Penance For Cyng? HK350-13BP-2


このタイトルは、前回のHK350-13BPの時の『Punish For Cyng』と同様に、単なる「PFC」の
語呂合わせでしかございません。(汗) あっ、『Cyng』とは、古英語の『King』でございますので。

箱・表 箱・裏

箱の表側は、「SILENT KING-2」のPFC無しのシリーズではでございましたが、こちらは
なっております。 裏側もPFC無しでは青みのかったグレーでございましたが、こちらでは赤みが
かっております。 まぁ、そんなことはこの際、如何でも良いことではございますが。(笑)

こちらも先日『腑分け』させて頂きましたLW-6300H-2と同様に、株式会社 エバーグリーンさん
からのご提供の品でございまして、「SILENT KING-2」シリーズのActive-PFC搭載モデルという
ことでございますので、「SILENT KING-2PFC」とされております。

能書

色々と『能書』が書いてございますが、『電源の出力を安定させる回路 Active PFC を搭載』と
ございますのは、明らかな誤りでございます。

高調波抑制としての力率改善回路の採用により、副次的効果として安定するのは入力電圧
ございます。

全体像 S-ATA

こちらが、PFC付「SILENT KING 2世」様の全体像でございます。 FANガードはやはり「埋め
込み
」になっております。

ATXメインコネクタのケーブル長は、PFC無モデルと同様に60cm程となっております。

右の画像は「Serial ATA」コネクタでございますが、ご覧頂けますように+3.3Vも給電されており
ます。 取り敢えず、+3.3Vが給電されているのを見るのは初めてでございますね。

と、ここで気になります点が1つ。 S-ATAコネクタが、1*2系統追加されたためでございましょう
か、他のデバイス用コネクタが、Peripheral Power Connector*4とPeripheral Power Connector
*3+Floppy Drive Power Connector*1の2系統になっております。

私のように、当分はS-ATAコネクタ何ぞは必要無いという場合には、やはりデバイス用コネクタ
は3系統以上であって欲しいのでございますが。

ラベル

こちらが、ラベルでございます。 旧HK350-13BPでは、+3.3V/+5V/+12Vは26A/30A/15A
ございましたが、こちらでは20A/25A/19Aとなっております。

やはりPFC無モデルと同様に、『+12V強化』というのが1番のポイントなのでございましょう。

後部 前部

Active PFC」搭載でございますので、入力電圧切替スイッチはございません。 PFC無モデル
と同じく、小さな小さなOn-Offスイッチが新設されました。 ACインレットの向きが旧モデルとは
天地逆になっておりますが、何か意味があるのでございましょうか?


さて、それではこちらも『腑分け』させて頂くことに致しましょうか。

開腹
 ふ〜む、ヒートシンクの形状は旧モデルと同じで
 ございますし、基板上の主だったパーツの配置
 等にも相違点を見つけることは出来ません。

 ただ1つの点だけは、明らかに異なるのでござい
 ますが。(笑)


FAN
 ピントがイマイチでございますが、まずまず綺麗
 に撮れたようでございますね。

 こちらのFANは、LW-6300H-2と同じくRUILIAN
 SCIENCE & TECHNOLOGY
のRDL1225Sで
 ございます。


インレット
 こちらが、『明らかに異なる』点でございます。

 旧モデルでは、この小基板は垂直に取り付け
 られておりましたが、On-Offスイッチの新設の
 ためなのか、このように変更になっております。

 ACインレットの向きが天地逆になりましたのも、
 そのせいかも知れません。


1次側 PFC

大きなトロイダルのお隣にございますブリッジはRS806で、800V・8Aのものでございます。 また、
ブリッジの後にございます、Fairchild SemiconductorのKSC5027-Rや、トロイダルの後に
ございます、東芝の2SK2837と2SK2611は、全て旧モデルと同じものでございます。

トロイダル脇の小基板には、やはりInfineon TechnologiesのTDA16888が載っておりまして、
HK350-13AP REV:2』とプリントされておりますのも同じでございます。

中央部 その反対側

基板中央部の表裏でございますが、メイントランスの型番は旧モデルと全く同じでございます。
ケミコンは400V・220µFの85℃品で、やはり『HEC』でございまして、この点も旧モデルと同じで
ございます。

2次側
 左手前には、『HK350-13AP REV:2』とござい
 ます。 旧モデルでは、『REV:1』でございました
 ので、若干の変更点があるのかも知れません。

 こちらのケミコンが横倒しになっておりますのは、
 インレットに取り付けられた小基板を避けるため
 でございます。 決して、ケミコンがヘタレている
 という訳ではございません。(殴)

 Texas InstrumentsのLM393Pが2つございます
 のも、同様でございます。

左上のヒートシンク近くにはサーミスタがございまして、そのお隣には、やはりAUKの2SC5344が
ございます。 サーミスタが、水色から緑色に変更されておりますね。(殴)

2次側・2
 こちらの角度からですと、サーミスタと2SC5344
 が良く見えます。

 その手前は、以前はFANコネクタでございました
 が、その昔「大馬鹿モン」が力任せにコネクタを
 引き千切ってしまいましたので、やむなく直付け
 に変更されたのでございましょうか?(汗)

 因みに、コネクタはFANへの配線の途中に、
 ちゃんと付いております。(笑)


トロイダルの後には、Philips SemiconductorsのBYV32E-200、Mospec Semiconductor
S30D40C、そしてSTMicroelectronicsのSTPS2045CTが並んでおります。

旧モデルでは、真中の奴が判別不能でございましたが、今回は根性で覗き込みました。(笑)

出力部
 ピントがイマイチでございますが、こちらの処理
 もイマイチでございますので、良しとしますか。
 (殴)

 旧モデルと同様に、こちらにもコネクタの空き
 パターンがございます。


裏画像
 こちらが、『裏画像』でございます。

 やはり、旧モデルと変りは無いように見えます
 が。



一通り眺めて参りましたが、主基板のRevisionが『1』から『2』へと変更になってはおりますが、
使用されております主要なパーツには何も変更等はございませんようですし、旧モデルとの明確
な差異を認めることは出来ませんでした。

主基板の裏には多くの表面実装部品がございますが、この辺りの軽微な見直し等でございます
と、全くのお手上げでございますが。


さて、それでは組戻しまして、点火してみることに致しましょうか。

+3.3V +5V +12V

HK350-13BPでは、+5Vも+12Vもやや低めでございましたが、こちらではやや高めとなっており
ます。 まぁ、誤差レベルといえるのかも知れませんが。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る