Tualatin! GA-6VEML


さてと、何と実に9ヶ月振りのMachineネタは、やはり(?)Mirco-ATXで参りましょうか。(笑)

全体像
 GIGABYTEのGA-6VEML、VIAのPLE133Tを
 搭載し、Video・Sound・LANが OnBoardな奴で
 ございます。

 FSBはBIOSにて、Auto/66/75/83/100/112/
 124/133/140/150MHzの設定ができ、例の
 EasyTuneIIIも付属しております。

 そして何より、コイツはTualatinコアのCPUに
 対応しております。 というよりも、Tualatin
 対応のMirco-ATXなMBを物色しておりました
 ところ、たまたまコイツになってしまったという
 だけなのですが。(笑)

 それでは、少々様子を眺めてみることに致し
 ましょう。


電源コネクタ付近
 こちらは、メモリスロット横の電源コネクタ付近
 でございます。

 右端の16pinの物は、Fairchild Semiconductor
 のRC5057M、DC-DCコントローラICです。
 その左上には、NECのK3296が2つございます
 ね。


370ソケット付近
 お次は、CPUソケット付近でございます。

 右上に見えます青いDIPスイッチは、CPUの
 倍率設定用で、x3〜x16迄設定できるらしい
 のですが...。

 ソケットの左側には、LANKom Electronicsの
 LF-H51SとSTMicroelectronicsのST75185C
 がございます。


また、左上にはFairchild SemiconductorのFDD6530AとTexas InstrumentsのLMV324I
ございます。

ノース付近
 こちらが、VIAのVT8601Tでございます。

 右下にございますのはICS9248DF-39
 Integrated Circuit Systemsでございます。


サウス付近
 こちらは、VT82C686Bでございますが、VIAの
 ロゴの隣にNational Semiconductorのロゴが
 ございますね。

 左下のホログラムシールが貼られております
 のがBIOS ROMチップでございますが、直付け
 でございますね。(汗)

 お隣には、Texas InstrumentsのSN74F245
 2つございます。


PCI横
 PCIスロットの横には、Realtek Semiconductor
 のRTL8100Lと、Avance LogicのALC201A
 ございます。

 その間にございます8pinのものは、Atmelの
 AT93C46でございますね。


Tualatin?
 今回使用致しますCPUは、こちらでございます。
 FC-PGA2packageのTualatinでございます。

 あっ、これこれ! そのようにお怒りになっては
 イケマセンです。
 誰も、Pentium!!!を使うとは申してはおりません
 でしょうが...。(笑)
 寂しく?Celeronの1.20GHzでございます。

 しかしこの「ヒートスプレッダ」とかいうものは、
 磨いてやりたくなりますね。


CPU On Sink On

CPUをソケットに挿し、更にヒートシンクを取り付けます。 ほぼ同じ範囲を撮影しております
ので、ヒートシンクの大きさがお解りになるかと思われます。

グリス
 何故か、このような物もございましたので、とりあえず使って
 みました。
 銀色で綺麗ですが、効果の方は如何でしょうか?


メモリはその辺に転がっていたPC100の128MBを挿して、HDDも放ったらかしの富士通の
MPG3409AT-Eとかいう40GBの奴を繋いでやります。

さて、それではWindows Meをインストール...、とその前にBIOSを最新の「F6」にUPして
おきましょうかね。 FDDからDOSを起動して...、おいおい、起動しないぞ? 何でや!!
ふ〜む、おやっ! FDDのLEDが点灯したままですね。 ということは、コネクタの逆挿し?!
ちゃんと「逆挿し」防止用の切り欠きを合せて挿し込んだ筈ですのに...、あいやっ!
上下両方に切り欠きがある! ええ加減にせぇよぉ! MITSUMIの大馬鹿モンめ!!

コネクタを挿し換えて、何とかBIOSの更新も無事に済みましたので、今度こそWindows Me
インストール致しましょう。 今度は何事も無く、インストールが終了致しました。

システムのプロパティ

しかし、このままではサウンド等が使えませんので、MBに付属するCD-ROMからドライバ等を
インストールしてやらなくてはなりません。

Utility CD

こちらが付属のUtility CDでございます。 順番にインストール致しますと、何度もリブートして
面倒ですね。(笑)

Videoのプロパティ

VGAのドライバがインストールされますと、このようになりました。 VGAでメモリが8MBシェア
されておりますね。 VGAにシェアされるメモリのサイズの変更は、出来ないのでしょうか?
マニュアルを読んだ限りでは、BIOSにはそのような項目はございませんようですね。

WCPUIDその1

WCPUID」でございます。 ちゃんと認識されておりますようで。 それではお次は...。

EasyTuneのセットアップ

GIGABYTEですから、やはりEasyTuneIIIを組み込んで、遊んでみなくては。(笑)

EasyTune起動

先日のGA-6OXEの時とは異なり、無事にインスト−ル、起動できました。 当たり前か。(笑)
それではと、112MHzは難なくクリア致しましたので、次は、あれ?BIOSには無い筈の115MHz
という設定がありますね。 これで行きましょうか。

115MHz

こちらも大丈夫のようですね。 一応、「WCPUID」でも確認してみましょうか。

WCPUIDその2

それではお次は、おやおや、120MHzというのもございますね。それでは、これにしましょうか。

120MHz

ぐはっ! 駄目だ、固まりました。(笑) 一応、133MHz等も試してみましたが、駄目です。
このMBじゃ、Vcoreは上げられないよなぁ。 仕方が無い、ベンチでも取ってみるか。

エラー
 げぇ! 何てこったい! VGAに8MB
 シェアされているからかぁ。
 仕方が無い。 128MB追加だ。

 DirectXは、8にしておきました。


結果

う〜ん、何か非常にショボイ値だなぁ。 まぁ、あの「コマ送り」状態では仕方ないか。(笑)

結果2

ついでにFSB=115MHzでも試してみました。 「40」も上がっておりますが、まだまだですねぇ。
お子様マシン」のリプレース用ですから、DVD-ROMが見られればそれで良いのですが、
大丈夫でしょうか。 折角、格安でソフト付きのDVD-ROMドライブを買って来たのに。(笑)

やっぱり、nForce 420DAthlon XPにしておくべきだったかなぁ。 まぁ良いや、それは次の
お楽しみにしておこう。

さて、それでは「お子様」に弄られてはやばそうなものは全てアンインストールしてから、ちゃんと
箱の中で」組上げるとするか。(笑)


line.gif

さて、kin kin さんからのご要望によりまして、今回追加のテストを行いました。

Super π
 それでは先ずは、「Super π」でございます。
 『104万桁』で、4分13秒。 劇遅です。(笑)

 やはり、チップセットのせいでございましょうか?
 BIOSやドライバのアップデートで、少しは向上
 するのでしょうか?


HDBENCH

続きましては、「HDBENCH」でございます。 このようになりましたが、如何でしょうか?

(2002.04.25記)
line.gif

ホームへ  戻る