ストレス解消? SP-350-PS-1M


2002年ももう残すところあと僅かという日に、何時ものメンバによる『本年最後の忘年会?』が
催されることと相成りました。

当り前のように通された何時もの席には未だ誰もみえてはおらず、取り敢えず生ビールを注文
して、おしぼりで手を拭いていると...、

d氏 げぇ! てらさん、一寸早過ぎですよぉ。
: んー、幹事さん遅かったですねぇ。(笑)
d氏 そう言われるのが嫌なので、15分も前に来たのにぃ。(汗)
: いやぁ、余りの寒さに負けまして、探索も早々に切り上げて、今来たばかりなのですよ。
d氏 確かに今日は、風が強くて冷たいですからねぇ。

U氏 ドモッ!!
: こんばんは〜。 お疲れ様ですぅ。
d氏 やっ!? 来たな、『電源くん』。 今日の『ネタ』は、その袋の中ですか?(笑)
U氏 あぁ、これですか。 はい、どうぞ。(笑)

箱

d氏 ん? 今回は、真っ黒な箱ですね。 で、『マイナスイオン発生機能装備』って、何?
: 今回のブツは、それが売りですからねぇ。(笑)
d氏 しかし、これはまた怪しげなものを...。 あれ? 中に白い手袋が入ってますが?
: 筐体に指紋等を付けないように、それを嵌めて取扱えということでしょうね。
d氏 はぁ? これでは、私の手には小さいと思いますけど...。
: 結構伸びますから、多分大丈夫ですよ。 家の工場でも使っておりますし。
d氏 そうですかねぇ?
U氏 ブツブツ言っている割には、さっさと手袋を嵌めてますね。(笑)
d氏 何か、袋にもロゴマークがびっしりとプリントされてるし...。

全体像
 d氏 おおっ! 中身も真っ黒ですね。
 : それがもう1つの売りですから。(笑)
 d氏 スパイラルチューブもコネクタもですか。
    (汗)

 : ビスも、ちゃんと黒いですね。
 d氏 ご丁寧にここにも『マイナスイオン発生
    機能装備
』とシールが貼ってありますね。

 : 130万個/ccって、どの程度のものなの
   ですかねぇ?
 U氏 さぁ?(笑)


箱裏

: おや? 箱の裏には、保証書が付いてますね。
U氏 1年間だそうですが。
d氏 蓋を開けてしまったら、保証は「お・し・ま・い」でしょ?(笑)
: おいおい!(笑)

後部 前部

: おや? この丸いツマミは、何ですかね?
d氏 ロータリースイッチのようですね。 「L」、「M」、「H」、「A」とあります。
: 「Low」、「Middle」、「High」、それに「Auto」ですか。
U氏 FANの回転制御用なのでしょうね。
d氏 FANガードも真っ黒で、しかもロゴが入ってますよ。(笑)
U氏 でも、コイツはプラスチックのようですが?(笑)
: あれ? 入力電圧切替スイッチは、前側に追い遣られておりますね。
d氏 ロータリースイッチのせいですかね?

ラベル
 : ラベルには、FANコントロール
   やマイナスイオンに関すること
   は、何もございませんね。
 d氏 +3.3Vと+5Vの合計は、180W
    ですか。

 U氏 もう少し欲しいですね。


箱横
 : あっ、FANコントロールに関しては、こちらにございますね。
 U氏 「ロー・スピードで長時間使用した場合、システム環境や
    室内温度によっては過度に負荷が掛かり、製品寿命を
    縮める恐れが有りますのでご注意ください。」とあります
    が?(笑)

 d氏 長時間って、一体どの位ですかね?(笑)
  それは、誰かさんがテスト汁。(爆)

 : う〜ん、これは記載ミスでしょうかねぇ?
 U氏 はて? 何ですか?
 : +12Vは、定格でもピークでも13Aとなっておりますが、夫々
   156Wと180Wとされております。
 d氏 ピークは、15Aなのではないでしょうか?
 : 恐らくは、そういうことでございましょうね。
 d氏 すみません。 ドライバとナイフを貸して下さいな。
 f氏 やれやれ、やっとお呼びがかかりましたか。(笑)


開腹
 d氏 ヒートシンクは、黒くないですね。(笑)
 U氏 それに、ミョーな形ですねぇ?
 : 何か、『黒い箱』がございますが。
 d氏 これが『マイナスイオン発生機能装備
    という奴だと思いますが。 如何やらビス
    1本で留められているだけのようですので、
    外してみましょうか。



何者?
 d氏 こんな奴ですが。(笑)
 : これでは、サッパリ解りませんね。(汗)
 K氏 この『古瑞連』って、何?(笑)
 : さぁ?
 U氏 『SKION-1205』というのが、型番のよう
    ですが?

 : 検索して、何か引っ掛れば良いのですが。


1次側
 d氏 こちらのケミコンは、Fuhjyyu ですね。
  何じゃ、またか。(笑)
 : 680µF・200VのLPシリーズでございますか。
 d氏 ブリッジは...、見えませんねぇ。(汗)
 : ヒートシンクのこちら側には、何も取り付け
   られてはおりませんようですね。
 d氏 しかし、コイツは臭いですなぁ。
 : 嗚呼、基板洗浄液の臭いですね。 暫くの
   間使えば、この臭いは飛びますよ。
 d氏 そうなのですか...。


2次側?
 : これはまた、沢山のケーブルがぐしゃぐしゃ
   と...。
 d氏 小トランスは2つございますし、その後の
    ヒートシンクには、富士電機 の2SC2625が
    2つ並んでますね。

  詰まらんのぅ。(笑)
 U氏 まぁ、後は130万個というのを、検証して
    頂ければ良いかと。(爆)

 : はぁ? それって、如何やって?(汗)
 U氏 それは、考えて頂きませんと。(笑)


: Vector辺りに、そういうソフトが置いてありませんかね?(笑)
d氏 そんなもん、無い無い!(爆)


ということで、またまた妙なものをお持ち帰りすることとなってしまいましたが、明けて1月は少々
多忙でございましたために、ネタを纏めるのがスッカリ遅くなってしまいました。(汗)


Justyさんのサイトの記述に拠りますと、『カイザー(KAIZER)とは、ドイツ帝国、オーストリア帝国、
神聖ローマ帝国の皇帝の称号です。 “究極”をイメージさせる為に、敢えてKAISERの“S”を“Z”
としました。 』とか『時代が必要としている、それこそがKAIZER』とかございますが、所謂キャッチ
コピーと致しましては有り勝ちなパターンかなぁとも思えますが...、

「欲しいと思ったら悩まず買え!」を呪文のようにつぶやきながら実際に何を買うべきか
悩んでいる"傲慢"なエンドユーザーへの一つの提案。 コストパフォーマンス一辺倒の
自作PC業界へのJUSTYからの一つの答え。


などと言い切ってしまわれますと、「見たら買え!」をモットーとする者どもと致しましては、当然の
如く反発したくなりますねぇ。 その先の能書を読めば読むほどに。(笑)


中央部
 それでは、腑分けの続きと参りましょうか。

 こちらはヒートシンクの裏側となりますが、2つ
 並んでおりますのが、富士電機 の2SC2625で
 ございます。

 中央の『L字型』の小ヒートシンクを背負ったもの
 は、残念ながら、スタンプが判読不能でござい
 ます。


中央部・反対側
 反対側からですと、このような眺めとなります。

 一番右は、MOSPEC Semiconductor
 S10C40Cで、10A・40VのSchottkyでございます。
 お次は Advanced Power Electronics
 AP40N03P、40A・30VののPower MOS-FETで
 ございます。
 
 更にその奥のものは、SBL3040PT、30A・40Vの
 Schottkyでございます。


2つのトロイダルの間に、緑色のサーミスタが覗いておりますね。 成る程成る程、そういうことで
ございましたか。(笑)

2次側
 2次側には、このようなものがございました。
 Texas InstrumentsのTL494CNでございます。

 正体が判明致しまして、スッキリ致しました。

 後は...、どうせ同じですから細かいところは
 良いですよねぇ。(爆)


正体
 何時迄も思わせ振りなのも如何と思われます
 ので、手っ取り早くこちらをご覧頂きましょうか。

 以前、金ピカ3...か?でご紹介させて頂き
 ました、Future Power のWIN-350PSと全く同じ
 基板でございます。

 ということで、使用されておりますパーツも変り
 ございませんようで。


FAN
 FANは、Yate Loon のD80SH-12、0.18Aで
 2900rpm・35dBAというものでございます。

 WIN-350PSで使用されておりましたD80BH-12
 と全く同じスペックでございますが、あちらはBall
 で、こちらはSleeveでございます。


FAN上部に黒いパイプがインシュロックで固定されておりますが、このパイプは『マイナスイオン
発生装置
』と思われる黒い箱から伸びております。 やはり、このノズルの先からマイナスイオン
が噴射されるのでしょうか? あの箱では、「放電」によってマイナスイオンが作られるという仕組
になっているのではないかと思われますが、ノイズとかは大丈夫なのでしょうか?

ところで「1,300,000個/cc」というのは、どの程度のものなのかと調べてみましたが、森林の中
や滝の周辺、温泉等ではマイナスイオン量が多いのは解りましたが、具体的な数値は各所で
バラバラでございまして、良く解りません。(汗) 只、数千から数万個という範囲でございます
ので、「1,300,000個/cc」というのは驚異的に多いのかと思いましたが、マイナスイオン発生器
では、数百万個/ccというのは当り前のようでして...。

その上、マイナスイオン測定器というのは、結構なお値段のするのもののようでございますし。

う〜ん、解らん!!

因みに、100時間程連続稼動致しましたところあの『臭い』は取れましたが、私の健康状態が
改善されたということは、特にございませんようで。(笑)


それでは、組み戻して点火してみることに致しましょう。

+3.3V +5V +12V

当然のように、WIN-350PSと同様に+12Vが大分高めになっております。


例のFANコントロールでございますが、「High」では五月蝿いですし、「Middle」でも結構気になり
ます。 「Low」ですと流石に静かですが、長く使ってはいけませんようですし。(汗)


line.gif
ホームへ  戻る