ギガDual! CUV4X-D


760MPが出るまでは、何とか我慢しようと思っていたのですけれども、安定動作するものは
もう暫く待たなくてならないようですので、やはり発作が出てしまいました。(笑)

CUV4X-D
 今回入手致しました「物件」は、こちらでございます。

 ASUSさんの、「CUV4X-D」でございます。
 VIAのVT82C694XDPを採用致しました、
 Dual Socket370のものでございます。


電源コネクタ
 何故このMBにしたのかという1番の理由は、
 やはりこちらでしょうか。

 20pinのATX Main Power Connectorのお隣に、
 6pinのAuxiliary Power Connector
 付いております。
 1度差してみたかったものですから。(笑)


ターミネータ
 こちらは付属のCPUターミネータでございます。

 Single CPUで使用する場合には、必ずこれを
 使用するようにとマニュアルにはございますが、
 どちらのSocketを優先的に使用するようにとは、
 書いておりませんようです。

 ターミネータには、絶対にヒートシンクやFANを
 取り付けないように、ともございます。(笑)


サウス
 こちらは、サウス付近でございます。
 サウスは、VT82C686Bになっておりまして、
 UltraDMA/100に対応しております。
 右のランドが空いているのが少々寂しいですが、
 どうせ使わないからいいや。

 Philips Semiconductorsの74F245Dが、
 2つ下に並んでおります。そのお隣のものは、
 Fairchild Semiconductorの74F125ですね。


BIOS
 こちらは、BIOS付近でございます。
 32pinDIPタイプの2MBのものでございます。

 右に見えます緑のLEDは、スタンバイ電流が
 流れると点灯するそうでございます。

 PCIスロットとの間にございますコネクタは、
 Wake-On-Ring用でございます。


DIP&PLL
 さて、こちらのDIPスイッチは、周波数と倍率の
 変更用のものでございます。
 これを使用するためには、JENのジャンパを
 Diableにしなくてはなりません。

 Integrated Circuit Systemsの94222AFが
 右に見えますが、残念ながらデータシートは
 現時点ではございませんようで。


2つのCPU
 搭載予定のCPUなのですが、
 今回は右の方のものになります。
 SL4MFでございます。
 左は、SL4MCですが、
 こちらは別のページで登場の
 予定です。(笑)

 様子が少し違うので並べて
 みました。


リテールFAN
 ついでですので、こちらも並べてみました。
 850MHzに付属のものと1GHzに付属のものです。

 いやぁ〜! でっかいですねぇ。

 あ、1GHzのものは実際に取付ける場合には、
 850MHzのものとは、90度回転した状態に
 なります。


それでは、実際にCPUをMBに搭載してみることに致しましょう。

CPU搭載 FAN装着

ギリギリという感じですが、何とか無事にヒートシンクも装着できました。

ELSA メモリチップ VIDEOカードはこちらを使用致します。
ELSAのGLADIAC MXです。
メモリチップはこのようなものが
載っております。

電源は、数多ある中からとりあえず Power Man でも繋いでみることに致しましょう。(笑)
メモリは、何かと話題の M.tec のPC=133 CL=3 128MBを2枚差してみることに致します。
HDDは、Quantumのlct0.8の8GBのものでございます。このようなものしかございませんで、
申し訳ございませんが。

それでは、Windows2000 Proをインストール致しましょう。CD-ROMを挿入して、Power On!
あれ、500MHzと表示されておりますね。(笑) 仕方が無いので、BIOSの設定に入りましょう。
BIOSでは選択肢が、manual・500MHz・750MHz・1000MHzの4つが表示されましたので、
とりあえず1000MHzに致しました。 それ、再起動。
今度は無事に、1000MHzと表示されましたし、2つとも認識されております。

インストールは、何事も無く終了致しました。ついでなので、VIAの4in1も入れてしまいました。

システムの概要

デバイス1 デバイス2

GLADIAC MXがキチンと認識されておりませんが、付属のドライバを入れれば大丈夫ですし。
何か、拍子抜けのような。(笑)

PC Probe

MBに付属のCD-ROMには、このようなユーティリティが入っておりました。
Max Speed 1330MHzって、一体如何いう意味なのでしょうか? ここ迄頑張ろうとか?(笑)

冗談はさておいて、FANの回転数やCPU温度等のモニタも出来ますので、結構便利です。


HDBENCH

何事も無く動いているように「見えるだけ」かも知れませんので、とりあえず「HDBENCH」でも。
このような数字が出ましたけれども、如何なものでしょうか?


Final Reality

続きまして、「Final Reality」も試してみましたが、何事も無く完走致しました。


SL BENCH

オマケといっては何ですが、こちらは初めて試して見ました。「SL BENCH」でございます。
こちらも何事も無く完走致しました。

う〜ん? 最少構成とはいえ、とりあえずは何の問題も無く動いているようですね。

本日のところは、ここ迄でございます。
テスト等に付きまして何かご要望がございますれば、出来ることならばお答え致しますが、
出来ないことは出来ません。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る