デルタ再び。 DPS-300KB-1A


Varius500EG651P-VE を腑分けして、電源ネタ も少々食傷気味になっておりましたが、
やはり、悪性の 病気 は完治するということがございませんようで、またもや新たな 生贄
手に入れてしまいました。 というのは全くの でございます。(笑)

未だに残る素性の知れない250W電源のリプレース用として、300Wクラスのものを物色致して
おりましたが、普通の値段で真っ当なものをと考えましたら、これになってしまいました。

箱
 DELTA社製 DPS-300KB-1A
 ATX2.03 対応・300W
 AMD推奨品 Athlon 対応

 って、書かなくとも見えますね。


ラベル
 こちらはラベルでございます。
 今回、少々工夫を致しまして、
 ラベル全体がキチンと読める
 ように致しましたのですが、
 ピントがイマイチでしたね。

 残念!


リア
 こちらはリア側ですが、On/Off switch
 付いておりません。
 トライコーポレーションさんの扱いのものには、
 付いているようですが。

 トライコーポレーションさんのものはこちらです。


全体像
 さてこちらが、全体像でございます。
 メインコネクタのケーブル長は、28cm程です。

 Peripheral Power Connector は5個、
 Floppy Drive Power Connector は1個
 でございます。


コネクタ
 そしてこちら。
 中央が、ATX Main Power Connector で、
 右のP8が、Auxiliary Power Connector
 左のP9が、+12V Power Connector です。

 最近は「Aux Connector」が、「P2」でないもの
 が多いようで。(笑)


それでは、腑分け 行っきま〜す!

内部・上 内部・下

構造的には、ATX2.01の DPS-338AB と同様で、「コの字型」にカバーが外れます。
流石にこの手のものにも馴れてまいりましたので、簡単に取り外せました。(笑)
さて、DPS-338ABでは、上下ともシールドされておりましたが、こちらは何もありません。
サブボードも、DPS-338ABと比較致しますとかなり小さいです。

内部・前から
 フロント側から見たところです。
 ヒートシンクもDPS-338ABと
 似ておりますが、サブボードが
 小さい分だけ背が高くなって
 おります。


サブボード

こちらが、サブボードの表面 でございます。 左側がAC入力部になります。
中央のトロイダルの間から出ている2本の線は、電圧切替スイッチに繋がっております。
左端と中央の黒いXコンは、岡谷電機産業さんの PAB224 でございます。
右寄りの青いものには、100nF・275Vとありますが、それしか見えない。 何処のものかな?
ブリッジには、GBU8K とあります。General Semiconductor の8A・800Vのものですね。

1次側ケミコン
 これは、1次側のケミコンでございますが、
 日本ケミコンさんの、SMH シリーズの
 200V・680μF、85℃品です。
 
 DPS-338ABでは、ルビコン電子さんのもの
 でしたが、200V・1000μF、105℃品でしたので、
 ちょっと残念かな?


アップ・1 アップ・2

左の画像ですが、3つ並んだフォトカプラは、Infineon Technologies のSFH617Aです。
左隣の8pinのものは、ON Semiconductor のUC3843BNです。Current Mode Controller
ということは、こいつでMOSFETをドライブしているのかな。

右の画像は1次側のヒートシンク内側です。茶色いケミコンが、左の画像の中央のものです。
これは STMicroelectronics のP2NA60? う〜ん、データシートが見つからない。
その奥の方には、TOSHIBA の2SK2611が、二つ並んでおります。

アップ・3 アップ・4

ややっ、こんなところに半固定抵抗が2つありました。
しかし、基板をきっちりと組上げてしまうとサブボードが邪魔で回せそうも無い位置ですね。
ちっちゃこいケミコンがあっちゃこっちゃ向いているのが、気に入りませんね。(笑)

左の画像は、2次側ヒートシンクの外側です。手前は、National Semiconductor
LM7912CTで、そのお隣が、STMicroelectronics のL7905CVでございます。

出力部
 こちらがコネクタへの出力部でございます。
 一番左に見えますのは、ファンコネクタです。

 こちらで使われております青い?ケミコンは、
 Luminous Town Electric Co., Ltd.
 ものですね。 一応105℃品でございます。


FAN
 ファンはこのようなものです。
 DELTAのマークがあります。
 型番は、DSB0812H
 0.21Aとございます。


それでは、何時もの如くテスタを当ててみることに致しましょうか。

+3.3V +5V +12V

ざっと、このような感じでございます。+5Vと+12Vが少々下目ですね。
先程の2つの半固定抵抗ですが、上の画像の右側のもので+5Vと+12Vが変化致します。

+5Vdown +5Vup

+12Vdown +12Vup

もう一つの方は、回してみましても残念ながら変化はございませんでした。
DPS-338AB の廉価版といった印象ですが、まずまずなのではないでしょうか?



line.gif

ホームへ  戻る