これにて、一件落着!


うっかり失念しておりました問題を克服致す為に、RC2を作製致しましたので、
1台しかないRC1とともに、ここに公開させて頂きます。

揃い踏み

左から、RC2、RC1、β3の順番になっております。(3兄弟ネタは、もう古いですね。)
基本的な構造は、全く一緒ですので、こちらの画像では違いが解り辛いと思います。

アップ

柱の部分を、アップにしてみました。右側のβ3と左の2つとでは、側板の表面の様子が
大分違うのが、解かるかと思います。
RC1からは、使用する平板を片面研磨の保護シート貼りのものに変更致しましたので、
作業行程での傷がつき難くなっております。そのため、仕上げの研磨が要りませんので、
見てくれはかなり奇麗になりました。

ちなみに、β3だけは都合により 裏側ですので、その分はお含み置き下さい。(笑)

RC1とRC2

これは、RC1とRC2の裏側の画像です。左がRC2でございます。

こちら側からリベットを叩いて、リベットの頭の部分を潰しているのですが、良く見ますと
リベット部分に違いがございます。RC1の方が奇麗に広がっているように見えますが、
実際は、逆です。 ここに問題がございました。

角棒と平板の素材に対して、リベットの素材だけが少し 硬かった のです。
右側のRC1のリベット部分を良く見ると、平板が押出されてしまっております。
両方のリベットの長さは一緒ですので、RC1の方では皿もみした部分に
リベットが奇麗に密着せずに、隙間が出来ている為にこのようになっております。
一方、RC2の方では、同じリベットを焼きなましして使用致しましたので、
内部では奇麗に密着している筈です。その分長さが足りずに、周囲が少し
あいてしまいましたが。

問題点は、リベットを焼きなましする事で、一応解決致しました。

これにて、一件落着!アルミリテンションの 完成 です!

これ以降の、実装編は別の所にて公開させて頂きます。
て、もう既に予告編を掲載してしまっておりますが。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る