOSFETでしょう。

 更にその下に、小さな娘板がございますが、
 こちらには8Pinの小さなチップが載っています。
 残念ながら詳細は不明ですが、MOSFETの
 ドライバ部分ではないかと。


左下のものは、同じくSTMのものですが、STPS10L40CTとありますのでショットキですね。
中央下に見えます、3つの白いフォトカプラは、東芝のTLP621でございます。

センサ付き
 こちらは、2次側でございます。
 サーミスタが、ヒートシンクに括り付けられて
 おりますね。

 サーミスタの下のものの詳細は不明ですが、
 その右隣のものは、STMのショットキです。

 2次側のケミコンは、全て日本ケミコンの
 105℃品でございます。


娘板表 娘板裏

こちらは、2次側に付いております娘板なのですが、左側画像の下方は、STMの339ですし、
右側画像の中央上は、謎のDNA1002Dです。 Deltaの何時もの組合せですね。

左の画像の左上に、半固定抵抗が見えますが、どうやらこれ1つだけのようです。
それでは、通電してテスタを当ててみることに致しましょう。

+3.3V +5V +12V

ざっと、このような感じになりました。 +12Vが少々低いようですね。
では、1つだけしかない半固定抵抗を グリグリ してみましょう。

+5VDown +5VUp

+12VDown +12VUp

FANは、センサでコントロールされておりますようで、低負荷の状態では非常に静かです。
しかし、この電源は一体如何なさるのでしょうか?



line.gif

ホームへ  戻る