兎に角デカイ! PX-500A


R兄 皆さん、今週末には宴会がございますので宜しくお願い致します。
: げぇっ! 今週末はチト予定があるのですが...。
R兄 当日は「腑分け」がありますので、てらさんは絶対参加ですよ。
: そ、そんなぁ...。

...............

R兄 お店には5名で予約を入れておきましたので、宜しくお願い致しますね。
: ですから、私には予定がって...。
R兄 そういえば、例の「地域限定品」を1種類ゲットしたのですが、要らないのですね?
: うわぉぅ! その手で来たかぁ!
R兄 別に、「無理に」とは申しませんが...。
: 解りましたよ、何とかして行きますよぉ!

ということで、「電源」と「地域限定品」に釣られた私を待っていたのは、こんな奴でした。

全体像
 : な、何ですかこのトンでもないデカさは?
 R兄 デカイ上に重いですよ。
 : 重いのは、長〜いケーブルのせいかも?
 R兄 う〜ん、80cm程はありそうですね。
 : この電源の奥行は、200mmありますね。
 N氏 何時もメジャーを持っているのですか?
 : 当然です!


ラベル

: え〜っと、こちらがラベル部分ですが...、MapowerのPX-500Aですね。
R兄 Justyの型番では「DPX-500A」ですが、+5Vが50Aとありますでしょう?
: やぁ、SP401-RAと同じですか。 しかも+12Vも17Aですねぇ、これは凄い。
R兄 それで、あのm氏がこれを欲しがっていたのですよ。
: へっ? この電源を欲しがっていらしたのはm氏なので?
R兄 そうですよ。 「虎MP」用に如何かなということで。
: で、それを何でR兄がお買い求めになられたので?
R兄 それは、これで8,300円でしたからですよ。
: それって、そういう問題なのですかぁ?
R兄 そういうもんです。 (キッパリ)
: そうかなぁ? あれ、+5VのMAX:50Aは兎も角として、MIN:10Aとありますが?
R兄 おやおや、コイツはてらさんと一緒で大喰らいなのですね。(笑)
: 私は酒は沢山飲みますが、そのような大喰らいではありませんって。(汗)

後部
 : こちらは、電源後部ですが。 はて?
 R兄 何か、気になるところでも?
 : 何ですか、この「蓋」は?
 R兄 それはただの「蓋」ですけれども。
 : はぁ?
 R兄 「腑分け」すれば解りますって。
 : はぁ? あっ、FANはSUNONですねぇ。


前部
 : こちらは、電源前部ですが。 あっれ〜?
 R兄 今度は一体なんですか?
 : FANが、FANが無いではあ〜りませんか
 R兄 相変わらず、ネタが古くて臭いですね。
 : うぅ、ごめんくさい
 R兄 それ、使い方間違っていませんか?(笑)
 : でも、それでは何故にこんなに長いの?
 R兄 だから、「腑分け」すれば解りますって。
 : あぁ! さては、開けましたねぇ!
 R兄 もし、てらさんに壊されても良いように、
     少々チェックしただけです。(笑)



: が〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!!!!!!!! 〓■●バタッ
R兄 あっ? てらさんの方が壊れた?(爆)

開腹
 : さて、それでは気を取り直してっと。
 R兄 立ち直りが早いなぁ。 はい、ドライバ。
 N氏 やぁ、R兄もドライバ常備なのですか。
 : なんじゃこりゃ〜!
 R兄 今度は、「松田優作」ですかぁ?
 : これって、単に基板がデカイだけじゃん!
 R兄 そうなんですよねぇ。(笑)
 : 2枚にするのが面倒だっただけとか?
 N氏 1枚の方が有利な点も多いですよね。
 R兄 そうですね。


1次側
 : ケミコンは、日立製ですね。
 R兄 でも1000μFでは、ギリギリですね。
 : そうですねぇ...。 げぇ!
 R兄 本当にいちいち五月蝿いですね。(笑)
 : この隣のヒートシンクを背負ったのは、
    もしかしてブリッジですか?
 R兄 もしかしなくても、そうですね。
 : よいしょっと。 ...C1506W、15A・600V?
 R兄 シリコングリスが手についてますよ。


: 後ろのヒートシンクには、International RectifierのPower MOSFET、IRFP460が2つ
並んでおりますね。

その隣
 : ヒューズは、直付けではないですね。
 R兄 「直付け」は最悪ですからねぇ。
 : この8pinの奴はTexas Instruments
    UC3844P、PWM Controllerですね。


基板中央部
 : う〜ん、流石にトランスがデカイ。
 R兄 てらさんと同じように「キツキツ」ですね。
 : あんたやm氏には、言われたく無いわい!
 R兄 後ろに何か見えませんか?(笑)
 : あ、この「白いヤツ」は、もしかして。
 R兄 あれ、今度は「ガンダム」ですかぁ。(爆)


その反対側
 : あぅ、やはり「セメント抵抗」ですか。(汗)
 R兄 これが最近の流行なのでしょう?(笑)
 : んな、馬鹿な! って、10W50Ωかぁ。



その手前
 : 左の2つはSHARPのPC923、フォトカプラ
    ですが、右の4N35にはロゴが見当たらない
    ですね。
 R兄 それって、老眼のせいですか?
 : ちゃうわい!


2次側
 R兄 やぁ、3つも並んでいますね。(笑)
 : う〜ん、これで主出力の3系統が可変できる
    とすると、お師匠様のお考えが正しいという
    ことになるのかしらん?
 : で、左の16pinのものはKA7500Bでして、
    Fairchild Semiconductorさんの
    SMPS Controllerでございます。
 R兄 右の5pinの奴は何でしょう?
 : えぇっと、M51957Bとございますので、
    三菱のリセットICですね。


出力部
 : うぅむ、失格!(笑)
 R兄 お世辞にも綺麗とはいえませんね。
 : 右手奥には3端子レギュレータが居るよう
    ですが、ケミコンが邪魔で見えませんね。
 R兄 その手前の青い線は-5Vですから、
     恐らく7905でしょう。


 すみません間違えました。青い線は-12V
 ございますので、7912でございます。(汗)
 (2001.11.16修正)


裏画像
 : それでは、「裏画像」でございます。
 R兄 まぁ、こんなものでしょう。(笑)


その後、「」は遅れてお見えになったP氏を加えて更に更に盛り上がるのでした。
あ、そういえば、連日の徹夜続きで「半死体」となったM氏もいらしたっけかぁ?(笑)

ということで、私はまた「電源」をお持ち帰りでございまして。

FAN
 FANは、SUNONKP1208PTB1-6
 ございます。
 2.6Wとございますね。

 それでは通電してみることに致しましょう。
 う〜ん、やはりSUNONらしく五月蝿いですね。


+3.3V +5V +12V

テスタを当ててみますと、ざっとこの様な感じでございます。 それでは、3つございました奴を
順番に回してみることに致しましょう。先ずは、上方の画像で左上に見えるものから参りましょう。
あれ?どれも変化がございませんですね。(汗)

+3.3VUP +3.3VDOWN

中央のものを回してみますと、+3.3Vが変化致しますが、可変幅が狭いですね。

+5VUP +5VDOWN
+12VUP +12VDOWN

一番右のものを回しますと、この様になりました。 残念、+5Vと+12Vは連動でしたか。
8,300円ならばお買い得かもしれませんが、この奥行が「大きな」問題ですよねぇ。


line.gif

ホームへ  戻る