初Duron! ECS K7VZM


さて、久し振りのMachineネタは、軽〜く?、Mirco-ATXで参りましょうか。

Duron600
 もう大分前のことですが、5,280円というお値段
 に釣られてしまいまして、このようなものを買い
 求めてしまったのですが、残念ながらその頃の
 私はSocket AのM/B何てものは所持しており
 ませんでしたので、コイツは結局は放りっぱなし
 になっておりました。

 (それが何時もの悪い癖だというんだ!)


L1部分
 う〜ん、まずまず上手く撮れているでしょうか?
 こちらが、噂のL1の部分のUPでございます。
 しっかりと「オープン」になっております。

 私のことだから、ここをコチョコチョするのだろう
 とお思いでしょうが、残念ながら今回はそのよう
 なことは無しです。何しろ、Micro-ATXでござい
 ますから。

 『老眼説』は、却下致します。(笑)


K7VZM
 何時までも放っておいても仕方がありません
 ので、これを買い求めました。

 こちらは、Eliteの『K7VZM』でございます。

 VIAのVT8363+VT82C686Aという代物でして、
 サウンドとLANがオンボードでございます。

 えっ、お前何でコイツにしたのかですって?
 そりゃ、当然1番安かったからですよ。(笑)


箱の1部
 箱にはこのようなものが。1.5GHz迄保証って、
 雷鳥の1.5GHz何て、まだありませんがね。

 しかし、これなら将来も安心かな。(笑)


サウス付近
 こちらが、サウス付近の拡大画像になります。

 VT82C686Aと、キチンと読めますねぇ。

 左上の「カニさん」のようなマークのものは、
 RealTekのRTL8139Cでございます。

 これのおかげで10/100MbpsのLANが使えます。



 こちらには、Avance LogicのALC100Pが
 見えます。

 これはPCI audio hardware controllerですね。


謎のジャンパ群
 げぇっ、これは一体何事でございしょうか?
 変なジャンパ線が4本も並んでおりますが。

 その下のものは、Fairchild Semiconductor
 のKA7500B、SMPS Controllerですね。

 左上は、NECのK3296、パワーMOSFETで
 ございます。

 あぁ、ここは電源ネタじゃなかったっけ。(笑)


付属ブラケット
 すみません、すっかり忘れておりました。

 これには、このようなものが付属しております。
 LANコネクタのブラケットなのですが、MB側の
 コネクタの位置と付属のケーブル長の関係で、
 1番下のスロット部分にしか付けられません。


さて、それではDuron600を搭載して、マシンとして組上げていくことに致しましょう

アルファ
 今回は、余りお金をかけたくないものですから、
 ヒートシンクは手持ちの余り物に致しました。

 えぇっと、アルファのPALなのですけれども、
 やはりMicro-ATXに載せると巨大ですね。

 何でそのようなものが余っているのかって?
 そんなこと、放っておいて下さいな。(笑)


GeForce2MX
 出来ますれば、VGAもオンボードならなおのこと
 良かったのですが、今更そうもいってられません
 ので、このようなものに致しました。

 M/Bとお値段が変らなかったりして...。(汗)


端っこ
 S/U/M/A/のPLATINUM GeForce2MXです。

 メモリチップはHYUNDAI製のHY57V653220Bが
 載っております。


金ピカその1 金ピカその2

ゴールド・エディションですので、あちこち「金ピカ」ですけれども、余り意味が無いような...。

それでは、無事に組上がりましたので、点火してみましょう。

WCPUID

無事に稼動致しました。 しかし、Duron600のMicro-ATXで今更ベンチマークでもないでしょうし、
さて、これからどうしよう。(爆)


line.gif


雷鳥
 さて、Duron600のまま使用し続け、そのまま
 引退致しておりましたK7VZMでございますが、
 とある事情によりましてこのような物を搭載し、
 復活することとなりました。

 こちらは、Thunderbirdの1.1GHzでございます。

 結局、ThoroughbredはおろかPalomino
 すら対応すること無く、Thunderbirdの1.2GHz
 というのが最新(最終?)BIOSでの搭載出来る
 最速CPUでございますのでして。(泣)

 「Guaranteed 1.5GHz AMD Thunderbird」って
 のは、一体如何なったんだよぅ!


尤も、ThunderbirdコアのAthlonは、1.4GHz迄しか発売になりませんでしたけどねぇ。(笑)
結局は、余り先のことを考えてみても、如何にもならないということでございますね。

嗚呼、そういえば『初Duron』に続きまして、実はコイツが『初Thunderbird』なのでございます
が。(爆)

(2003.02.06記)
line.gif


さてさて、Thunderbirdの1.1GHzを搭載されて『第2の人生』を送っておりましたK7VZMでござい
ますが、元々余り安定稼動とは申せない状態でございましたが、これはWindows Me何ぞという
OSのせいだと思い、納得致しておりました。(笑)

ところが、ここのところ頻繁に落ちるようになってしまいまして、遂には全く起動しなくなってしまい
ました。(汗)

コイツはイカンと様子を見てみますと...、ありゃ!!

ケミコンが 膨らんで

何と、左手画像の奥のケミコン4本の頭頂部が膨らんでおります。 これは駄目ですねぇ。(汗)

しかし、CPUはThunderbirdの1.1GHzという動作保証範囲内のものでございますし、オーバー
クロックをした訳でも無く、メモリも128MBを2枚だけでございますし、幾らRC5-72のクライアント
を24時間連続で稼動させていたとは申せ、半年足らずでこのような事態になるとは思ってもおり
ませんでした。(悲)


う〜ん、当分の間このマシンの分だけ解析量が落ちてしまいますねぇ。 早急に、代替マシンを
何とかせねば。

(2003.07.28記)
line.gif

ホームへ  戻る