真・日本製PC電源 PCSA-300P-X2S


性懲りも無く、また新しいものに手を出してしまいました。 やはり、完全に病気ですね。(笑)
それでは、ぼちぼちとご紹介させて頂きましょうか。

箱です
 今回の「ブツ」は、このような箱に入っております。
 日本プロテクター製のものでございます。
 型番は、PCSA-300P-X2S
 なんと、日本製です。

 私は、このゴリラ嫌いです。(笑)


全体像
 こちらが、お高い電源の全体像です。
 ケーブルがちょっと短いですね。
 メインの20pinコネクタのケーブルは、
 これでも5cm長くしたらしいのですが。
 Peripheral Power Connector も
 4つから6つに増やしたそうです。

 左端にあるコネクタは見えるでしょうか?
 規格書の通りだとすると、FanM、FanC、
 3.3V Senseの筈なのですが。


ラベルのアップ
 +3.3V等の出力を眺めてみますと、
 どう見ても250Wクラスの出力ですね。

 連続定格で258.5W、瞬時定格5秒以内で
 294.5Wとありますので、致し方ないか?

 100Vで3.8Aですか。 ふ〜ん?
 日本プロテクターさんのサイトによりますと、
 効率68%typとありますので、260/380≒0.68
 なるほど。


電源後部
 こちらは電源後部でございます。

 AC85〜264Vまで切替無しで使用できる
 そうなので、当然切替スイッチはありません。
 90V以上で定格保証とは、流石に凄いですね。

 ところで、電源スイッチは何故このように
 取り付けられているのでしょう?


警告シール
 あぁ、そうですか。では剥がすのは止めます。
 ということで、カッターで切ってしまいました。

 これなら良いのかな?(笑)


開けてみました
 とりあえず、腑分けを開始致しました。
 が、いきなり訳解りません。(笑)

 サブボードは兎も角と致しましても、
 これはまたでかいヒートシンクですね。

 しかも何かへばり付いているし。(笑)
 どうせなら真直ぐ付けて欲しいものですね。
 ダイオード・アレイなのですが、
 何処のものでしょう。


サイド1 サイド2

なんと、両サイドにもサブボードがございます。一体全体どうなっているのでしょうか?
先が思い遣られます。(泣)

サブボード
 先ずは、上のサブボードを外してみました。
 右のコネクタにAC100Vが入力されます。
 見辛いですが、ヒューズが2本あります。
 ここはフィルタですね。


Xコンは、日通工じゃな。
:如何にも、CFJCシリーズでございます。

横から
 左の方に、四角い白いものが見えます。
 内橋エステックのヒューズ抵抗器、
 A53K です。

その背中に、NECの400V8AのSCR、8P4M が隠れております。位相制御用ですね。

ふむ、「内橋エステック」を見つけるとはなかなかじゃが、イマイチ詰めが甘いのぅ。
ここでは、SCR(サイリスタ)とヒューズ抵抗器を組み合わせて、突入電流制限回路
形成しておるのじゃよ。入力投入時は、ヒューズ抵抗が整流ブリッジの出口とケミコンの
間にいてケミコンの充電電流を制限するのじゃが、スイッチング電源が動作をはじめると、
SCRでヒューズ抵抗器をショートしてしまうのじゃ。
従って、ここでは「位相制御用」というのは、ハズレじゃ!


サブボード その2
 次にヒートシンクを外してみましたが、
 ここにもサブボードが付いております。

 アルミに囲まれているのは、TOP222Y
 パワー・インテグレーションズとかいう
 ところのものだったと思うのですが。

 ケミコンには TOWA とあります。
 皆105℃品ですね。


メーカ名と型番まで解っておりながら、 情けない! パワー・インテグレーションズの
TOPシリーズは、他に例の無い1次側3端子スイッチングレギュレータICなのじゃ。
ところで、手前に見える黒い四角いものは何じゃ、フォトカプラかのぅ?

:あぁ、失念致しておりました。仰せの通り、NECのPC2581でございます。

メインボード
 やっとこさメインボードが外れました。

 これでもまだ見通しが悪いですね。
 実に「ぎっしり」という感じです。


メインボード前側
 電源の前部から見た画像です。
 右端のケミコンは、日通工の105℃品。
 450V・220μFですね。

 中央のヒートシンクに、小さなボードが。
 どうもFANコントロール用のようです。


メインボード後側
 こちらは後部側からです。
 中央のヒートシンクには、新日本無線製の
 79M0579M12 が並んでいます。


外れました
 よく見るとコネクタで接続されております。
 引張ってみましたら、外れました。

 こういう作りは、大歓迎です。

 ちなみにコネクタには JST とあります。
 日本圧着端子製造ですね。


サイド1アップ
 サイド基板その1のアップです。

 三菱の M5223AL は、Dualのオペアンプ。
 同じく M51958B は、電圧検出用ですね。


こちらも
 同じように反対側のものも外れました。

 しかし、ケーブルが行き交っていて
 やっぱり訳が解りません。


サイド2アップ
 サイド基板その2のアップです。

 え〜っと、こちらで目立つものというと、
 富士の FA5331P と三菱の M51995AP

 富士のPDFは、エゲレス語で嫌だな。(笑)



力率改善回路の高圧センスを 沿面距離確保のため別コネクタでとっているのじゃな。
FA5331(力率改善コントローラ)とM51995(メインスイッチングコントローラ)の組合せは、
他でも良く使われておるのじゃぞ。 もう少し勉強せにゃいかんの!

:あぁ、畏れ入りました。 精進致します。

はんだ面
 どうしてもこれを出さないことには
 気が済みません。

 日本製でもこんなものですか。
 私の期待が過度なのでしょうか?


ファン
 山洋のプチエースですね。109R0812T4H11
 おかしいな、サーミスタ外付けタイプのH12と、
 内蔵タイプのH122しか情報が無いですね。

 茶色のラインが見えると思いますが、
 全部で4本のラインが出ております。
 これは温度可変速ファンですので、
 モニタとコントロールが出ています。


というような具合で一通り眺めてみましたが、余りにも複雑で私の手には負えません。(泣)


無能を嘆いていても仕方がありませんので、とりあえず点火して様子を見てみましょう。

FANは静かですが、負荷を増やしたらどうでしょうか?日本プロテクターさんによりますと、
電源単体で、最低回転時31dB、最高回転時41dBとのことですが。

+3.3v +5v

+12v
 テスタを当ててみましたが、+12Vが弱いようですね。
 +12Vだけ多少ふらつくようですし。


しかし、こうなって来るとオシロスコープが必要ですね。う〜ん、買えないな。(笑)

そうそう、情報によるとPentium II 333MHzのDualで、FSB100のOC状態では負荷が大きすぎて、
ハングアップするそうですよ、この電源。

注: この情報は、日本プロテクターさんご自身のサイトに掲載されているものでございます。
従いまして、決していい加減な情報ではございません。
ソースを明らかに致しませんでしたらば、誤解なされたらしい方がいらっしゃいましたので。

情報は検証してみませんといけませんので、Celeron 300A@450MHzのDualで試してみました。
やはり一瞬FANが回るものの、起動致しません。保護回路が働いているようですね。

それともう1つ問題点が。ミドルタワーとデスクトップのケースで試してみたのですが、
Peripheral Power Connector のケーブルが短くて、取り回しに苦労致します。
フルタワーでは、延長ケーブルが必要です。

こんなんじゃ、使えねぇ!!

すみません、Dualerな私には非常に困るものですから、つい興奮してしまいました。(笑)

さて、250Wクラスの安定電源として考えて、使用すれば良いのでしょうか?
ふぅ!買ったはいいが、何処で使おう。


詳細な解析は、お師匠さんの援軍に期待することに致しましょう。と書いておきましたら、
早速、駆けつけて下さいましたので、そのコメントをご紹介させて頂きました。
え〜っ、多少の脚色が加えてございます。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る