コイツは何だい!? KST-420BKV


箱・表

今回のネタは、恵安さんの『静か』こと、KST-420BKVという代物でございます。

『静か』という品名や『ATX静音電源ユニット』と大きく書かれていることから、一番のウリは静音
なのでございましょうが、今更そのようなことに期待して購入致した訳ではございません。

箱にはその他にも色々と能書きが書かれておりますが、ここでは軽く流しておきましょう。

箱・裏

こちらは箱の裏側でございまして、更に詳細に能書きが書かれておりますので、一通り眺めて
おいて下さい。(゜゜)\(--メ)

全体像
 こちらが今回のネタの全体像でございます。

 12cmFAN搭載で、黒色塗装ではございます
 が、それだけでは現在では特に珍しいという
 ものではございません。


後部

こちらは電源後部の画像でございますが、一度はこのような安物電源はスルーしようと思った
にもかかわらず、結局購入してしまった「理由」がこちらにございます。

ACインレットの横にございます、如何考えても怪しげなものに関しましては、恵安さんのサイト
にも何も記述はございませんので、ついつい開けて確かめてみたくなったのでございます。

このようなものが付いていようがいまいが、価格からして肝心の中身には期待出来ないという
のは明らかなのに、ついつい釣られてしまう私は、正直アホです。(^^;A

前部
 因みに、こちらは電源前部の画像でございます
 が、このようにスリットが切られております。


保証書・表 保証書・裏

こちらの製品にはこのような保証書が付いておりまして、保証期間は『1年間』とされております。

取説・表 取説・裏

また、「取り付け方法説明書」なるものも付属致しておりますが、ページ番号がどちらも『2』と
なっておりますのは、ご愛嬌ということで。(゜゜)\(--メ)

ラベル

こちらはラベルでございまして、こちらには「UL」のRecognized Component Markはございますが、
肝心の「File Number」が記載されておりません。

先程の箱の裏の画像の右下のRecognized Component Markには、ちゃんと「File Number」も
記載されております。

UL File Number
 あの画像では小さくて解りませんが、こちらの
 拡大画像では『E178768』と確認出来ます。

 従いまして、製造元はWINTECHであることが
 解ります。


開腹

取り敢えず開けてみましたが、やはり造りとしては面白くも無く...、って、おかしいジャン?

2次側ヒートシンクに取り付けられております、FANコントロール用と思われる小基板には、
Seventeam』と書いてございます。(^^;A

ACインレット
 こちらはACインレットでござい
 ますが、こちらのフィルタ回路用
 の小基板にも『Seventeam』と
 ございます。

 ACインレット横の怪しげなもの
 へは、黄色と黒の2本のラインが
 伸びておりますが、黒いチューブ
 の部分には何か隠されているよう
 でございますね。

 気が向いたら、皮を剥いてみよう
 かな。(゜゜)\(--メ)

 熱収縮チューブの在庫は、何処
 にしまってあったっけ?


1次側
 こちらは、1次側の様子でございます。

 ケミコンは、東信工業のLGシリーズの1000µF・
 200Vでございます。

 ブリッジはPBU1005で、600V・10Aのものでござい
 ます。

 それにしても、ケミコンもブリッジも薄汚れている
 のは何故だ?


ケミコンの右後に見えますのは東芝の2SK2717で、その横には富士電機の2SC3320と思しき
ものが2つ並んでおりますが、詳細は確認不能でございます。(゜゜)\(--メ)

基板中央部
 こちらは、基板中央部でございます。

 左手のヒートシンクには、SBL4040PTが2つ並ん
 でおります。


中央部反対側
 こちらは、基板中央部の反対側の様子でござい
 ます。

 赤と黒のラインがACインレットからの入力で、
 そのお隣で黒いチューブを被っておりますのが
 ヒューズでございます。

 この辺りのケミコンは、CapxonのKFシリーズと
 KMシリーズでございます。


2次側
 こちらは、2次側の様子でございます。

 左手前で2本のグレーのラインの陰になっており
 ますものは、Texas InstrumentsのTL494CN
 でPWMコントローラでございます。

 右手の小基板上にございますのは、Silicon
 Touch Technology
のPS223でございます。

 小基板上の紫色のケミコンは、CapxonのST
 シリーズでございます。

TL494CNの上を通っております2本のグレーのラインは、2次側ヒートシンクに取り付けられた
サーミスタに繋がっておりますが、実は2次側ヒートシンクにはもう1つサーミスタが取り付けられ
ておりまして、そちらはヒートシンクに取り付けられた小基板へと繋がっております。

『電源の長寿命構造でシャットダウン後、電源ファンは約3分ほど駆動しクールダウンさせ停止
します。』と箱に能書きが書かれておりましたが、小基板には+5VSBも配線されておりますので、
通常時は主基板上のコントロール回路で制御し、シャットダウン後は+5VSBを小基板上のコント
ロール回路で制御して、FANを回しているのでございましょう。

2次側・2
 トロイダルがヒートシンクにくっ付くのではないか
 という位置におりますので、後のヒートシンクの
 様子を窺い知ることは出来ません。(゜゜)\(--メ)

 この辺りは、かなり無理のある配置になっており
 ます。(^^;A


裏画像

こちらが「裏画像」でございますが、基板がイレギュラーな形状でございますので、お見苦しい
点はご容赦願います。(゜゜)\(--メ)

こちらの画像からも、この電源は明らかにSeventeam製であることが解ります。

そこでSeventeamのサイトを覗いてみますと、『ST-420BKV』というこの商品のオリジナルと
思われるモデルがございます。

それでは何故、『E178768』というWINTECHの「UL File Number」が箱には記載されている
のでございましょうか?(^^;A

謎だ...。

FAN
 FANは、こちらでございます。

 S1202512Mとございますので、2,400RPM
 80.98CFM、6.14mmAq=60.21Pa、39.0dBA
 ものでございます。

 『電圧と電源内部のサーミスタが検出した温度
 によって1200rpm〜2400rpmまで回転数を自動
 コントロール!』と能書きにはございますが、
 39.0dBAでは五月蝿いですね。(^^;A



『電源の長寿命構造でシャットダウン後、電源ファンは約3分ほど駆動しクールダウンさせ停止
します。』との件に関しましては、例のテストを3回実行した後FANを観察しておりますと、暫くの
間は断続的に回っていたのですが、気付いた時には停止致しておりました。(゜゜)\(--メ)

まぁ、『長寿命構造』とやらは簡単な制御回路でございますし、通常使用時の騒音につきまして
も、外気温がもっと高い時期でないと評価し難いでしょう。

気が向いたら、ヒートシンクをはんだ鏝で暖めてみるかな?\(^O^)/


しかし、今回は予想外の展開だったなぁ。


line.gif

ホームへ  戻る