そんなのアリかい? WPS-300


箱
 さて、今回ご紹介させて頂きますのはこちら。

 「WiNDy Varius335 姉妹機が低価格にて登場!
 OUTPUTは同等にして使用部品の見直しにより
 低価格を実現しました。」

 という触れ込みのVarius300こと、WPS-300
 ございます。
 標準小売価格は5,580円となっておりますが、
 「使用部品の見直し」程度で8,000円余りも
 価格を下げられる筈は無いのですがねぇ。


ラベル1

こちらがラベルでございますが、+5Vsbが1Aから2Aに変更になっております点と、model number
とparts numberの最後に「-L」がついている点が異なるだけのようですね。

ラベル2
 こちらが、反対側のラベルです。

 REVが「01」から「02」になっておりますのと、MOD.No.が
 「ME30010SSV11110」から「ME30010SSV21110」に
 なっておりますのが相違点でございます。


電源後部
 こちらは、電源後部でございます。

 電圧切替スイッチが無いのも同様ですし、
 他に変ったところは...、あぁっ?
 何か「リベット」が打ってありますね。
 これは一体何のためでしょうか?


ケーブル
 ケーブルは、このようになっておりまして、
 WPS-335と変わりないですね。
 妙な配色も相変わらずでございますし、
 +3.3Vsense線の面倒な接ぎ方も同じで
 ございますし。(笑)

 メインコネクタのケ−ブル長は、50cm程で
 ございます。


開腹
 それでは早速、腑分けと参りましょうか。

 ふぅむ、サブ基板とその留め方も変りませんし、
 あの特徴的なヒートシンクもそのままですね。
 ちょっと見には、何処も変りが無いようですが、
 何処を「見直し」て切詰めたのか、少し詳細に
 みていくことに致しましょう。


サブ基板
 こちらが、サブ基板の表面でございます。
 右の水色と灰色?の線は、On-Offスイッチに
 繋がっております。

 岡谷電機産業のRE334と水色のYコン、そして
 コモン・モード・チョーク・コイルが其々2つずつ
 並んでおります。

 こちらは何も変更がございません。


1次側
 1次側ケミコンは日本ケミコンの200V・820μF、
 ブリッジは新電元工業のD5SBA60、600V・6A
 のものでございます。

 サブ基板からの出力が、中央の黒いチューブを
 被った線でございます。

 左の娘板には松下のMIP0222もございますし、
 こちらも何も変更はございませんようです。


MOSFET
 Power MOSFETは、International Rectifierの
 IRFP460LCが2つ、手前に横たわるDiodeは
 General Semiconductorのものでございますし、
 至極まともな部品が使用されております。


シンクの狭間
 トロイダルは相変わらず、いちいち「お座布団」
 の上にお座りになっていらっしゃいますし、
 ヒートシンクの取付け方法も変りませんね。

 左手のシンクには、新電元工業のS30SC4M
 2つ並んでおります。


2次側
 左はSTMicroelectronicsのLM339Nで、
 右はVariusシリーズでは定番のMinebeaの
 PGC001-Aでございます。

 そうそう、ここに半固定抵抗が1つあるのですよ
 ねぇ。 組上げると回せないのですよねぇ。


3端子レギュレータ
 こちらの銅製のヒートシンクを背負った3端子
 レギュレータも全く同じものでございますし、
 裏側にもう1つくっついているのも同じです。

 因みに、右端で首を傾げておりますのは、
 Astec SemiconductorのAS431でございます。


FAN
 FANはこちらでございました。 Minebea製の
 31110KL-04W-B50というもので、0.30Aと
 ございます。

 訂正3110KL-04W-B50でございますね。
 1が1つ多かった。(汗)
 冷徹斎星月さん、ありがとうございました。

 FANに関しましては、確かに切詰めたようで
 ございますね。(笑)


さて、それでは組戻して点火してみることに致しましょう。 それ、ポチッとな!

+3.3V +5V +12V

ふ〜む、相変わらず+12Vは低めに設定されておりますようですね。 FANは結構音が静か
ですが、その分風量も少ないようです。 確かこれは可変速ではなかったと思うのですが、
高負荷時にもこの風量ですと、少々不安かもしれません。
まぁ、いいや。 今度試してみよう。(笑)

ところで、一通り見渡してみましたが、構造的に特に見直されているようなところはございません
でしたが、如何いうことでしょうか? 元々この価格で売り出しても充分に商売になるということ
でしょうか?

ということは、WPS-335P4も今の半値で売っても充分ペイするということになるのではない
でしょうか? 謎だ...。


line.gif

ホームへ  戻る