試作1号機 「針ねずみ君」?


試作品1号のコンセプトとしては、

 「誰にでも容易に手に入れられる材料を使って、特別な工具等をできるだけ使わずに、
 作製できるようにする」

ということでございます。

今回、私の用意致しました材料は、2mm厚の銅板と2φ×2のFケーブルです。
ちなみに銅板は、アキバの東京ラジオデパート2階の「エスエス無線」さんで、
Fケーブルは、同じく「愛三電機」さんの地下売場で、買い求めました。
地方では(失礼!)、ホームセンター等で手に入れられると思います。

当初は3mmの板で作製する予定でしたが、試作なのでさっくりと作るため、
(つまり、手抜きをするために)2mmに計画変更致しました。

銅板は100mm×200mmのもので、これを60mm角に切断します。
次に60mmFANを取付けるために、50mmピッチでM3用の下穴をあけます。
ここからが少し(?)手間がかかります。
Fケーブルの芯を切断したものを、ピンとして刺すための穴をあけます。
Fケーブルの芯は、ニッパで切断できますが刃の内側の切断面が、
とがってしまいますので、気になる場合は刃の向きを変えて再切断します。
今回は5mmピッチで12×12=144個の穴をあけました。

私はずるをしましたので、プレスであけました。これが2mmにした理由です。
3mmの板にこれだけの穴をプレスであけますと、どうしても歪みが出ます。
さて、ずるをしない作製方法ですが、方眼用紙をきちんと銅板に貼り、
5mmピッチで、ポンチを打ちます。144回ですので、結構疲れると思います。
打ったポンチに合せてドリルで穴をあけます。これも144回です。(笑)

この穴にFケーブルの芯を刺すのですが、ここで設計の甘さに気づきました。
基板となるなる板にピンを刺す場合、そのまま刺したのでははんだ付けが
できないのです。板をピンの長さの分だけ持ち上げて、その状態でピンを
刺さなければなりません。出来上がりはちょうど剣山を逆さにした感じです。

はんだ付けの際には、コンロに鉄板をのせてその上で温めながらする
つもりでしたが、この状態では無理です。そこでろう付けすることにしました。
ガストーチであぶりながらやってみましたが、銅板の温度が上がりきらず、
銅ろうは溶けるのですが、まったくぬれません。

残念ながら、ここでこの日の作業予定時間が過ぎたので、中断致しました。


line.gif


8月15日、再度挑戦のため、私はいそいそと実家へと向かいました。
とりあえず、80Wのはんだ鏝で試してみましたが、太刀打ちできません。
ガスコンロ用の鏝もあるのですが、それでも無理かと思い、
ガストーチではんだ付けをすることにしました。(笑)
結果は、下の画像の通りです。

上から見たところ 1
 汚いです。(笑)
 かなり酸化しています。


上から見たところ 2
 はんだが、表(上面)まで
 漏れているのが見えます。

 ガストーチを使用しての
 はんだ付けでは、はんだの量を
 コントロールできません。


下から見たところ
 変な穴があいていますが、
 気にしないで下さい。

 ちょっと、どじっただけです。

 余分なはんだを落としてあります。


横から見たところ
 ちょっと見づらいのですが、
 銅板が反ってしまっています。




加熱し過ぎで銅板が反ってしまいました。残念ながら、大失敗です。
このあたりの問題を解決しないことには、この作製方法は確立できません。
と、いうことで今回はここまで。

作製中の画像が無いのは、単にデジカメを忘れただけです。
ご容赦を。


line.gif

ホームへ  戻る