史上最強・最高値な電源 EG651P-VE


箱
 どういう訳かここのところ少々多忙でして、
 こちらのネタも、1月ほど放ったままでした。

 EnermaxEG651P-VE でございます。
 650Wの出力も、29,800円というお値段も
 一般的なPS2規格の電源と致しましては、
 現在最高ではないでしょうか?

 しかし、少々臨時収入があったからといって、
 普通はこんなもの買わないよなぁ。


ラベル
 こちらがラベル部分でございます。
 +3.3Vは40A、+5Vは45A、+12Vは25Aです。
 +5VSBは、1.8A ですね。

 しかし、+5Vと+3.3Vの合計出力制限だの、
 色々と制限がありますし、ラベルの表記では
 どう見ても550Wが「限界」のようなのですが。

 PICK 650W ? 一体何処を突いてやると
 650W出せるというのでしょうか?(笑)


オマケのTシャツ その裏

このようなものが「オマケ」として付いてまいりました。こんな「オマケ」なんて要らないから、
もう少し 安く して欲しいものです。
そうそう、英・独・仏・日・中・韓の6ヶ国語に対応致しました「マニュアル」も付いております。
これの日本語の出来が悪くて、結構笑えます。

底部
 こちらは、底部のFANでございます。
 90mmFANが、吸気方向についております。

 FANガードが金色にめっきされておりますが、
 意味が無いような気が致しますが。


後部
 こちらは、後部でございます。
 80mmFANが、排気方向についております。

 むやみにめっきに金(かね)をかけている分も、
 お値段に上乗せされているのでしょうね。
 めっき代なんて大したことは無いか。(笑)


ケーブル コネクタ3種

ケーブルはやたらと長く、また数も多いため、これだけでも結構な重さになります。
右の画像ですが、一番左の茶色のものは Fan Speed Monitoring のコネクタだそうですが、
ATX2.03規格でオプションになっている、FanM Signal とは別物のようですね。
中央は +12V Power Connector、右は Aux Power Connector でございます。
コネクタの金具は、全て金めっきされております。

+12V Power Connectorは、Intel® さんが2000年2月に新しくリリース致しました、
ATX/ATX12V Power Supply Design Guide にて、初登場致しましたものでございます。

+12V Power Connectorはおろか、Aux Power Connectorの差せるMBも未だに持っておりません。

中身
 とりあえず、開けてみましたが、...?

 ヒートシンクが金色に光っているだけで、
 あとは、普通のATX電源のようですね。
 このような造りで650W大丈夫なのかぁ?

 ヒートシンクは中央部は ですが、
 両側はアルミですね。6000系かな?
 余り効率の良くなさそうな形状ですが。


吸気FAN
 こちらが吸気用の90mmFANです。
 「visible ball bearing fan」とのことですが、
 羽根が半透明なだけのようですがね。


コリャ何だ?
 う〜ん、AC入力部にこのようなものが。
 Xコンとトロイダルが載っております。

 Enermaxさんはどうやらこのようなのが
 お好きなようですが、こういった造りは
 是非とも止めて頂きたいものです。


さて、ここからは少々モードを変更させて頂きます。(笑)

アップその1
 こちらは、インプット側でございます。

  何じゃ、ケミコンが頼りなさげじゃな。
 : 一応、200V・1200μFの105℃品ですが。
  ふぅむ?
 : こちらのトロイダルは如何でしょうか?
  おぉ、Xコンに馬乗りじゃのぅ。愉快愉快!
 : このブリッジは、何もスタンプが無いですが。
  恐らく、駄目駄目じゃろうのう。


アップその2
 こちらは、アウトプット側でございます。

 : ケーブルはきれいに処理されておりますが。
  本数が多いので、大変じゃな。
 : +12V Power Connectorも共通のようです。
  じゃろうのう。


アップその3
 こちらは、その裏側でございます。

 : やっ、トロイダルにこのようなものが。
  おっ、サーミスタが縛りつけられておるのぅ。
    可愛いではないか。

 : そうではなくて...。(どういう趣味だ?)
    それ程にも熱くなるのでしょうか?
  通電中に触ってみるか?(笑)
 : ぐぅ!


アップその4
 こちらは、基板中央部でございます。

 : 別段、特別なところは無いようです。
  ふむ、FETは並列にはいっておるぞ。
 : はぁ?
  こりゃ、修行が足りんぞ。(笑)


裏その1
  何じゃこれは?
 : どうやら足の有効利用のようです。
  成る程。(苦笑)



裏その2
 : 変なところに抵抗がありますが。
 m氏 そりよりも、こっちに抵抗があるなぁ。
 : はあっ?
 m氏 フォトカプラの内側に、パターンがある。
  おぉ、本当じゃ。(笑)
 : あ、成る程。
  450Wあたりと基板は共通かのう?
 : それは有り得ますね。
  確認してみてはどうかな?
 : ひっ、ご勘弁を!(泣)


ということで、EG651P-VE を肴にまたまた飲んだくれておりましたが、高い肴でした。
当然ながら、各発言は一部(或いはかなり) 脚色 されております。(笑)
あれ? もうお一方同席していた筈の R兄 のご発言がありませんでしたね。

+3.3V +5V +12V

とりあえずテスタを当ててみましたが、少々 喝入れ 仕様のようですね。
しかし、Varius500 を腑分けした後では、やはり物足りませんね。

動作音に関しましては、それ程の負荷を掛けてテストした訳ではございませんが、
まあまあ静かかなという感じでしょうか。「耳を疑うほど静寂」ではありません。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る