Seventeam - おまけ


同じ Seventeam 製ということで、ついでにもう一つこちらもご紹介させて頂きましょう

ラベル
 ST-301HRと同じシリーズの
 250Wタイプ、ST-251HRです。

 出力は+5Vが、25Aから20Aに、
 +12Vが、14Aから12Aに、
 なっております。

 ST-301HRも非力でしたが、
 こちらも駄目ですね。
 +12V以外は200W並です。


電源内部
 ラベル以外の外見上の違いは、
 コネクタケーブルの数と長さだけです。
 内部も驚くほどそっくりです。
 やはり、同じシリーズだからでしょうか。


+3.3V  +5V
+3.3V、+5Vの可変用の半固定抵抗も、同じ位置に同じようについております。

あれれ?という事は、もしかして...、

基板
 やっぱり!ST-301Rとあります。
 そっくりな筈ですね。(笑)

 同じシリーズで、共通の基板を
 使う事は当り前ですよね。

 早く気が付けば良かった。(笑)


251HR  301HR
左が ST-251HR で、右が ST-301HR100V (かなりしつこいな)です。
奥に見える2つのケミコンは、301HRと同じく TOSIN と書かれた200Vものですが、
680μFから470μFのものに変更となっております。
同様に、右端のトランスもひと回り小さいものですね。この辺を改造してやると、
251HRが301HRになるのでしょうか? でも誰もやらないでしょうね。(笑)

フィルタ
 そうそう、フィルタも変更されておりました。
 301HRでは10A品でしたが、こちらは6A品です。

 DELTA ELECTRONICS は、一緒ですけれども。(笑)



現在、Seventeam製の250Wとしては、ST-251HRよりもST-250GLの方が、
多く見かけるようになりましたが、シリーズが違うので設計も違うのでしょうか?

えっ?買いませんよ、絶対に買いませんからね。 当分の間は。(笑)


line.gif

ホームへ  戻る