更に更にその後のさ〜ば


前回の120mmFAN搭載で、CPUのFANに関しましては、非常に静かになりました。
しかし、フロントとリアの90mmFANが、まだまだと〜っても五月蝿いので、
全体と致しましては、ちっとも静かになりません。(泣)

そこで、静かで強力な90mmFANを求めて、換装しようとしたのですが、
残念ながら、なかなか良さそうなものがありません。

そんな時に、思い出しましたのがこれです。(笑)

キット
 ずっ〜と、放ってありました
 三端子レギュレータを使用した、
 安定化電源キットです。

 これにFANを駆動する+12Vを入れて、
 コントロ−ルされた出力で、
 FANを駆動してやろうと目論見ました。

 夏場はともかく、寒い季節には、
 FANを常にフル回転させる必要は
 ないのではないかというのが、
 今回の工作の起点です。


完成です
 部品数も10点と少ないので、
 私でもすぐに完成致します。

 本来このキットでは、基板上に
 半固定抵抗を実装するのですが、
 今回は、ここからリード線を出して
 可変抵抗を取付けました。
 左寄りの2本のの線がそうです。


オリジナル電圧  更にもう一つの問題を解決するために、一工夫致しました。
 元々の電圧は、当たり前ですが、きちんと12V出ております。

 しかし、このキットで12Vを出力するためには、
 15Vの入力が必要とされております。
 そこに12Vしか入力しておりませんので、


最低電圧  最高電圧

当然のことながら、このように最大でも10.6V程しか出力できません。
これでは今の季節は良いのですが、いざという時にフル稼動できませんので、
この回路をパスできるように、切り替えスイッチを取付けました。
中点OFFのトグルスイッチを使用致しましたので、完全にOFFにも出来ます。

とりあえず、リアに取付けてある Panaflo FBA09A12Hに接続してテストしてみましたが、
最低の6Vでも、有り難いことにきちんと回ります。

取付けた様子です
 で、早速取付けました。
 場所は5インチベイの上の
 HDD搭載用と思われる
 トレーです。

 手前に伸びている
 の線には可変抵抗が、
 の線にはスイッチが、
 それぞれつながっております。


フロント
 外はこんな感じです。(笑)
 5inchベイカバーが未加工なので、
 ちょっと情けないですが。

 早く穴をあけてやらなければ。


いや〜!これは良いですね。昼間はフル稼動で、夜は静かにというようにも使えます。

実は、フロントFANには温度スイッチを取付けようと思い、既に用意していたのですが、
どうもこの方法の方が良さそうです。早速、もう一組買って来なくては。(笑)

しかし、FANが静かになったら、今度はHDDの音が気になるようになってしまいました。
悩みは尽きない。(笑)


line.gif


やっと、出来ました。正月休みを間に挟んでしまいましたので、ちょっと間が抜けましたが。(笑)
フロントFAN用の工作も無事に済み、取付け致しました。

Twin Controller
 左側が、今回追加致しました
 フロントFAN用のKitです。

 一見、全く同じように見えますが、
 実は100円ケチりましたので、
 LM350T使用のMAXが3Aの
 Kitになっております。(笑)


フロントパネル
 5inchベイカバーも、加工致しました。
 右がリア用、左がフロント用です。

 何でパソコンに、この様なものが
 付いていなくてはならないのでしょう。


さて、一時凌ぎのような気も致しますが、とりあえずこれでFANの静音化は一段落です。
次はやはり、HDDを何とかしなくては。


line.gif

ホームへ  戻る