期待外れだった電源 − 続編


その後、別のブランドの電源を腑分け致しましたところ、この電源と良く似ている部分が
幾つかあることに気付きました。
また、ある方面からも、この電源の出所につきまして、有力な情報を頂きましたので、
再度、腑分けして確認してみました。

Enhance!
 基板の左上部にございました。
 ENHANCE ELECTRONICS CO.LTD
 その下の部品にもしっかりと
 Enhance と書いてございます。

 コイツは、何回もあけているのに
 今迄全く気付きませんでした。
 申し訳ございません。

 ちなみにケーブルの陰には、
 Texas Instruments の TL494CN
 隠れております。



やはり情報の通り、この電源は Enhance 製のATX-1125BのOEM品のようです。
以上、フォローを兼ねて、ご報告まで。(笑) って、フォローになっているのだろうか。


更に続報です。Enhance製のATX-1125Bのラベル部分の画像を手に入れました。

Enhanceのラベル
 う〜ん!当然といえば当然ですが、
 FREEWAYのものとそっくりですね。


 もし、実機が手に入ることがあれば、
 ぜひとも腑分けしてみたいですね。



line.gif


いつもの「なんでも掲示板」のメンバの けんち さんより、ご指摘を頂きましたので、
更なるフォローをさせて頂きます。

現在、FREEWAYから発売されているものは、型番は従来のものと変わっておりませんが、
幾つかの変更点があるようです。

先ず、雑誌広告にもあるように、FANがSUNON製から、Panaflo製に変更されております。
次に、後部の「DESIGN IN JAPAN」と書かれたFREEWAYのラベルのありましたところに、
電源スイッチが追加されております。

更に、けんち さんのご指摘によれば、3pinのFANコネクタが追加になったとのことですが、
以前から、300Wのものには付いておりましたので、今回の変更で250Wのものにも追加された
ということのようです。

ただ、このコネクタは、見たところ通常の回転数検知式の3pinの電源コネクタのようです。
ラベルにありますように、6pinのうち3pinを使用したものであれば、FAN MFAN C
出ていると考えられるのですが、残念ながらそのようには見えませんでした。
ただ単に、FANを変更したのでその電源コネクタを外に出した、という感じです。

広告に掲載されている画像を見る限り、パーツの構成や配置等は基本的に変っていないように
見受けられるのですが、どうなのでしょうか?
今更もう1台購入して、検証してみようとは思わないのですが。(笑)


しかし、この電源、最近あちらこちらで6〜7千円程で出回っているのを見かけるのですが、
あれは旧型なのでしょうか?


先日、初めて新型を単体売りしているのを見かけたのですが、箱が変っておりますね。
黒っぽい感じのものになっておりました。これで旧型が見分けられますね。(笑)

と書いたのですが、再度確認致しましたところ箱が変っているのは300Wのものだけでした。
残念。


line.gif

ホームへ  戻る