金ピカピッカ! AL-4200


「とりあえず、生ビールで宜しいですね。」
「いやぁ〜、どうもお疲れ様です。」
「こう蒸し暑いとビールが美味いですねぇ。」

...............

: ところで、「虎MP」は無事にゲットなさいましたか?
m氏虎MP」は、結構沢山出回っておりましたでな。
: ほう、もう既にそのように潤沢に出回っているのですか。
m氏 ついでに少々変ったモンも、ゲットしてしまいましたが。(笑)
: むぅ、また何時もの物欲が騒いだのですかぁ?(爆)
m氏 ハードウェアT&L対応で128MBのメモリを搭載して1万円以下デシから。
: おぉ、「APOLLO 3D THRILL 315 PRO」とかいう奴ですね。
それはまた、存分に「THRILL」を楽しめそうな値段じゃの。
R兄 128MBも一体何に使うのでしょうね?
: やはり、RAMディスクでは?(殴)
R兄 普通とは逆に、メインメモリには使えませんでしょうか?(笑)
それは面白いかもしれん!(爆)
U氏 変った物といえば、私も少々。
: ほう、どのような物を?

箱
 U氏 これなのですが。
 : やっ、電源ですね?
  怪しげな箱じゃのぅ。(笑)
 : 「AKIBA PC Hotline!」で
    紹介されていた奴ですか。
 U氏 1つだけ残っていたので、
    つい。

 : そういう問題ですかぁ?
 m氏見たら買え」デソ。(笑)
 R兄 アキバの鉄則ですね。(笑)


箱裏
 : 裏側も怪しげですねぇ。
  今時、中国語だけというのも
    珍しいのぅ。

 m氏 何となく、意味は通じますな。
    (笑)



いきなり「妙な」でだしになりましたが、今回のブツはこのような経緯で宴席の肴となりました。
素性は、西華科技開發有限公司(ICUTE TECH.CORP)のiCute4、型番は「AL-4200」という
420W電源でございます。

それでは、怪しげな宴会の続きをお楽しみ下さい。(笑)

全体像
 : 箱から出してみても宜しいですか?
 U氏 えぇ、どうぞどうぞ。
 : ひっぇ〜! 本当に金ピカだ。
  なかなか良さげなケースじゃな。
 R兄 ロゴのプリントはカッコ良いかも。
 : そういう問題ではないのでは?


後部
 : リア側は、1枚のパネルですね。
  特に怪しげなところは無さそうじゃな。
 怪しげなのは、師匠の方ですがね。
  何か、言うたか?
 : いえ、板厚は「てんご」のようですね。(汗)


前部
 : フロント側も、1枚のパネルですね。
  ほれ!
 : 何でいきなりドライバを出すですか?
  何でって、腑分けするんじゃろうが!?
 : げげっ!
 U氏 どうぞどうぞ。(笑)
 m氏 何で普段からドライバ何ぞを持ち歩いて
    いるかなぁ。(笑)



四苦八苦
 : 前後のパネルは外れたのですが...。
  だから、何じゃい。
 : この先は、如何すれば...。(汗)
  どれどれ、貸して見い。 ふぅむ。


外れました
  あれっ、簡単に外れるではないか。
 : ありゃりゃ、2分割でしたか。
  しかし、400Wにしては貧相じゃのぅ。
 : それでは、基板を外しますです。


このようなものが
 : 基板を外しましたら、このようなものが。
 R兄 あれ、真鍮のスペーサーですね。
 : MBの取付けに使われるものと同じですね。

 : では、基板の方を探索致しましょうか。


1次側
 : ケミコンは松下製ですね...、ややっ!
  いちいち騒々しい奴じゃのぅ。
 : 何とコイツは、680μFでございますよ。
  何ぃ、それはイカンのぅ。
 : ブリッジは...、605としか見えませんが。
  600Vの6A品かぁ。やはり駄目じゃのぅ。
 Fairchild SemiconductorのKSE13009L
   が後ろのヒートシンクにございます。


謎のロゴ
 : こちらには、全く見覚えの無いロゴの
   PWM ControllerとVoltage Comparatorが
   ございますが。
  わしもこのロゴは知らんのぅ。
 : では、後ほど調べておきます。
  ご苦労じゃな。


ということで調べましたところ、このロゴはPromax-Johnton Corp.という会社のもの
だそうでございます。

仁王立ち?
 : むぅ、494の向うにはこのようなものが。
  こりゃまた、ご苦労なことじゃな。(笑)
 : アメンボか何かのようで。


二股
  このコネクタは如何なっておるのじゃ?
 : 2つのFANのコントロールを1つで済まして
   いるようですね。
  イカンのぉ。


二段重ね
 : やぁ、トロイダルが二段重ねですね。
 R兄 ありゃりゃ、かなり無理がありますね。
   (笑)

  このヒートシンクを跨いでいるというのも、
   なかなか大したモンじゃぞ。(笑)

 m氏 かなり壮絶デシなぁ。(笑)


裏画像
 : それでは、「裏画像」でございます。
  1次側のパターンが細いのぅ。
 : 400Wクラスとしては駄目そうですね。
  駄目駄目じゃな。
 R兄 折角、カッコ良いケースですのに。
  400Wでは無いものと思って使えば、
   それでも良かろうが。(笑)

 : そういう問題ではないのでは?


ということで、400Wクラスとしては「駄目」という結論に達したのですが、更に探索を加えるため、
お預かりして帰ることとなりました。(笑)

型番?
 基板を詳細に眺めておりましたら、
 このようなものがございました。
 この基板の型番のようでございます。


リアFAN フロントFAN

左が「リア」で、右がで「フロント」ございます。どちらもYate Loonのものでございますが、
「リア」はD80BH-12という3,200回転のもので、「フロント」はD80SM-12という2,400回転の
ものでございます。

電源を投入して見ましたが、軽負荷時ではまずまず静かでございました。

+3.3V +5V +12V

主要3出力は、このような感じでございました。半固定抵抗はございませんでしたよね?


この電源のケ−スは、なかなか面白い出来栄えになっておりますが、残念ながら中身
伴っておりません。 やはり、宴席の肴にするのが関の山といったところでしょう。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る