細くて長いの。 DPS-100LBA


ある土曜日の夕方近く、何時もの如くアキバの裏通りをぶらぶらと流していた私の目に、
ふと露天の商品が入りました。 税込みで3,000円也。 よっしゃぁ、1つ買うたるでぇ。
ということで、今回のネタは、少々 変り者 でございます。

全体像

こちらがその「ネタ」でございます。 W×H×Dは70mm×45mm×200mmとなっております。
(FANの突起部5mmを除く。)
メインコネクタのケーブル長は10cm程しかなく、その他には Peripheral Power Connector
1つ だけです。

ラベル
 こちらが、ラベルでございます。
 DELTADPS-100LBA
 FlexATX の電源でございます。

 +12Vは、1.5Aしか出せないのに、
 +5VSBは、2.0A です。


リア
 こちらが、電源後部でございます。
 入力切替スイッチしかございません。
 おぉっと、230Vになっている。

 危ない危ない。


注意書き
 そうそう、FANが剥き出しですので、このような
 注意書きがありますが、ちょっとドジ


開腹
 蓋は、4つのビスで留められておりますが、
 爪が1箇所引っ掛かっておりますので、
 開けるには少々コツが必要です。

 狭いところに、こちょこちょと詰め込まれて
 おりますね。

 画像の右側が入力部で、左側が出力部です。


FAN
 FANは、このようなものでございます。
 ADDAAD0612LS-D70GL
 60mm角のもので、厚さは15mmです。

 五月蝿いかどうかは、また後ほど。


それでは、少々細かく見てみましょう。

入力部
 こちらは、AC入力部付近でございます。
 左で横になっております2つのケミコンは、
 Luminous Town Electric Co., Ltd. のもの
 ですね。85℃品ですが、それ以外は不明です。

 中央上の小さなブリッジは、2KBP08M かなぁ、
 General Semiconductor の2A・800V品、
 でしょうか。
 右下の灰色のXコンと思しきものは、残念ながら
 正体不明でございます。


基板中央部
 こちらは、基板の中央部付近でございます。
 左上に、かすかに見えますTO-220のものは、
 International Rectifier のMOSFET、
 IRFBC30でございます。

 中央下部に2つ並んでおりますフォトカプラは、
 黒い方が TLP721F、白い方は TLP621 で、
 どちらも 東芝 のものでございます。


出力部
 こちらは、出力部付近でございます。
 右側には、サブボードがついておりまして、
 右上の白くて丸いものは、半固定抵抗です。

 黒いケミコンは ルビコン電子 のもので、
 茶色のは 日本ケミコン のものです。
 どちらも105℃品でございます。

 後は...、ごちゃごちゃ で見えん。(笑)


サブ裏
 こちらは、サブボードの裏側です。
 右に見えます16pinのものには、DNA1002D
 ございますが、はて? コイツは何者でしょう?
 サーチ致しましたところ、中文のBBS がHIT
 致しました。そちらには 日立 の文字が
 ございましたが、それ以上は不明です。

 左の14pinのものは、STMicroelectronics
 ものでございますが、TS339 のようです。


メイン裏
 こちらは、メインボードの裏側です。
 STMicroelectronics の8pinのものがあります。
 3843B とございますので、PWM CONTROLLER
 のようですね。
 きっと、コイツで表のMOSFETをドライブしている
 のでしょう。


それでは組み直して、点火してみることに致しましょう。えぇいっ、ポチッとな!
FANの音は、可も無く不可も無し、といったところでしょうか? サイズの割には静かかな。
やはり、テスタを当ててみましょう。

+3.3V +5V +12V

このようになりました。+12Vは、ちょっと根性無さ過ぎのようですね。
では、先程見つけました、サブボード上の半固定抵抗を回してみましょう。

+5Vdown +5Vup

+12Vdown +12Vup

こんな感じでございます。

しかし、このような特殊な電源は、特殊な目的にしか使えませんね。(笑)



line.gif

ホームへ  戻る