続き 〜 一体型への発展


お待たせ致しました、アルミリテンション・ニューバージョンの作製です。
と言っても、余り大した事はございません。リテンションを一体化しただけです。
取付時の扱い易さと、多少の強度アップを狙ったものです。

一体型
 10mm幅のフラットバーを、
 両方の柱の間に渡しました。
 あと2mm程バーの幅があれば
 スロットがきれいに隠れて、
 スッキリして見えるのですが。

 試作品なので、ビス留めです。
 サイズ的な問題もありますが、
 とりあえず1箇所で留めています。


 CPUの色が少し変ですが、
 ご勘弁を。(笑)


前方上
 前方上からの画像です。


上から
 リテンションだけを上から見たところ
 です。

 やはり、スロットとの間に隙間がある
 のが、少し寂しいですね。

 ここは出来たら改良したいですね。


今回は、すぐに次に続きます。下もご覧ください。(笑)


line.gif


そして 〜 角材使用

次は、前述の中央部分を10mmの角材に致しまして、ミーリングで溝を入れたものです。
ミーリングとなりますと、DIYでは簡単には出来ないと思いますが、ご参考までということで。

角柱
 やはりこの方がスッキリします。

 簡単に溝を切る方法があれば
 良いのですが。


前方より
 このように前から見たのでは、違いが
 全く解りませんね。(笑)

 こちらは、柱の高さを10mm高くして
 みました。
 下駄を使用する場合には、この高さが
 良さそうです。


今回の更新で、リテンションとしての最終的な形と作製方法は、決定致しました。
次回の更新で、ご披露できると思います。何時になるかは保証できませんが。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る  次へ