更に今更ながらの? TigerMPX


全体像
 頭頂部膨張ケミコンが発見されましたTigerMP
 そのまま使用し続けるという訳にもいかず、代替策
 を考えておりましたところ、このようなものが中古で
 9,980円でございましたので、飛び付きました。(笑)

 こちらは、TYANのTigerMPXでございます。

 TigerMPでは4本ございました64Bit-PCIは2本に
 減らされておりますが、私には如何でも良いことで
 ございまして。

 それよりも、TigerMPでは不安のございましたVRM
 周りが如何なっているのかの方が興味深いところで
 ございます。


それでは、少々様子を眺めてみることに致しましょうか。

CPU2上
 こちらは、CPU1のVRM部分でございまして、
 MOSFETにはFairchild Semiconductor
 FDB6670ALとFDB7045Lが使用されております。

 オリジナルデザインでは3つだったようでござい
 ますが、2つしかございませんね。

 中央に3つ並んだケミコンはRubyconのZLHで、
 25V・1000µFでございます。


3つ並んだケミコンの左と下にIntersilのHIP6601Aがございまして、こちらがMOSFET driverで
ございます。

電源コネクタは、メインの20pinの他に、+12V Power Connectorがございまして、+12V Power
Connectorが無い電源を使う場合には、Peripheral Power Connectorを使えとマニュアルに
はございます。

また、Peripheral Power Connectorを使う場合には他のデバイスを繋ぐな、ともございます。

Peripheral Power Connectorの下にございますのは、IntersilのHIP6302CBで、その左下に
ございますのはTexas InstrumentsのGD75232でございます。

左端に1本ございますケミコンは、RubyconのYXGでございまして、10V・1000µFでございます。

また、CPU1とCPU2の間にズラリと12本並んでおります青いケミコンは、RubyconのMBZでして、
6.3V・3300µFでございます。

CPU2下
 こちらは、CPU2のVRM部分でございまして、
 CPU1と同じく、Fairchild Semiconductor
 FDB6670ALとFDB7045L、IntersilのHIP6601A
 が並んでおります。

 左の2本のケミコンは、やはりRubyconのZLH、
 25V・1000µFでございます。

 AGP slotの上に2本並んでおりますケミコンは、
 SanyoのMV-CAで、6.3V・1000µFでございます。


TigerMPのVRMのケミコンはRubyconのZLで、入力側は10V・1000µF、出力側は6.3V・2200µF
でございましたので、『ZLシリーズより最大で3000時間の長寿命化を実現』とか『ZLシリーズより
13〜20%の高周波インピーダンスの低減を実現』というZLHシリーズや、『ZLシリーズの50%
低インピーダンス・低ESR』とか『ZLシリーズの1.3〜1.5倍高リプル』とかのMBZシリーズの採用は
喜ばしいことでございましょう。

PCI左
 3Comの3C920Cは、LAN Controllerでござい
 まして、その上の8pinのものは、CSIの93C86S
 でございます。

 下の3pinのものは、Microsemiに買収されてしま
 いましたLinFinity MicroelectronicのLX8384-
 00CDDでございます。


右上隅にございます茶色いケミコンは6.3V・1500µFでございまして、基板上には計6本ございます
が、「L.E」というのは何処のメーカなのでございましょうか?

まぁ、TigerMPではHermeiとかCaniconとかが多用されておりましたので、大部分がRubycon
になったTigerMPXの方が大分マシでございましょうが。(笑)

サウス周り
 左下隅に見えますのがサウスでございますが、
 その上の5pinのものにはFairchildのロゴと共に
 E21ALとございますが、何者?(汗)

 BIOS ROMの左にございますのは、Winbond
 W83782D、hardware status monitor ICでござい
 ます。


Falcon Rock II
 さて、それではTigerMPからAthlonXP 1800+改
 とFalcon Rock II、メモリを移植致しましょう。

 この状態では、TigerMPの時と余り変りが無い
 眺めのような。(笑)


WCPUIDその1の1 WCPUIDその1の2

HDBENCHその1

取り敢えず、このような感じでございますが、こちらのVGAはG400SHで、HDDは余り物のATA66
な奴でございます。

TigerMPからの引継ぎならば、VGAはRADEON 9000 Proで、64Bit-PCIには「AEC-6885
じゃないのかと仰られてしまいそうでございますが、そいつらは既にもう1枚のTigerMPが引継ぎ
ましたものでしてなぁ。(笑)

WCPUIDその2の1 WCPUIDその2の2

HDBENCHその2

因みに、AthlonXP 2400+改のDualではこのようになります。 といっても、CPUを態々載せ替えた
訳ではございません。

AERO 7 LITE
 実は、TigerMPXは既に1枚入手済みでござい
 まして、4ヶ月程前からこのような状態で稼動中
 でございます。(笑)

 CoolerMasterの「AERO 7 LITE」でございます
 が、リテールシンクと比較致しますとCPU1では
 5℃、CPU2は10℃下がりましたが、3500rpmの
 全開ではかなり五月蝿いです。(泣)

 回転数を絞りますと、当然温度は上がりますし。
 (汗)

あぁ、こちらのVGAはRAGE128でございますので、HDBENCHの値はCPUだけ比較して下さい。
(笑)

ところで、頭頂部膨張ケミコンが発見されましたTigerMPはと申しますと、某先生の実験
材料として提供させて頂きました。(爆)


line.gif

ホームへ  戻る