ぱっぱか走る? M7VIG Pro


おんまはみんな〜♪ ぱっぱかはしる〜♪ ぱっぱかはしる〜♪ ぱっぱかはしる〜♪
おんまはみんな〜♪ ぱっぱかはしる〜♪ どうしてはしる〜♪
どうしてなのか〜♪ ...♪(蹴)

1800+
 ということで(?)、今回目一杯走って頂きます
 のがこちらでございます。(笑)

 Palominoコアをすっ飛ばして、Thoroughbred
 コアの、しかも『681』な1800+でございます。

 って、Bartonコアが既に発売されてしまいました
 が...。(汗)

 1800+というのは「モデルナンバー」とかだそう
 でして、実質は『133×11.5≒1530MHz』な奴
 でございます。 何か、その昔の「P-Rating」を
 思い出しますねぇ。(笑)


P-Rating」の「P」は確かPerformanceだったと思いましたが、実質的にはPentiumプロセッサの
クロック周波数で表わしていたことから「Pentium-Rating」と呼ばれていたと記憶しているのです
が?

OPN
 無理矢理拡大致しましたものですので非常に
 見辛いのですが、OPN(Ordering Part Number)
 は、「AXDA1800DUT3C」とございます。


M7VIG Pro
 記念すべき『初Thoroughbred』を載せて
 やりますのはこちらの赤いM7VIG Pro
 でございます。

 こちらはVIAのKM266+VT8235という代物で
 ございまして、VGAは「S3 ProSavage 8」、
 Soundは「C-Media CMI9739A 6-Channel
 AC'97 CODEC」、LANは「VIA VT6103」と、
 満艦飾なものでございます。

 Sound機能は使用致しませんので、Southが
 VT8233Aな「M7VIG」でも良かったのですが、
 同じお値段でしたので、つい...。(笑)


今回選定のポイントとなりましたのは、予算の関係上、上記の通り『満艦飾』であることと共に、
余っている『SDRAM』も使用出来るという点でございます。(悲)

しかし、BIOSTARのM/Bは確か初めてだったと思うのですが、大丈夫でございましょうかねぇ?

Socket左
 中央に6つ並んでおりますのは、Philips Semiconductors
 のPHB55N03LTAというMOS-FETでございます。

 左手の16pinのものは Bothhand のTS6121C、その下の
 20pinのものは STMicroelectronics のST78185Cでして、
 更にその下の28pinのものは、California Micro Devices
 のPACSZ1284-02でございます。

 右下の20pinのものは、Intersil のHIP6004DCBでござい
 ます。

 中央下のコネクタは、CPU Fan用でございます。


その下
 右上にございます「JCLK1」というのはFSBの
 設定用でございまして、Closeで100MHz、Open
 で133MHzとなります。

 で、良く見ますとその左手の方には「JCLK2
 とございますね。 
 実装されてはおりませんが、気になります。


JCLK1」の下にございますのは、Cypress Semiconductor のW312-02でございます。

また、中央下にございますのは、VIA Technologies のVT6103でございます。

PCI横
 こちらが、C-Media のCMI9739Aでございます。

 上に並んでおりますジャンパは「JF_AUDIO」で、
 Front Audio Headerだそうでございます。



South付近
 右上の『ATA133』というシールが貼ってござい
 ますものが、VT8235でございます。

 左下は、Winbond Electronics のW83697HF
 でございますが、その上に空パターンがござい
 ます。
 既に『満艦飾』であるのに、これ以上何を?
 と思いましてマニュアルをみますと、ここには
 LAN Chipが載っていることになっております。

 はて?

South上
 こちらはメモリスロットとSouthの間になります。

 左にございますジャンパは「JDIMMVOLT」で
 ございまして、DDR DIMMを実装した時に有効
 となり、左から2.5V、2.6V、2.7V、2.8Vとなって
 おります。

 右上の8pinは、National Semiconductor
 LP2995Mでございます。


メモリ横
 こちらは、Cypress Semiconductor のW255H
 でございます。

 データシートには「Supports up to 4 DDR DIMMs
 or 3 SDRAM DIMMS」とございます。

 『DIMMs』と『DIMMS』の違いが解らん?(殴)


CD1 CD2

オマケにはこのようなCDが2枚と、FDDとHDDのケーブルが各1付いておりました。 ノートン君の
CD何か要らないんだけどなぁ。(笑)

リテール
 とまぁ、見物はこの位に致しまして、CPUとヒート
 シンクを取り付けてみました。

 FANにはAMDのロゴがございますが、スペックが
 解りませんねぇ。

 しかし、この画像を撮った時には、『あのような
 事態』は思いもよらなかったよなぁ。(汗&謎)


それはさて置き、余っているSDRAMを挿し、同じく余り物のHDDを繋いで通電致しましたところ、
無事に起動致しましたので、引続きOSをインストールしようと致しますと途中でエラーが出捲りで
如何にもなりません。

取り敢えずHDDのせいかと思い、幾つか交換致しましても症状は全く同じでございましたので、
次には電源も交換してみましたが、症状にやはり変りはございませんでした。

となりますと、残された点はメモリということでございますので、手近なマシンからDDRな奴を引っ
ぺがして試してみましたところ、無事にインストール完了致しました。 うー、メモリかい!(汗)

DDRが安くなったとはいえ、『余った』SDRAMとHDDを利用して、安価に1台仕立てあげるという
のが今回の前提でございましたので、これは非常に困った事態でございます。

と、ふと脇を見るとそこにはまた別のマシンが...。 モノは試しとそのマシンからSDRAMをぶち
抜いてコイツに挿してみますと...、あ〜ら不思議、安定動作致しました。(爆)

で、ぶち抜いたマシンには代りにコイツで上手く動かなかったSDRAMを挿してやりますと...、
こちらも無事に安定動作致しました。(喜)    メデタシメデタシ!!

WCPUID

それでは、定番の『WCPUID』でございます。 ちゃんと1800+と表示されております。

HDBENCH

引き続きまして、『HDBENCH』でございます。 ご参考までに、ということで。


さて、M/BとCPUで合せて18,000円弱(税込)の投資で、『所期の目的』にて4.6Mkeys/s余りを
24時間連続稼動で叩き出してくれておりますので、非常に喜ばしい限りでございます。

所期の目的』に付きましては、そのうち『別ネタ』にてご紹介するかも知れません。(殴)


それと、前述の『あのような事態』に付きましてを、ちゃんと書いておかなくてはなりませんね。

それは『所期の目的』のために、ケースの側板を開けたまま色々とテストを致しておりました時
のことでございます。
ケース内部よりそこはかとなく「香ばしい」というか「焦げ臭い」と申しますか、熱気を伴った妙な
空気が漂って参りましたので、確認のためにヒートシンクに手を近づけましたところ、途轍もなく
アッチッチ!となっておりました。

何と、IDEケーブルが引っ掛ってFANが止まっております。 慌ててケーブルを取り除き、リブート
してBIOSメニューからCPUの温度をみますと、105℃!

普段は50℃前後でございましたので、2倍以上...というような問題では無く、動作保証温度を
超えてるじゃん!(汗)

何とか無事で済んだようでございますが、危うく『焼き馬』にしてしまうところでございました。
皆様もお気を付け下さい。(殴)


line.gif


WarpSpeeder
 先日、BIOSTAR のサイトを覗いておりましたら、

 WarpSpeeder

 なるものが落ちておりました。

 能書に曰く、『Powerful control panel includes Overclock
 Manager, Overvoltage Manager, and Hardware Monitor.』
 だそうでございます。
 Versionが「0.9.7.2」というのが、アレでございますが。(笑)

 起動致しますと、このようなものが現れます。 何故に玉子
 なのでございましょうか? その上、ひよこが左右にうろうろ
 致しますし...。


既にOverClock状態になっておりますが、Autoで試しましたところ「RC5-72 Client」を走らせた
状態では、154MHz辺りが限界のようでございます。 24時間連続稼動ということで少々マージン
を取りまして、適当に148MHzということに決めました。(殴)

HardwareMonitor OverClockPanel

「主玉子」の左下にはボタンが3つ並んでおりますが、左上のボタンを押しますと『Hardware
Monitor
』の子玉子が、真中を押しますと『OverClockPanel』の子玉子が現れます。

右下のボタンは、現時点では機能致しておりません。 まぁ、「0.9.7.2」ということでございます
から。(笑)

HardwareMonitor』も現時点では単にCPU温度や各種電圧等をモニタしているだけで、CPU
温度やFANの回転数に関するアラーム機能は無いようでございます。


BIOSの「PC Health Status」に、「Shutdown Temperature」という項目がございますので、
これを設定してやれば『焼き馬』は防げるのでございましょうか?

(2003.07.05記)
line.gif

ホームへ  戻る