It's too deer!? DR-A300ATX


今回のブツは、DEER COMPUTER CO., LTD.DR-A300ATX という代物でございます。
こちらは、冷徹斎星月 さんがお買い求めになられた格安キットに付属していたものだそうで
ございます。 また、某Shopでは単体にて、2,980円で販売されていたという情報もございます
そうでして...。
何か、最初から結果が見えているようではございますが、最後までお付き合い頂けますよう、
宜しくお願い申し上げます。(笑)

ラベル
 先ずこちらが、ラベル部分でございます。

 EAGLEというのはこの電源のブランド名の
 ようでございます。 「鹿」の「鷲」では、何が
 何やら解りませんな。(笑)

 +3.3Vと+5Vの合計出力が 160W というのは、
 少々寂しいですね。

 「WITH FAN SENSOR CONTROL」とござい
 ますが、期待しないでおきましょう。


全体像
 こちらが、電源の全体像でございます。

 ATX電源コネクタのケーブル長は、32cm程
 と少々短めになっております。
 当然ながら、 Auxiliary Power Connector
 も +12V Power Connector もございます。

 Peripheral Power Connector は5個で、
 Floppy Drive Power Connector は2個
 となっております。


リア フロント

「リア」と「フロント」の様子でございますが、極々在り来りの電源といった感じが滲み出て
おりますね。

それでは早速、「腑分け」と参りましょうか。

開腹
 う〜ん。 予想していたとはいえ、余りにも予想
 通りでございますね。

 ヒューズは直付け、ヒートシンクはしょぼしょぼ、
 中身スカスカ、これぞ王道だなぁ。(笑)



1次側
 珍しくブリッジが直立しておりますのに、お隣の
 ケミコンが傾いでおります。(笑)

 こちらのケミコンは、Well Jieh Enterprise
 200V・680μF、85℃品でございます。
 ブリッジにはRS405とありますので、600V・4Aで
 ございますね。


後ろのヒートシンクには2SC4106が2つ、これはSANYOでしょうか? そしてもう1つの奴は...、
ほぇ? 2N60P? ロゴは Fairchild Semiconductor のようですので、2N60Bならば解るの
ですが「P」は、ちょっと...。

基板中央部
 こちらは、基板中央部でございますが、右手の
 ヒートシンクには...、何も無い。
 左手のヒートシンクにはパターンはあるのだが、
 やはり何も無い。
 実にアッサリと致しております。(笑)

 若干埃が溜まっておりますが、ご勘弁を。


中央部反対側
 こちらは反対側でございますが、両側のシンク
 にはやはり何もございません。

 その上に、手前のフォトカプラには、スタンプも
 ございません。 何やこれ。


2次側
 さて2次側でございますが、目立つものといえば
 この16pinのチップだけでございます。

 で、これだけは何故か鮮やかにスタンプがござ
 いますが、DR0183 って何?
 もしかすると、カスタムチップなのでしょうか?

 上の赤と黒の線は、FANへと繋がっております。
 コントロール回路はございませんようですが、
 それも DR0183 に含まれているのでしょうか?


画像下方の灰色の線の付け根に、ホットボンドと思しきものの塊がございますが、良く見ると
中に抵抗器が隠れております。 灰色の線はご承知のように PWR_OK なのですが、何故に
このようなことになってしまったのでございましょうか。

2次側その2
 こちら側には、ダイオード・アレイが3つ並んで
 おりまして、左の2つには SF1004G とござい
 ますが、右の1つは不明でございます。

 おや? ヒートシンクにはサーミスタのような
 ものは付いてはおりませんですね。 という事
 は「WITH FAN SENSOR CONTROL」は、如何
 なってしまったのでしょう。


出力部
 こちらは、コネクタへの出力部でございます。
 まぁ、こんなもんでしょうね。



FAN
 FANは、COLORFUL INDUSTRIAL LTD
 CF-128025MS、0.14Aでございます。

 「大阪から来た奴」のFANが、CF-12825MSで
 ございましたが、「0」が入って何か変ったとか?
 あ、ラベルの色が違うか。(笑)


裏画像
 それでは、「裏画像」でございます。

 特に論評するような点はございませんですね。



さて、さっさと組戻して点火してみることに致しましょうか。

+3.3V +5V +12V

ざっとこのような感じでございますが、何故か +3.3V がふらつくような? 何故でしょうかね。
引続きまして 例のテスト を試しましたが、5回実行して5回ともに 3DMark 2000 の実行中に
必ずコケます。 困ったものでございます。

とまぁ、「安物の付属電源はお役に立ちません」という予定通りの結論に達してしまいました。
う〜ん、イマイチ面白味に欠けましたねぇ。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る