はいぱわ〜? HPC-340-101


さて、「ちょっと短い。 EG251P-VB」に引続きまして、今回の ネタけんち さんからご提供
頂いたものでございます。 ありがとうございます。

ラベル
 こちらが、ラベル部分です。
 HIGH POWER 社の
 HPC-340-101、340W出力の
 ものでございます。

 +5Vは30A、+12Vは12A、
 +3.3Vは25A、そして+5VSBは
 1.5Aです。


資料によりますと、HIGH POWER 社の電源は、SIRTEC International Co.,LTD. で、
設計・製造されているとのことでございます。 う〜ん、ちょっと話が複雑になりそうだな。

全体像
 こちらが、全体像でございます。
 メインコネクタのケーブル長は、50cm程です。

 Peripheral Power Connector は6個、
 Floppy Drive Power Connector は2個
 でございます。


コネクタ
 やはり、Auxiliary Power Connector
 付いております。

 こちらは P9 と浮き彫りになっておりますが、
 この画像では、全く見えませんね。


電源後部
 電源後部でございますが、「異常なし!」。(笑)

 ケースがめっき処理されておりますが、
 「えたしす」ほど ピカピカ ではありません。


腑分け開始
 それでは早速、「腑分け」開始です...って、
 ヒートシンク で何も見えないですがね。

 左上、AC入力部にはフィルタが見えますが、
 High & Low Corp.10SS1 でございます。

 う〜ん、タイラップをぶった切ってしまわないと、
 基板が外せそうにありませんね。



 仕方が無い、後でそぅっと元に戻しておくことにするか。(笑)


FAN
 FANは、このようなものでした。
 PanafloFBK-08A12H とあります。


 風量は結構ありますし、音もそこそこですが、
 五月蝿い という程ではありません。
 主観的な問題ですので、何ともいえませんが。


1次側
 こちらは、1次側でございます。
 ケミコンは、TEAPO の820μF・200V、
 85℃品でございます。

 ブリッジは GBU806、600V・8Aですね。

 後ろのヒートシンクには、富士電機
 2SC3320 が2つ並んでおります。
 ST-400GLで使われていたものと同じですね。


中央部
 基板中央部ですが、とても大きなトランスが
 2つのヒートシンクの間に挟まれております。

 反対側には、子トランスが2つ並んでおります。
 基本構成はSeventeamと同じくオーソドックス
 というか「古典的」ですね。


 ヒートシンクの立てつけが「イマイチ」ですね。


2次側
 こちらは2次側でございます。

 サブボードがありますが、サブボードの左上と
 サブボード裏に、半固定抵抗がございます。



サブ裏周辺
 サブボード裏側ですが、何だかなぁ。(笑)
 如何してこのような、「空中浮揚術」を使うの
 でしょうか?
 同じようなは、2枚上のトランスの後ろでも
 駆使されておりますね。


裏画像
 さて、「裏画像」でございます。

 1次側のパターンは、もう少し広く出来そうなの
 になぁ。
 2次側には、変な黒い線が走っているし。(笑)


それでは、テスタを当ててみることに致しましょう。

+3.3V +5V +12V

このような感じでございます。まずまずといったところでしょうか。

+5Vup +5Vdown

+12Vup +12Vdown

サブボード上の半固定抵抗を回してみました。しかし残念ながら、サブボード裏の方のものは
回せませんでした。ガッチリと固定されておりまして、余り力を入れると壊してしまいそうで。
拝借致したものですので、無茶なことは出来ませんし。


ところでこの電源は、けんち さんがアキバの某店にて、ソンチアーの電源として購入なされた
ものだそうでございます。実際のところソンチアーSCJ-340は、この電源のOEM品ですので
結果的には同じことですが、HIGH POWERのラベルのついたものをソンチアーだというのは
如何なものかと思いますけれども。
しかも前述の通り、HIGH POWER自体がSIRTEC International Co.,LTD.のOEMですし。

あぁ、やっぱりややこしい。(笑)



line.gif

ホームへ  戻る