Antec、3度?! True550(EPS12V)


さて、本日のネタは3度目のAntec登場でございますが、今回のご提供は何時もの ○みの さん
ではございませんで、k_ari さんでございます。

こちらの品物も『数奇(?)』な経緯でご入手なされたそうでございますが、細かなことは一応オフ
レコということで。(笑)

全体像
 こちらがその本日のネタで、EPS12V対応の
 「True550」でございます。

 EPS12V対応ということで、当然メインコネクタは
 24pinでございますし、8pinの Processor Power
 Connector
もございます。

 まぁ、Auxiliary Power Connectorも+12V Power
 Connectorもございますし、例の「FAN ONLY
 もございまして、コネクタだらけではございます。


後部 前部

電源後部と前部の様子でございます。 ケース自体は「TrueBlue」と同じものでございますが、
後部に何やら妙な黒い四角いものがついておりますね?

謎のカバー コネクタ?

こちらがその「妙な黒い四角いもの」でございますが、引っ張ってみましたら取れまして、中には
やはり黒いコネクタがございました。 脇の刻印を見ますと、Peripheral Power Connectorのよう
でございますが、『外出し』にして如何するのでございましょうか?

ラベル
 こちらがラベルでございますが、+5V/+12V/+3.3V
 は夫々40A/24A/32Aとなっております。

 「TrueBlue」では、38A/22A/30Aでございました
 ので、3系統とも2Aずつ強化されておりますようで。

 正式なEPS12V規格では+12Vは3系統に分かれて
 おり、550Wクラスでは合計で38A要求されるようで
 ございますので、あくまでも『準拠』では無く『対応』
 なのでございましょう。


開腹
 早速、『腑分け』開始でございますが、パッと見
 では「TrueBlue」と変り無いようでございますね。

 「TrueBlue」よりも70W多い出力のために、どの
 ような変更がなされているのか、またどこが変ら
 ないのかを中心に見てみようと思います。


1次側
 ケミコンは松下のUQシリーズ、200V・1200µF
 の85℃品でございます。

 ブリッジにはGBU1506とございますので、600V・
 15Aのものでございましょう。

 その後には、Fairchild Semiconductor
 SSS4N60B、4A・600VのMOSFETが1つござい
 ます。


ケミコンの後には、STMicroelectronics のものがございますが、ケミコンが邪魔で「1NB80」と
しか見えないのですが、STN1NB80でございましょうか?

基板中央部
 こちらは、基板中央部でございます。

 基本的には「TrueBlue」と変り無いようでござい
 ますが、小トランス手前のフォトカプラは、817C
 ではなく817Bとなっております。

 817Cは「-」で817Bは「+」ですね。 って、そりゃ
 Shift-JISじゃん!(殴)


正しくは、CTR(Current Transfer Ratio)が「B」では130〜260%、「C」では200〜400%という点が
異なります。

そのお隣のTO-92は、やはり Unisonic Technologies のTL431でございますし、更にそのお隣
にございますケミコンが Fuhjyyu なのも「TrueBlue」と同じでございます。

中央部反対側
 こちらが、基板中央部の反対側でございます。

 「ミョーに傾いだトロイダル」の下には、やはり
 フォトカプラが2つ並んでおりますが、こちらも
 817Bでございます。

 左手の8pinのものは、STMicroelectronics
 UC3844Bでございますが、こちら側はパーツの
 配置が、「TrueBlue」とは微妙に異なっており
 ます。


右手のシンクには、STMicroelectronics のSTPS3045CW、45V・15A×2のSchottkyがござい
ますが、これは「TrueBlue」と共通でございます。

2次側
 こちらは、2次側の様子でございます。

 ヒートシンクの左側のトロイダルの陰の部分
 には、裏側と同様に、STMicroelectronics
 STPS3045CWがございます。

 更にその右隣にも同様なものがございますが、
 こちらも STMicroelectronics のSchottkyの
 ようなのでございますが...。


こちらで使われておりますケミコンも、Fuhjyyu でございます。

2次側その2
 手前の Texas Instruments のTPS3510Pも、
 右奥のヒートシンクの STMicroelectronics
 L7905CVも、「TrueBlue」と共通でございます。

 残念ながら、ここには青いLEDはございません
 ですが。(笑)


出力部
 こちらは、出力部でございます。

 こちらにも、特段変った様子はございません。


FAN1 FAN2

左が底面FANで、右が後部FANでございますが、どちらも Dynaeon Industrial のものでござい
まして、底面がDF1209BA、後部はDF1208BAでございまして、0.25Aと0.20Aとなっております。

裏画像
 こちらが、『裏画像』でございます。

 やはり、「TrueBlue」とは微妙に異なってはおり
 ますが、基本的なパターンに変りは無いようで
 ございます。



それでは、組戻して点火してみることに致しましょう。

+3.3V +5V +12V

やはり、今まで拝見させて頂いたAntecの他の製品と同様に、低めに設定されております。


基本的な造りと致しましては「TrueBlue」と変りは無いようでございますので、恐らくはTrue550
のコネクタだけを『EPS12V対応』に変更したのが、こちらの製品ではないかと思われます。

European versionの「True550(EPS12V)PEC」や、UK versionの「True550(EPS12V)PGB」と
いうActive PFC付のモデルもございますようですが、そちらの方が気になりますですねぇ。

で、European versionが「PEC」というのは兎も角として、UK versionが「PGB」というのは気になる
のですがねぇ。 『The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland』でございますから
ねぇ。(殴)


ところで、「TrueControl550」という、+3.3V/+5V/+12Vのメイン3出力をフロントベイに取り付けた
パネルから調節出来るという奴がございますそうですが、コイツは如何いう仕組になっております
のでしょうか? こちらも気になります。


嗚呼、忘れておりました。 ラベルには-5Vは0.5Aと記載されてはおりますが、実際にはメインの
24pinコネクタには配線されておりませんです。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る