シツコク3頭目! KM2M Combo-L


KM2M
 3頭目のThoroughbred1800+を搭載致します
 のは、やはりKM266+VT8235のMicro-ATXな
 代物でございます。

 「M7VIG Pro」と同様に『SDRAM』も使用出来、
 基板の色も同じくでございますが、こちらは
 MSIの「KM2M Combo-L(MS-6738)」でござい
 ます。

 KM266の左の大きなヒートシンクが、特徴的で
 ございますね。


PC2100/PC1600に加えて、PC2700のDDR SDRAMも使用出来るそうですが、私には関係の
無いお話でございまして...。(笑)

それでは、こちらも様子を眺めてみることに致しましょうか。

Socket左
 左には、Texas Instruments のGD75232が
 2つ、「L7VMM2」では1つだけ実装されており、
 お隣は空きパターンになっておりましたね。

 Micro-ATXなのに、+12Vコネクタがございます。

 右手のケミコンは、6.3V・2200µFの105℃品、
 日本ケミコンのKZGシリーズでございます。
 KZGシリーズは、新製品でございますねぇ。


その下
 大きなヒートシンクが取付けられておりますが、
 この下にはMOS-FETがございますのでしょう。

 右上にございますのは、STMicroelectronics
 のL6911Dでございます。
 コイツでVcoreを作っているのでございますね。

 ヒートシンクの左手に並んでおりますケミコンは、
 16V・1500µFの105℃品で、Rubycon のMBZ
 シリーズでございます。


AGP左
 左手中央は、VIAのVT6103でございますが、
 その上の「MAGICTEC」とございますものは
 何者でございましょうか?

 Micro-ATXではスペースの関係上なのか、妙な
 部品配置は珍しくはございませんが、このような
 ところにスピーカというのは、やはり珍しいのでは
 ないのかと。(笑)


PCI横
 左下は、Realtek Semiconductor のALC650
 でございます。

 何故か斜めに取り付けられておりますコネクタ
 は、「JSP1」でSPDIFコネクタでございます。

 こちらではCNRスロットのパターンはございます
 が、実装されてはおりません。 どうせ使ったりは
 致しませんので、如何でも良いことでございます
 が。(笑)


South付近
 こちらが、VIA のVT8325でございまして、その
 左上のものは、Cypress Semiconductor
 W312-02Hでございます。

 VT8325の上には、Texas Instruments
 LM358がございまして、更にその右上にござい
 ますものには、MSI のロゴがございます。


メモリ横
 上にございますのは、Winbond Electronics
 のW83697HFでございます。

 下はBIOSチップでございますが、直付けのようで
 ございますねぇ。


それではさっさと組上げて、点火してみることに致しましょう。

WCPUID

えー、今回はちゃんと「681」でございまして、一安心でございます。(笑)

HDBENCH

さて、問題の『Integer/Float』でございますが、「M7VIG Pro」では62056/74947でございました
が、こちらでも62083/74984と同等の値が出ております。

コイツを組上げる前に、こちらのCPUを「L7VMM2」で試してみれば良かったのですが、うっかり
致しておりまして...。(汗)

コイツと「L7VMM2」は、物理的に距離のある場所にございますので、稼動してしまった後では
CPUの交換という訳にもいきませんのでございます。

PC Alert4

こちらには、このようなソフトが付属しております。 「PC Alert4」ということで、電圧等の監視
ソフトでございますね。

左下の MSI のロゴの上に「COOLER XP」というボタンがございますが、これを押してみますと
Cooler XP not support your motherboard !!!』と叱られます。 如何いうことでしょう?

マニュアルに拠りますと、『注意: COOLER XP項目はAMD AthlonXP CPUを使用しているとき
のみ利用できます。』とございますが、私のCPUは偽物だとでもいうのでしょうか?(笑)

MSI のサイトに、Version 4.0.0.9というのがございましたのでダウンロードして試してみましたが、
結果は同じでございました。(爆)


line.gif

ホームへ  戻る