大阪から来た奴2 HP-300SN


: やっ、皆さんお早いですね。 おっ疲れ様でぇ〜すぅ。
k氏 あっ! お疲れ様です。
: 遠路遥々とご苦労様です。 それでは、乾杯〜!!

定刻前ではあったが先客3名と宴を始めると、早くもぽつぽつと何時ものメンバが揃い始める。
最近、集りが早いのは宴会に飢えているということもあるだろうが、アキバに面白そうなネタが
少なくなったことも一因なのではないだろうか?

k氏 あぁ、てらさん。 早速ですが、コイツなんですが。
: はぁ? 一体何ですか、この電源は?
k氏 先日チャットで少しお話したヤツですが、お師匠さんに中身の画像を見て頂いたところ、
   「まぁまぁ良いのではないか。」とのことでしたので持ってきました。

: これがですかぁ? 余り良さげには見えませんですけど...。(笑)


: あれっ? 何か人を探してうろうろしているお方がいらっしゃいますが、W氏 では?
M氏 ん? どれどれ?
W氏 はじめまして。 皆さん宜しくお願いします。
一同: お疲れ様で〜す!
W氏 あの〜。 もしかして、てらさんですか?
: やっ、何でバレました? って、目の前に電源が置いてあってはねぇ。(笑)

と、今回が『怪しい宴会』への初参加となる W氏 も無事に合流し、大分人数も揃ってきた。


: さてと、お腹の方も落ち着いたでしょうから、そろそろ拝見させて頂くことに致しましょうか。

全体像
 R兄 これは、如何なさったので?
 k氏 が大阪からお持ちになったそうで。
 R兄 ほう。 お土産ですか。(笑)
 : いや、お土産は別に頂きました。(笑)
 m氏 この底面のスリットは、微妙にデザイン
    されているようデシな。

 : ATXのPower Supply Design Guideで、この
   周囲の8つの四角い切抜きが規定されており
   ますので、そのためでしょう。
 R兄 それって、何のためですか?
 : ダクトを取り付けるためだったかと。

後部 前部

: サービスコンセントはございませんが、打ち抜きのFANガードにしょぼいフロント側スリット
  と、安物っぽい雰囲気ですねぇ。
R兄 k氏 がお求めになったということは、お高くないことだけは確かでは?(笑)
k氏 あのね。 ソイツで、ちゃんと虎MPが動いておりましたのですよ。
: でも、決してお高くはございませんのでしょう?(笑)
k氏 それは、そうですが...。

ラベル
 : 『HIPRO』でございますか、余り馴染みの無いメーカで
   ございますね。
 R兄 HP-300SNという300Wのモデルなのですね。
 : 『REV:02』って、プロトタイプのようで嫌ですねぇ。(笑)
 R兄 +5VSBが1Aって、ATX2.01ですか?
 k氏 古いものですから。(汗)
 : +12Vは、9Aしかございませんですね。


: ん〜、最近お仕事を d氏 に取られっ放しでございましたので、宴席で蓋を開けるのって、
  久し振りですね。(笑)
R兄おや? ドライバ持参なんて、最近では珍しいですね。
: いやぁ、何時も忘れてしまいますのでねぇ。 R兄 のは使い辛いそうでございますし。(爆)
R兄...ふぅ。(泣)

開腹
 : と、こんな感じでございますが。
 W氏 あ、本当に宴会の席で『腑分け』するの
    ですね。

 : 宴席の大事な肴の1つでございますから、
   当然ですよ。(笑)
 m氏 やはり、『腑分け中』画像とかも掲載する
    べきなのでは?(笑)

 : 嫌ですねぇ、それ。(爆)
 R兄 で、肝心のネタですが、見た目はごく普通
    のもののようですね。

 : 小トランスは、2つございます様で。(笑)
  じゃから、至極普通じゃって。(汗)


Xコンが...
 : おやおや。 これは、なかなか。(笑)
 R兄 おぉ! Xコンが...。(笑)
 m氏 見事な空間利用術、というべきか?(笑)
 : Yコンの後に小さなトロイダルがありまして、
   それにくっ付けられておりますようで...。
 R兄おや、覗き込んで何か見つけましたか?
 : このXコンのロゴは、確か「いすくら」かと。
 R兄 「椅子蔵」?
 : 「Iskra」なのですが、何と読めば良いのか
   解りませんのでして。(笑)


Iskra」...、台湾のメーカか?
: いえいえ、スロベニアでございまして、正式には「Iskra Kondenzatorji」だったかと。
何と、スロベニア語か?! 「Kondenza」は、「Condenser」かのう?(笑)

ベトベト
 : あやあや!
 R兄 おや、手が真っ白ですね。
 : このシンクに塗ったくってあるもののせい
   ですねぇ。(悲)
 R兄 てらさんの手にくっ付いたお陰で、緑色
    のものが覗いていますけど。(笑)

 : サーミスタでございますね。 シンクに穴を
   開けて、差し込んでございますのでしょう。


反対側
 : ほれ、反対側はこのようになっております。
 R兄 ここまでする必要があるのでしょうか?
 : 無いでしょうね。(笑)


シンクが?
 : しかし、ヒートシンクの1部を切り取って、
   別のシンクを取り付けるなんて面倒なこと
   をしてますが...。
 R兄 どれどれ、ちょっと見せて下さい。
 : このシンクには、Samsung Electronics
   のKA7905とKA7912が付いておりますね。
 R兄 やはりこれは、設計ミスですね。(笑)
 : はぁ?
 R兄 7905の取付位置が微妙にずれていて、
    このようにしなければならなかったのです
    ね。



m氏 ん? どれどれ。 あぁ、ちゃんとスペースがあるのに、やっちまいましただな。(笑)
: やはり、取り立てて出来が良いという訳ではなさそうですね。


ということで、今回はこちらの『ブツ』がお持ち帰りとなりました。 ところで、今回の宴会後に
眼鏡紛失騒動』があったことは、ここにしっかりと書き残しておくことにさせて頂きます。(笑)


1次側
 それでは、1次側の様子から眺めてみること
 に致しましょう。

 ケミコンは、東信工業 の200V・680µF、LG2
 シリーズでございます。

 ブリッジは、Taiwan Semiconductor Co.,
 Ltd.
(TSC)のもので、KBU805でございます。
 600V・8A品でございますね。


中央部
 こちらは、基板中央部でございます。

 右のヒートシンクには、富士電機 の2SC2625
 が2つ。

 左のものは、同じく 富士電機 のESAD83-004、
 40V・30AのSchottkyでございます。

 メイントランスの下に、HIPRO のロゴがござい
 ます。


その反対側
 そして、その反対側の様子でございます。

 左の小シンクを背負って埃をかぶったヤツは、
 富士電機 の2SC3866でございます。

 手前のフォトカプラは、Sharp のPC123でござ
 います。


2次側
 こちらは2次側でございまして、右手に小基板
 がございます。

 こちらのケミコンは、Kuan Kun Electronic
 Enterprise
のものでございまして、ブランド名
 は『Su'scon』となっております。

 85℃品の「SL」、105℃品の「SK」、105℃品で
 低E.S.R.の「SD」が使い分けられております。


あぁ、1本だけございます青い奴は、Luxon Electronics のGRシリーズでございます。

中央のケミコンの後から出ております細目の赤と黒の線が、FANへと繋がっております。

小基板
 こちらが、その小基板の様子でございます。

 一番右は、Texas Instruments のTL494CN、
 PWM Controllerでございます。

 中央下のものは、Samsung Electronics
 KA339、QuadなComparatorでございます。

 奥のシールが貼られているものは、Texas
 Instruments
のLM339Nでございます。


小基板の左上隅に見えます「橙色」のものは、半固定抵抗でございますね。

出力部
 コネクタへの出力部は、まあまあといった感じ
 ですね。

 しかし、この後ろに並んでいる奴等の素性が
 解りませんのが残念でございます。


FAN
 FANは、こちらのものでございます。

 日本電産 のBETA-SLで、型番はD08T-12PU、
 『無音の響』こと、FSP400-60GNで使用されて
 いたものと同じですね。


裏画像
 そして、「裏画像」でございます。

 妙な黒い線が2本ほどございますが、コイツは
 チューブを被った抵抗でございますね。


REV
 ラベルには、『REV:02』とございましたが、
 こちらには、『REV:01』とございます。

 こんなもんプリントしなくて良いから、パターンを
 太くせい!(笑)



さて、それでは組み戻して点火してみることに致しましょう。

+3.3V +5V +12V

と、このような感じでございますが、如何いう訳か+12Vがかなり低めでございますね。(汗)

取り敢えず、先程の小基板にございます半固定抵抗を、回してみることに致しましょうか。

+5Vdown +12Vdown

左に回しますと、このようになります。

+5Vup +12Vup

で、右に回しますとこうなりますが、+12Vがぁ...。(大汗) コレは一体、如何いうことでござい
ましょうか?

最初からこのような出力設計をするとは、『通常では』考えられませんですし、何処かがヘタって
しまっているのでございましょうか?


まぁ、全体的には取り立てて特徴の無い台湾製電源、といったところでございましょうか?


line.gif
ホームへ  戻る