かっぱ なにさま? かっぱさま!


と言っても、小さなお子さんのいるご家庭でないと、恐らく通じないでしょうね。
有名な「だんご3兄弟」ならば、皆さんご存知でしょうが。(笑)
初めて「河童様」とご対面できましたものですから、つい嬉しくって。

リテールパッケージ
 FC-PGAの550Eです。
 533Bも良かったのですが、
 とりあえずということで。
 (何がだ?)

 私の物なら、良いのに!
 欲しいな、「河童様」。

 しかし、金欠中!(笑)


TYAN1854S
 「河童様」のMBは、これです。
 TYANのS1854Sです。
 通称、「Trinity 400」と言う奴です。

 Slot1とSocket370の両装備ですが、
 ジャンパで選択する、排他使用です。

 以前、あるお店では今は駄目だが
 将来的には同時使用出来るように
 なると書いて売っていたのですが、
 「ガセ」のようです。(笑)


VIAの133A
 チップセットは、VIAのApollo Pro 133Aです。
 Intel以外のチップセットは、久し振りです。

 ・PC100/PC133 SDRAM with SPD support
 ・66/100/133 Mhz bus speeds

 という代物です。


ソケット スロット

S1854Sは、Socket370も「河童様」対応ですので、このようにどちらでも使えます。
初期型のS1854では、Socket370側は、「河童様」対応ではありませんでした。
この点を誤解なさってFC-PGAの「河童様」と購入された方が、多かったらしいです。
お店の方でも、そのように誤解していたところもあったようですが。
初期型もまだ販売されておりますので、ご注意を。

ちなみに、下駄のジャンパの設定は「かなり」いいかげんですので。(笑)

リテールFAN
 とりあえず、今回はこっちでいきます。
 下駄は私の「私物」なものですから。(笑)

 しかし、リテールFANって、何時の間に
 回転数を検知できるものになったのでしょう。

 改善だと思えるので、文句は言いませんが。


テストです
 何時ものようにして、テストしてみました。
 まあ、動作チェックということで。(笑)
 買ってきた者の責任というものもありますし。


FSB
 CPUの倍率は、
 (意味無いのでは、と思いますが)
 MBのジャンパで設定致しますが、
 FSBは、BIOSで設定致します。

 結構、設定多いですね。
 150MHz迄ありますし。
 TYANでこれですから、
 Apollo Pro 133Aって、
 いけるかも知れません。

 しかし、残念ながら、
 OCは、今回は無しです。


と言うことで、少しだけでしたが「河童様」と遊べました。もっと遊んでいたかったのですが。
「Trinity 400」、個人的にも欲しくなりました。しかし、金欠中。(泣)

FC-PGAの「河童様」は、軽くて薄くて、安っぽいですね。有難味がありません。
それに、あの「お皿」の上に塗ってあるものは、何なのでしょうか?
剥がしてしまっても、大丈夫なのでしょうか?あぁ、剥がしてみたい!


line.gif

ホームへ  戻る