永久保証だ!AcBelだ! ATX-350P-SASS


日の当る場所で(笑)
 U氏 あぁ。 てらさん、コレコレ。
 : ハイッ? 何ですか、コレは?
 U氏 お約束のAcBelですよ。
 AcBelって、永久保証のヤツではなかった
   のですか?(汗)
 U氏 コイツはHPのマシンに付いていたもので
    ございますが。

 : いや、そういうことではなくて。(汗)


ラベル
 U氏 はらほら、ちゃんとAcBelとありますでしょ。
 : いやいや、そういうことではなくて。(大汗)
 d氏 ん? 何ですかそれは?
 U氏 HPのマシンから外したAcBelです。
 d氏 ほう! ちょっと見せて下さいな。
 U氏 はいはい。
 d氏 開けても良いですか?
 U氏 どうぞどうぞ。

ビス
 d氏 ん〜、このちっこい奴も外さないと駄目
    なのかな?

  どれどれ。
 d氏 如何ですか?
  やっぱり、コイツも外さんと駄目じゃな。


開腹
  ほれ、開いたぞ。
 d氏 うげっ! 汚ねぇなぁ。(笑)
 U氏 この間まで使っていた奴ですからねぇ。
  やはり、小さいのは見辛いのう。
 d氏 ネタにするのはてらさんですので、私たち
    は眺めるだけということで。(笑)

  あんまり触ると手が汚れそうじゃしな。(爆)
 d氏 ということで、後は宜しく!
 : はぁっ?!(汗)


このような次第でお預かりして参りました。

1次側
 1次側ケミコンはTEAPOの330µF・200Vで、85℃
 品のSKシリーズと思われます。

 Xコンは、岡谷電機のもののようでございます
 ね。

 中央右の8pinは、LinFinity Microelectronics
 のUC3842AM、Current mode PWM controllerで
 ございます。


幾つかございます緑色のケミコンは、Lelon Electronics製でございます。

中央部
 銅製のヒートシンクに取付けられておりますの
 は、右がPower IntegrationsのTOP222Yで、
 左はInternational RectifierのIRFBE30で
 ございます。

 3つ並んだフォトカプラはET1103でございます
 が、メーカは不詳でございます。

 画像下部に、オレンジ色の半固定抵抗がござい
 ます。


2次側
 さて、何処から参りましょうか?(笑)

 右手のヒートシンクに取付けられておりますの
 は、General SemiconductorのSBL1040CT
 でございまして、そのお隣の金線入りの緑色の
 ケミコンはTEAPOの1000µF・16V、105℃品の
 SCシリーズでございます。

 左手上のものは、Philips Semiconductors
 のBYQ28E-200でございます。


左側は画像上から、General SemiconductorのMBR2045CT、Philips Semiconductors
PBYR1545CT、左下でケミコンの陰におりますのはPhilips SemiconductorsのPHP45N03LT
でございます。

中央にぽつんとございますのは、STMicroelectronicsのL7912CVでございます。

2次側・2
 手前はMotorolaのLM339N、奥でケミコンが
 寄りかかっております8pinのものはNational
 Semiconductor
のLM393Nでございます。

 一通り眺めて参りましたが、特に変ったものは
 ございませんでしたね。


FAN
 FANにはMAGICとございますが、Protechnic
 Electric
というZalmanのZM300A-APFで使用
 されていたFANと同じメーカのものでございます。

 型番はMGA6012LB-B15で、12V・0.12Aとござい
 ます。


それでは組み戻して、一応通電してみましょうか。

3V 5V 12V

このような感じでございますが、まさかコイツを虎MPでテストする訳にも参りませんので、今回は
ここ迄ということで。(笑)


line.gif


とまぁ、これだけで終わってしまうのもアレでございますので、態々おいで頂いた皆様のために
このようなものをご用意させて頂きました。(笑)

箱・正面 箱・横

永久保証付のAcBelのうち、PFC付で350WなATX-350P-SASSでございます。 何故これに
致しましたのかと申しますと、これしかお店になかったのでございます。(笑)

一時は大量に出回っておりましたが、最近は余り見かけなくなったのには何か訳でもございます
のでしょうか?

さて、箱の左上にロゴとともにACBEL POLYTECH INC.とございますのは解りますが、右上の
YEOU CHIH CORP.(YCC)というのは何でございましょう? 如何やら台湾のケース・メーカの
ようでございますが、どのような関係がございますのでしょうか?

カード・表 カード・裏

このようなカードが入っておりました。 『1.本製品に貼付けてある"Seald Sticker"の剥がれ、
破損または変造。』と書かれておりますが、当然剥がして開けます!(爆)

全体像
 こちらが全体像でございます。

 これといった特徴の無い、至極普通の造りの
 ようでございます。

 あぁそうか、金ピカとか黒光りとかじゃないから
 駄目なんだ。(笑)


後部 前部

Active-PFC搭載でございますので、入力電圧切替スイッチはございません。 排気FANの部分
は打ち抜きではなく、ちゃんとガードが付いております。

こちらのFANにも、MAGICとございますね。

ラベル

こちらがラベルでございます。 -5Vは、ございませんのですね。

『MODEL NO.:API3PC52』とございますのがACBEL POLYTECHの元々の型番でございます。

開腹
 ビスの上に貼ってありました"Seald Sticker"
 をさっさと引っ剥がして、開けました。(笑)

 画像では解り辛いと思いますが、部分的に2階
 建構造になっております。

 また、2次側には小基板がございまして、FAN用
 のコネクタはそちらに載っております。

 それでは、各部を詳細に眺めさせて頂くことに
 致しましょう。


インレット
 ACインレットとOn-Offスイッチの間に、Xコンが
 押し込められております。

 On-Offスイッチから基板へと繋がる線には、ご
 覧のようにフェライトが取付けられております。


入力部
 2階建構造の上の部分が、AC入力部となって
 おります。


1階部分
 こちらは、その下の部分でございます。

 3つ並んでおります白いフォトカプラは、東芝
 TLP621でございます。

 中央のヒートシンクには、STMicroelectronics
 のSTP6NB80がございます。

 左手の小基板にはFairchild Semiconductor
 のML4800CP、PFCとPWMのコンボ・コントローラ
 が載っております。

2階建続き
 2階部分の続きにはブリッジ・ダイオードがござい
 ますが、銅製のヒートシンクが取付けられており
 まして型番は不明でございます。

 1階部分の小基板のこちら側には、National
 Semiconductor
のLM339Mがございます。

 左のケミコンは日立の220µF・450V、85℃標準
 品のHP3シリーズでございます。


トロイダルの後に薄い銅板を背負った2本足の奴がおりますが、型番が確認出来ません。(汗)

中央部
 こちらは、基板中央部でございます。

 右手には、東芝の2SK2611がございます。

 左には、STMicroelectronicsのSTPS3045CW
 が2つ並んでおります。


2次側
 2次側小基板には、National Semiconductor
 のLM393NとWeltrend Semiconductorの電源
 監視用ICであるWT7515が載っております。

 中央で真っ白になっておりますオレンジ色のもの
 は、半固定抵抗のようでございます。

 更には、画像手前の真っ白い塊の下にも半固定
 抵抗が埋れてございます。(笑)


2次側・上から
 2次側を上から覗いてみたところでございます。

 左手前の小さなヒートシンクには、National
 Semiconductor
のLM7912CTが取付けられて
 おります。

 トロイダルの後には、STMicroelectronics
 STPS3045CWが反対側と同様に2つ並んでおり
 ます。


小基板から伸びております4本の黒い線には、サーミスタが2つ付いております。 何故2つ?

左の金線入りの緑色のケミコンはTEAPOのもので、同じく金線入りの黒い奴と右の青っぽい奴
には『Ltec』とございますので、Luminous Town Electricのものでございます。

2次側・反対側
 右手のヒートシンクの端っこにございますのは、
 STMicroelectronicsのSTPS20H100CTでござ
 います。

 1番手前の黒いケミコンだけはRubyconでござ
 いますが、後は皆Luminous Town Electric
 ものでございます。


画像手前の妙なジャンパのようなものは、隣に『R48』と印刷されておりますので、マンガニン
抵抗でございましょう。

そういえば、以前このネタで何方かが釣れたような気が致しますが。(笑)

FAN
 こちらが、FANでございます。

 Protechnic ElectricのMGA8012HSで、12V・
 0.24Aとございます。


一通り眺めて参りましたが、特別変ったパーツ等は見かけられませんでしたし、造りが特に良い
という訳でも無いようでございます。

永久保証が付いてあのお値段なら、お買い得なのかも知れませんが。


さて、それでは組み戻して通電してみることに致しましょうか。

3V 5V 12V

やはりこちらも、軽負荷時ではやや低めとなっております。


そういえば、箱には『超静音23dB以下』とございますが、私には然程静かとは思えなかったので
ございますけれども?


line.gif

ホームへ  戻る