Re-birth ? − Strawberry


昨年の夏より買うの買わないのと揉めておりましたが、漸く購入致しました。
iMac DV Strawberry です。

箱正面 箱右側面 箱背面 箱左側面

このような箱に入って参りました。箱もなかなか可愛げですね。

アクセサリキット
 箱を開けると、このような箱が出て参ります。
 これもなかなか。全色揃えたくなります。(笑)

 この箱の中身は、アクセサリキットですが、
 マニュアルやCD-ROM、ケーブル類に加えて、
 キーボードもマウスもここに入っております。


キーボードとマウス
 これが、付属のキーボードとマウスです。
 デザイン的には面白いと思うのですが、
 このマウスの使い辛さには閉口致します。

 当然、USB接続です。


電源ケーブル  イーサケーブル

このようなおちゃらけた電源ケーブルが付属しておりましたので、同じようにおちゃらけた
イーサケーブルを購入して参りました。(笑)

上から見たところ
 フロントやリア、サイドの様子は、
 箱に印刷されておりますので、
 上から見たところに致しました。

 うまく色が出ませんね。


放熱孔
 リア上部のハンドル部分には、
 放熱孔が沢山開いております。

 なんと、新しいiMacは、
 「FANレス設計」だそうです。
 知らなかった。


I/Oパネル
 右側面のI/Oパネルの部分です。
 USBポートやイーサネットポート、
 モデムポート等がありますが、
 やはり、FireWireポート
 気になります。

 従来モデルではあったカバーは、
 無くなりました。


スピーカー
 フロント下部のスピーカー部分です。
 以前のモデルよりも、丸くなっています。

 米ハーマン・インターナショナル社製の
 ものが組込まれているそうです。

 何でヘッドホンジャックが2つあるのだろう。


メモリスロットパネル  開けたところ

リアの下部には、このようなパネルがあります。 丸い色付きの部分がロックになっていて、
コインのようなもので開けることが出来ます。
右側が開けたところですが、2本のDIMMスロットの上に、IDEコネクタが見えます。
U-ATA/33対応ですが、コネクタは1つしかありませんのでHDD等の増設は出来ません。
少し解り辛いのですが、DIMMスロットの下にエアポートカード用のスロットがあります。
欲しいのですが、ベースステーションとカードで、5万円ほど致しますので。(泣)

ビデオ出力ポート  開けたところ

更に後ろよりのところにも、もう1つパネルがございます。こちらはマイナスドライバーのような
もので開けることが出来ます。
中には、外部モニタ接続用のコネクタがございます。
あくまで、iMacの画面と同じものを出力するだけで、マルチモニタには対応していないそうです。
少し残念。

交換パネル
 外部モニタを接続した場合に使用するように、
 交換用のパネルも付属しております。

 この辺は細かいというか何というか、...


とりあえず、外から見えるところだけを眺めて参りましたが、やはり「腑分け」してみたいですね。
壊しでもしたら大騒ぎになりますので、慎重にやらなくてはなりませんが。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る