本物の350W電源? TOP-350SSA(P4)


何時もの悪い癖で、ふとした弾みでとあるM/Bを購入してしまったのでございますが、コイツが
また12吋×10.3吋という代物でございまして、我家では入るケースの空きがございません。

箱

ということで、急遽このようなものを購入した訳でございますが、M/Bのサイズばかりを気にして
おりましたので、当然付属の電源のこと等には頓着致してはおりませんでした。

私よりも先に我が女房殿が気が付きまして、「本物って何? 偽物も有るの?」と聞かれました
ものでございまして、答えに窮してしまいました。

お前の亭主はなぁ、そういう世間一般では如何でも良いようなことに嵌ってしまって、日々電源を
眺めては、泣いたり笑ったりしているのだよ...。(汗)

因みに、『SECC』とは電気亜鉛めっき鋼板のことでございます。 別に、態々自慢する程のもの
ではございません。(笑)

しかし、PC電源が『FSB533対応』てぇのは、如何いう根拠なのでございましょうかねぇ?(爆)

一応、株式会社ラクーンさんのサイトで情報を確認してみますと、『電源仕様 ■TOP-350W,CE
※各種各国の安全基準にパスした電源』とか、『付属品明細 ■TOPWER電源搭載』とかしか
書かれておりませんです。(汗)

別の頁には『TOPAWER社静音電源』というのもございまして、そちらには『TOPPAWER』とも
書かれておりまして...、全部スペルが間違ってますね。(笑)

全体像
 こちらが、その『本物の350W電源』の全体像
 でございます。

 FANはリアの1つだけでございまして、外見的に
 は何も特徴の無いものでございます。

 メインコネクタのケーブル長は、48cm程でござい
 まして、デバイス用ケーブルは2系統しかござい
 ません。


後部 前部

後部の様子も前部の様子も、どちらも取り立てて変ったところはございません。

ラベル

こちらがラベルでございまして、Topower製のTOP-350SSA(P4)というのがコイツの素性のよう
でございます。

非常に見難いのですが、+3.3Vと+5Vとの合計が220Wということでして、個別出力に関する記述
はございません。 +12Vに関しましては180Wとございますので、15AがMaxということでございま
しょう。

温度によって、FANの回転数がコントロールされているというグラフが下の方に記載されており
ますが、それが如何いう仕組になっているのかということは、これだけでは解りません。

開腹
 やはり、「開けて」みませんことには始まりません
 のでございまして。(笑)

 まぁ、中身は良くあるパターンのようでございます
 ねぇ。


1次側
 ケミコンは、Capxon Electronic Industrial
 の820µF・200V、LPシリーズの85℃品でござい
 ます。

 ブリッジはKBU606で、600V・6Aのものでござい
 ます。


基板中央部
 右手のシンクには、富士電機 の2SC2625が
 2つ並んでおります。

 この画像では隠れておりますが、左手のシンク
 には、MOSPEC Semiconductor のS30D40C
 がございまして、裏にも同じ物がございます。

 因みにS30D40Cは、30A・40VのSchottkyでござ
 います。


中央部反対側
 こちらの画像を横切っております非常に目障り
 な水色のケーブルは、入力電圧切替スイッチへ
 と繋がっているものでございます。

 画像の右下のコネクタには、ACインレットから
 の入力が入ります。

 左手1番手前には、Fairchild Semiconductor
 のKSC5027-Rがございます。


右手のヒートシンクには奥から順番に、Philips Semiconductors のBYV32E-200、Advanced
Power Electronics
のAP40N03P、そしてメーカ不詳のL7805CVがございます。

2次側
 画像の左上隅にございますものは、Fairchild
 Semiconductor
のKA7500B、こちらはSMPS
 Controllerでございます。

 左下の傾いだケミコンのお隣には、M51957B
 がございますが、こちらはリセットICでございま
 す。

 画像中央にございますのは、MC34063でござい
 ますね。


MC34063の下にございます2pinのコネクタが、リアFAN用のものでございます。

MC34063の右上からは、2本の黒い線がトロイダルの中心に伸びておりますが、この線の先には
サーミスタが取り付けられております。

出力部
 出力部の処理は、まぁ「それなり」といったところ
 でございましょうか。(笑)

 中央で小さなヒートシンクを背負っておりますの
 は、Motorola のMC7905CTでございます。


FAN
 FANは、Globe FanのS01138812Mでございま
 して、コイツは0.17Aの2,500RPM、32.37CFMで
 27.4dBAという代物でございます。

 Bearingは、Sleeveでございます。


裏画像
 こちらが、コイツの『裏画像』でございます。

 まぁ、それなりといった感じでございますね。




それでは、組み戻して点火してみることに致しましょう。

+3.3V +5V +12V

+3.3Vはやや高めでございますが、そういえばコイツには+3.3VのSense線はございませんでした
ね。(笑)

まぁ、5,999円のケースに付属の電源と致しましては、マシな方でございましょう。(爆)


line.gif

ホームへ  戻る